浜松球場

遠州鉄道「遠州上島駅」徒歩15分

2003年4月6日中日−横浜戦内野指定S席券

交通・・・B
遠州鉄道は1時間に5本,新浜松から上島まで150円と非常に便利。駅から15分ほど歩くが,地方で駅から歩けるのは珍しい。浜松駅からはシャトルバスも出ている。
親近度・・・A
ファウルグラウンドが大変狭い。ということは選手は間近であるが,場所によってはフェンスが重なって見にくい所がある。
周辺環境・・・B
ご多分に漏れず,公園内の球場だが,時期的にサクラが咲いていてきれいだった。第2球場ではビジターチームが試合開始前に練習をしている。
収容能力・・・D
雑誌では30000人となっている。しかし,入ってみるとそんなに大きくないことに気づく。実際,ほぼ満員になっているのに翌日の発表は12000人。そんなもんだろう。周辺人口に比してもこれでは少ない。
料金・・・A
なんだこれは!安い!ハマスタより安い!地方でこの値段は安すぎ!
席種・・・B
内野はS,A,Bの3種類。場所が選べる。AやBの場所でもスタンドが低くて非常に見やすい。
総評・・・B
毎年,中日主催ゲームが行なわれている。最近の地方球場に多い,ハイセンスな球場とは言えないが,プレーも非常に見やすい球場。

中日−横浜(平成15年4月6日浜松市営球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
横浜 1 1 2 0 0 0 0 1 2 7
中日 0 0 1 0 0 0 0 0 2 3
(勝)ホルト(敗)小笠原(本)鈴木尚,村田,佐伯
横浜 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(6) 石井 ニゴロ 中安打 四球 ニ飛 遊安打
(9) 多村 三振 遊ゴロ 三ゴロ 三ゴロ 中飛
(7) 鈴木尚 三安打 右本 三振 右2
PR→7 田中一 右飛
(3) 佐伯 左中2 一ゴロ 中安打 右安打 左本
(4)→5 村田 三振 左本 三併殺 三振 ニゴロ
(5) 古木 死球 左飛
4 種田 三振 四球
(8) 金城 中安打 遊ゴロ 遊ゴロ 右安打
(2) 中嶋 左飛 中飛 遊ゴロ 遊ゴロ
(1) ホルト 左飛 三振 三振
PH 中根 三ゴロ
1 木塚
1 ホワイトサイド
中日 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(9) 福留 投ゴロ 左飛 三振 三振 投失策
(6) 井端 右安打 中安打 三振 一ゴロ 遊安打
(5) 立浪 中安打 死球 中飛 三振 二併殺
(8) アレックス 一邪飛 四球 三振 遊ゴロ
(3) クルーズ 四球 二併殺 一ゴロ 三振
(2) 谷繁 三振 四球 中安打 中安打
(7) 井上 遊ゴロ 一邪飛 三振
1 平井
1 落合
PH 渡辺 左安打
(4) 荒木 中安打 投強安 遊ゴロ ニゴロ
(1) 小笠原 三振
1 遠藤
PH 神野 遊併殺
1 山北
7 関川 遊ゴロ 四球

[当日]
前日のヤフーに続き,連戦。学研都市線松井山手駅まで同級生に送ってもらい,関西線経由で名古屋まで抜ける。加茂駅で乗った列車にまた知った顔が・・・。神戸在住の大学の同輩であった。一行程で別の知り合いに会うなんて思っても見なかった。浜松には15時40分過ぎに到着。遠鉄の新浜松駅までは徒歩ですぐだ。
試合終了後は浜松からいったん蒲郡へ。ここには2時まで営業している銭湯がある。ここで「ムーンライトながら」を待つことにしたが,列車が30分ほど遅れていた。東京には定時に着き,朝一の新幹線で長岡へ。8時30分の始業には間に合うので,そのまま出社した。
[戦評]
6連敗中の横浜だが,この日は打線がつながった。不振のT.ウッズをスタメンから外し,4番には佐伯。これが1回にいきなりハマって二死から1点先制。3回には地元浜松出身の鈴木尚が右翼越えホームラン。さらにルーキー村田にも一発が飛び出した。いつもはテンポよいピッチングをするホルトだが,この日は微妙なコントロールが狂い,3回までは非常に不安定。しかし,ポイントポイントで併殺に斬ってとる上手さを見せた。今まで観戦した中(山形,函館を参照)で一番悪い投球内容だったが,1失点で勝利投手。最後のホワイトサイドが一抹の不安を覗かせた。

位置 席種 当日券 前売券
座席@ 外野自由席(芝生席) 1500円 1200円
座席A 内野指定B席(長いす) 2500円 2200円
座席B 内野指定A席(長いす) 3500円 3300円
座席C 内野指定S席(独立いす) 4000円 3800円

※席割りは2003年4月6日のもの。内野指定S席の一塁,三塁側は長いす