東北電力ビッグスワンスタジアム←新潟スタジアム(ビッグスワン)

JR信越本線・越後線「新潟駅」からシャトルバス15分

2005年10月22日新潟−横浜戦ビジター自由席

交通・・・C
駅からは遠く離れているが,シャトルバスが頻繁に出るため,さほど不便ではない。駐車場は1台1000円と高い。
親近度・・・C
スタンドは高く,選手も遠い。見え方はJ2時代に使用した新潟市陸上競技場と比べると豆粒のよう。
周辺環境・・・B
周りには何もなく,サッカー場のためだけの広〜い敷地。
収容能力・・・A
40000人。合併を重ねてようやく80万人の人口になった新潟市では十分だが,それでもほぼ毎試合満員になる。
料金・・・C
ゴール裏が当日2500円,前売り2000円と一番安い。野球場と比べても若干高めか。
席種・・・B
東西南北でN席,E席,S席,W席の2層構造。アウェー側はS席の極々一部。
総評・・・B
Jリーグアルビレックス新潟のホームグラウンド。毎試合新潟のファンが多数訪れる。これからも新潟の象徴としてその存在感を増していくだろう。

アルビレックス新潟−横浜F・マリノス(平成17年10月22日)

新潟 横浜
1 1st 0
0 2nd 0
1 0
アルビレックス新潟 横浜F・マリノス
GK 1 木寺 浩一 GK 1 榎本 達也
DF 7 アンデルソン・リマ DF 22 中澤 佑二
DF 14 高橋 直樹 DF 3 松田 直樹
DF 3 萩村 滋則 DF 35 河合 竜二
DF 5 梅山 修 MF 7 田中 隼磨
MF 6 桑原 裕義 MF 4 那須 大亮
MF 36 菊地 直哉 MF 6 上野 良治
MF 25 青野 大介 MF 5 ドゥトラ
FW 9 ファビーニョ MF 14 奥 大介
FW 10 エジミウソン FW 19 グラウ
FW 18 鈴木 慎吾 FW 11 坂田 大輔
■■ 交 代 ■■
GK 21 野澤 洋輔 GK 21 榎本 哲也
DF 31 藤井 大輔 DF 2 中西 永輔
MF 16 寺川 能人 MF 17 マグロン
MF 20 岡山 哲也 MF 10 山瀬 功治
FW 11 上野 優作 FW 15 大島 秀夫
監督 反町 康治 監督  岡田 武史
■■ 得 点 ■■
38分 10 エジミウソン
■■ 交 代 ■■
OUT 80分 7 アンデルソン リマ OUT 52分 14 奥 大介
IN 80分 16 寺川 能人 IN 52分 10 山瀬 功治
OUT 82分 14 高橋 直樹 OUT 52分 9 グラウ
IN 82分 31 藤井 大輔 IN 52分 15 大島 秀夫
OUT 89分 9 ファビーニョ OUT 69分 35 河合 竜二
IN 89分 11 上野 優作 IN 69分 17 マグロン
■■ 警 告 ■■
17分 7 アンデルソン リマ 65分 4 那須 大亮
72分 3 松田 直樹
74分 5 ドゥトラ
89分 7 田中 隼磨

[当日]
新潟に来て4年半,アルビレックスが1部昇格して2年が経ったが,一度もビッグスワンに行ったことがなかった。行くとしたら横浜戦か,中学校の同級生がプレーしている大宮戦にと思っていたが,今回横浜戦を見に行く機会を得た。新潟はその熱心な応援が有名で,新潟市は合併を繰り返してようやく80万人程度になったのに毎試合4万人もの観客を動員する。それだけ他の娯楽がないということにもなるのだが。事実,この日は午前中「マリンピア日本海」という水族館に行った後,16時キックオフの試合に行ったのだが,2時間もいれば十分という程度の水族館だった。開門はキックオフの2時間30分前。アウェー側サポーターは思ったより多かったが,それでも500人くらいで,ゴール裏隅のS席のほんの一角だけ。大半は横浜方面から来たサポーターたちだ。スタンドはオレンジ1色に染まった。しかし,立って大声出して応援をしているのはN席ゴール裏だけ。もちろんゴールしたときと勝利が決定したときはスタンド全体から大歓声があがったが・・・。
[戦評]
再三再四攻め続けた横浜に対して,新潟がワンチャンスをものにして勝利。横浜としては非常にフラストレーションがたまる展開だった。前半39分にこぼれ球を拾ったアンデルソン・リマが,エジミウソンへパスをした後,ワンタッチで戻すと,飛び込んだリマが左サイドのスペースへ再びワンタッチパス。エジミウソンが中澤を振り切りながら,放ったシュートが横浜ゴールの右ポストにあたってゴールイン。この1点が横浜には大きく立ちはだかり,試合終了のホイッスルまで相手ゴールを揺らすことができなかった。シュート数は新潟8に対して横浜17。しかも新潟のシュートはほとんど枠外で,チャンスらしいチャンスはゴールシーンのみ。選手はよく戦ったが,数字上も3連覇が消える寂しい試合となってしまった。もっともスコアレスドローで終わるよりはよほどましだったけど。