ほっともっとフィールド神戸←スカイマークスタジアム←ヤフーBBスタジアム←グリーンスタジアム神戸

神戸市営地下鉄「総合運動公園駅」徒歩3分

2003年オリックスブルーウェーブスペシャルチケット

2003年4月5日オリックス−千葉ロッテ戦ライブシート
2001年オリックス−福岡ダイエー戦シーズン席引換え内野自由席

交通・・・B
神戸の街から地下鉄で1本。本数も少なくなく,駅を出ればすぐ目の前に球場がある。高いのがちょっと・・・(新長田から260円)。
親近度・・・A
フェンスを低くするなどして,親近度をアップさせている。フィールドシートの草分け。
周辺環境・・・A
自然に囲まれた,最高の環境。駅からの道にも売店が立ち並び,買い物にも困らない。内野も含めて総天然芝のきれいな球場。
収容能力・・・A
35000人。イチローが去って空席が目立つようになってしまった。
料金・・・A
各席とも相応な値段がつけられている。
席種・・・A
2003年から席種が増えた。いろいろな席で見ることができる。
総評・・・A
フランチャイズ一のハイセンスな球場。どれを取っても他の球場の追随を許さない。強いて言えば街から少し時間がかかることだが,その分周辺環境がよい。

オリックス−千葉ロッテ(平成15年4月5日ヤフーBBスタジアム)

TEAM

1

2

3

4

5

6

7

8

9

R

千葉ロッテ

0

2

0

1

2

0

0

1

1

7

オリックス

0

2

0

0

2

0

0

0

0

4

(勝)清水直(敗)土井(S)小林雅(本)メイ,シェルドン,ショート

千葉ロッテ

1

2

3

4

5

6

7

8

9

(8)

サブロー

中飛

三振

右安打

中飛

中安打

(7)

代田

投ゴロ

三ゴロ

三振

三振

捕犠打

(3)

福浦

右中2

中飛

二失策

左飛

左2

(D)

メイ

ニゴロ

一飛

中本

ニゴロ

左飛

(4)

中安打

右飛

三振

中飛

三振

4

原井

(9)

立川

左安打

中飛

三ゴロ

中飛

(5)

ショート

左2

三ゴロ

ニ飛

左本

5

渡辺正

(2)

清水将

ニゴロ

左安打

右飛

左中2

(6)

小坂

右安打

左安打

三ゴロ

一ゴロ

(P)

清水直

P

藤田

P

小林宏

P

シコースキー

P

小林雅

オリックス

1

2

3

4

5

6

7

8

9

(8)

中安打

中安打

右中3

投ゴロ

三振

(6)

塩崎

捕犠打

中安打

遊ゴロ

四球

左直

(D)

ブラウン

一ゴロ

中飛

四球

右飛

一ゴロ

(3)

シェルドン

投直

四球

中本

遊ゴロ

三振

(9)

葛城

左安打

中安打

三振

中飛

(7)

塩谷

右安打

左安打

三失策

左飛

(5)

オーティズ

遊併殺

三併殺

二直

三振

(4)

平野

左安打

右飛

右飛

PH

五島

中安打

PR→4

進藤

(2)

日高

四球

中飛

ニゴロ

三振

(P)

小林

P

土井

P

牧野

[当日]
2003年3月,ネーミングライツにより今までの「グリーンスタジアム神戸」は「ヤフーBBスタジアム」と名称を変更することが発表された。そして幸運にも,青春18きっぷが使える時期にオークションでヤフーBBスタジアムのライブシートを安価にて落札することができた。4月4日夜,ひとまず東京行きの新幹線に乗り,品川で臨時快速に乗るために,7番線の階段を下りたところ,見覚えのある顔が・・・。大学の同輩である。名古屋まで行くらしい。私はそのまま大垣まで行き,乗り継いで京都で時間つぶし。折からの雨で試合開催が危ぶまれたが,球場に電話したところ,定時に開門とのこと。新長田からは地下鉄で10分ほどで総合運動公園駅に着く。試合終了後は枚方市にお住まいの中学の同級生のところに行った。
翌日は浜松でのゲームを観戦する。
[戦評]
1回は両軍ともスコアリングポジションに走者を送りながら,点が入らず。2回,堀からの3連打で先制したロッテは,小坂のタイムリーで2点加点するも,直後に併殺の間と谷のタイムリーであっさり追いつく。3回からは,代田の打球を受けた小林に代わり,前日先発予定だった土井がマウンドへ。しかし,4回にサブローのタイムリーで勝ち越されると,5回にはメイ,8回にはショートに一発を浴び,最後は小林雅に締められた。清水直は本調子とは言えなかったが,リリーフ陣が完璧だった。

