福岡Yahoo! JAPANドーム←福岡ドーム

福岡市営地下鉄「唐人町駅」徒歩10分

2007年8月16日福岡ソフトバンク−北海道日本ハム戦アクションホークシート

2003年6月27日福岡ダイエー−西武戦内野S指定席券
2001年福岡ダイエー−西武戦ザ・ビッグライフ観戦券

交通…C
地下鉄唐人町駅から10分ほど歩く。博多からはさほどの距離ではなく,バスなども出ているが,フランチャイズ球場の中では駅から近いとはいえない。
親近度…C
外野スタンドは非常に高い。内野席もスタンド,フェンスともに高く,選手の顔はまず分からない。
周辺環境…B
周辺のアミューズメント施設が充実している。天神,中州までもさほど遠くはないので,試合終了後の楽しみも味わえる。
収容能力…C
48000人。福岡市の人口は110万ほどだが,周辺の北九州市までも含めれば300万人ほどの商業人口になる。熱いファンも多く,連日満員になる。
料金…C
特に内野指定席は安いとはいえない。いずれにせよ,前売り券を押さえたほうがいいことは間違いない。
席種…C
東京ドーム(日本ハム戦)や大阪ドームのような企画入場券が少ないのが残念。
総評…C
他球場と比べても,値段の高さは否定できないところ。勝利の儀式など,演出面は申し分なし。

福岡ダイエー−西武(平成15年6月27日福岡ドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
西武 0 0 0 0 0 0 0 3 0 3
福岡ダイエー 2 5 2 1 0 2 1 0 X 13
(勝)和田(敗)張誌家(本)井口,和田(西)
西武
1
2
3
4
5
6
7
8
9
(7) 佐藤 三振 四球 四球 遊ゴロ 中直
(9) 小関 捕ゴロ 右安打 三振 四球 四球
(6) 松井 三振 四球 ニゴロ 三振 左飛
(3) カブレラ 左安打 三振 三振 中安打
(D) 和田 四球 中安打 三振 左本
(8) 高波 三ゴロ 捕邪飛 一邪飛
PH 後藤武 左飛
8 大友
(5) マクレーン 遊ゴロ 三振 三ゴロ 三ゴロ
(2) 伊東 ニ飛 右飛
2 細川 三振 中安打
(4) 高木浩 遊ゴロ 遊邪飛
PH→4 平尾 右飛 四球
(P) 張誌家
P 星野
P 潮崎
福岡ダイエー
1
2
3
4
5
6
7
8
9
(8) 村松 四球 三振 右中2 左安打 遊ゴロ ニゴロ
(9) 出口 三振 四球 三ゴロ 三振
PH 大道 中安打
PR→9 荒金
(4) 井口 左安打 左中本 左飛 三ゴロ 四球
(3) 松中 右安打 遊直 四球 左安打 ニゴロ
PR→3 本間
(2) 城島 遊ゴロ 左飛 右安打 死球 中犠飛
(7) バルデス 左飛 投ゴロ 三ゴロ 中飛
7 大越 ニゴロ
(D) ズレータ 中安打 四球 左飛 左安打 遊ゴロ
(5) ネルソン 右安打 一邪飛 遊ゴロ 三振 三振
PH 柴原
6 鳥越
(6)→5 川ア 右安打 中安打 左安打 右中2 左2
(P) 和田

[当日]
2001年のビッグライフ以来,福岡ドーム再訪の機会をうかがっていたが,とある理由によりなるべく平日に訪れたいと思っていた。2003年は土日出勤に伴う金月休みが増え,休みと試合との調整を図った結果,6月29日(日)出勤のため27日(金)は休日となった。早速試合予定表を見てみると,福岡ドームでは西武戦が組まれている。これはと思い,行く手段を考える。するとこれもスカイマーク主催のパックツアーが,航空機代(羽田−福岡)と宿泊代合わせて1泊2日で22000円というのを見つけた。これで条件は整い,ドカベンチケットで内野指定席を確保した。
[戦評]
1回,ダイエー打線は不安定な張誌家の立ち上がりを攻め,井口,松中の連続タイムリーで先制。2回は川アのタイムリーと井口の満塁弾で張誌家をノックアウト。それ以降も攻撃の手を緩めず,16安打で13得点。西武を圧倒した。
和田毅は大量得点にも助けられて,和田一浩の3ランのみに抑えての完投。ヒーローインタビューでは,満塁弾の井口,5安打の川ア,完投の和田の3人が呼ばれた。試合後は勝利の儀式。天候不順で屋根は開かなかったが,勝利の花火が打ち上げられた。