オリックス−福岡ダイエー(平成13年8月11日グリーンスタジアム神戸)

TEAM

1

2

3

4

5

6

7

8

9

R

ダイエー

3

0

2

4

0

0

1

0

0

10

オリックス

2

0

2

0

0

0

0

1

0

5

(勝)篠原(敗)ヤーナル(本)バルデス,井口,小久保A,ビティエロ

ダイエー

1

2

3

4

5

6

7

8

9

(8)

柴原

右安打

左飛

左安打

ニゴロ

ニゴロ

(7)

バルデス

右本

四球

四球

遊直

左安打

PR→9

大越

(4)

井口

四球

右本

遊失策

右飛

遊併殺

(5)

小久保

遊ゴロ

四球

左本

左本

三振

(3)

松中

三振

三振

一失策

三邪飛

(D)

大道

左安打

右直

遊ゴロ

二飛

(9)

秋山

三振

遊ゴロ

投ゴロ

三飛

9→7

村松

(2)

城島

二飛

三振

左飛

ニゴロ

(6)

鳥越

三振

三振

三振

右直

(P)

ラジオ

P

篠原

P

岡本

P

吉田

P

長冨

オリックス

1

2

3

4

5

6

7

8

9

(6)

塩崎

四球

四球

三振

三振

右安打

(4)

大島

左中2

四球

左安打

左安打

三振

(8)

中犠飛

投失策

投ゴロ

三振

右飛

(3)

アリアス

左犠飛

三振

三振

ニゴロ

中飛

(7)

田口

三振

三振

左安打

投ゴロ

遊ゴロ

(2)

日高

三飛

死球

一ゴロ

三振

(D)

藤井

右中2

右飛

三振

PH

ビティエロ

右本

(5)

進藤

ニゴロ

四球

左飛

遊ゴロ

(9)

葛城

三振

PH→9

藤立

二邪飛

四球

左直

(P)

ヤーナル

P

山口

P

山崎

P

今村

[当日]
グリーンスタジアム神戸では雨天中止になったシーズンシートは同一カードに限り,以後の試合の内野自由席券として使用できる。今回はオークションで落札した雨天中止のシーズンシートで内野自由席に入る。2階席は全席自由席となったので,ネット裏での観戦。天然芝,緑に囲まれた環境,駅から近いなど,日本の球場の中でもトップクラスの名球場である。この日はジャスコ花火ナイトということで,5回終了後に3塁側スタンド後方に花火が打ち上げられた。
翌日は九州に向かうために,京都へ行き,夜行列車の列に並ぼうとしたが,お盆間近なのにホームに列は見当たらない。駅員に聞いてきると,今日は全車指定席とのこと。やむなく大阪へ戻り,翌日は大阪ドームに行くことにする。
[戦評]
1回から乱打線の様相を呈し,先頭の柴原が2球目をライト前に運ぶと,バルデスは3球目をライトへホームラン。さらに大道のタイムリーで3点を先行するが,オリックスもその裏2本の犠飛で反撃するも,3回には井口に,4回と7回には小久保に2打席連続ホームランを浴びた。
この年からオリックスは3塁コーチボックスに仰木監督が立つことになったが,代打の選手がネクストバッターズサークルで素振りができないなど,あまりいいとは思えなかったが・・・。