福岡ダイエー−西武(平成13年8月14日福岡ドーム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
西武 1 1 3 1 0 4 0 1 0 11
福岡ダイエー 1 0 0 0 0 4 0 0 2 7
(勝)松坂(敗)ヘイニー(本)バルデス,垣内,松井,カブレラ,マクレーン,井口
西武
1
2
3
4
5
6
7
8
9
(8)→7 清水 投失策 二ゴロ 遊ゴロ 右安打 四球 遊併殺
(4) 原井 二ゴロ 左飛 一ゴロ 一ゴロ 二ゴロ
PH→4 高木浩 三振
(D) 松井 左2 三振 中本 三安打 二ゴロ
PH→D 鈴木 二ゴロ
(3) カブレラ 三振 四球 中安打 中本 左安打 四球
(5) マクレーン 四球 四球 二飛 左中本 投併殺 三直
(9) 垣内 遊ゴロ 中本 中飛 捕邪飛
9 小関 左安打
(7) 和田 右3 左安打 右安打 四球
PH→8 柴田 中飛
(2) 中嶋聡 左犠飛 四球 遊安打 一ゴロ 右2
(6) 上田 右飛 遊ゴロ 三ゴロ 右中3 遊安打
(P) 松坂
P 竹下
P 青木勇
P 後藤
福岡ダイエー
1
2
3
4
5
6
7
8
9
(8) 柴原 三振 三直 三直 二安打 三振
(7) バルデス 左本 三振 二ゴロ 中飛 中安打
(4) 井口 三振 中安打 三ゴロ 三振 中本
(5) 小久保 中2 三振 右2 三振 左飛
(D) 松中 一邪飛 一ゴロ 二安打 死球
PR→D 野々垣
(3) 大道 遊ゴロ 二ゴロ 中2 中飛
(9) 秋山 三安打 遊飛 中安打 三振
(2) 城島 中飛 三振
PH→2 内之倉 中2 遊飛
(6) 鳥越 二ゴロ 三振 三振
PH 村松 捕飛
(P) ヘイニー
P 篠原
P 渡辺正
P

[当日]
8月11日の神戸から続く「遠征」は13日北九州,そしてこの14日は福岡ドーム。いずれも初来場である。前日は健康ランド雑魚寝という最悪の宿泊環境だった。この日は周辺散策の後,16時頃に福岡ドームへ。しかし,お盆時期の西武戦ということでチケットは前売りで完売。せっかく来たのに,入場できずに終わるのか,ダフ屋でも捜そうかと思ったが,ここにはスポーツバーのビッグライフがある。外野スタンドの奥のガラス張りの席で,球場内の音は聞こえないが,試合自体は見られる。これにより,1軍戦全フランチャイズ球場訪問を果たす。しかし,今後場内に入るために再訪することになるだろう。この日は停まらずに寝台特急あかつきで京都に向かう。翌日は神宮での観戦である。
[戦評]
神戸−大阪−北九州から続く福岡ドームだが,大阪から3戦連続で西武戦になる。この間,カブレラが絶好調で,大阪ドームでは5打席4四球ながら残りの1打席は天井直撃弾,北九州では4安打,そしてこの福岡ドームではセンターバックスクリーンに160m段を叩き込んだ。入場してまず思ったのが,その広いグラウンドと高いフェンスだが,この日は両軍合わせて6本のホームランが飛び交った。また,前日14年目で初の猛打賞の上田がこの日は初三塁打。しかし,リードをもらった松坂が6回に5連打を浴びて4点を失う。勝利投手にはなったものの,苦悩するシーズンを物語る投球だった。

位置 席種 料金 FC割引
座席@ 外野自由席 1000円 700円
座席A 外野指定席 1500円 1200円
座席B 内野指定席B 2500円 2000円
座席C 内野指定席A 4000円 3200円
座席D 内野指定席S 5300円 4200円
座席E 内野指定席SS 8000円

※前売で完売することも多い。