荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた←山形蔵王タカミヤホテルズスタジアム←山形県野球場

JR左沢線「羽前長崎駅」徒歩20分,奥羽本線「山形駅」からシャトルバス

平成14年6月15日ヤクルト−横浜戦内野B指定席

交通・・・C
鉄道で行く場合,左沢線の本数が極端に少ない。シャトルバスは山形駅から片道600円と高い。
親近度・・・A
スタンドは非常に低い。ブルペンも内野指定席B付近の目の前にある。
周辺環境・・・C
のどかな田園地帯。買い物ができる施設が少ないので,球場内の売店を利用するしかない。
収容能力・・・B
25000人。仙台市も近いが,人口を考えれば十分な容量である。
席種・・・B
内野指定席が3種類で,見たい場所が選べる。
総評・・・C
グラウンドが両翼91mと狭く,プロが試合をするには手狭な感は否定できない。2005年からは楽天2軍の本拠地に。

ヤクルト−横浜(平成14年6月15日山形県野球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
横浜 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
ヤクルト 0 2 0 0 0 0 0 0 X 2
(勝)石川(敗)ホルト(S)高津(本)岩村
横浜 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(6) 石井琢 左飛 四球 中飛 三振
(4) 種田 三ゴロ 中飛 左2 三振
(7) 鈴木尚 遊ゴロ ニゴロ 中安打 ニゴロ
(8) ヤング 左飛 三振 一ゴロ 三振
(9) ロドリゲス 四球 中飛 三振 右飛
(5) 小川 左安打 三振 三振 投ゴロ
(3) 佐伯 三振 ニゴロ 三振
(2) 相川 中飛 一邪飛 三振
(1) ホルト 中直 左安打 三ゴロ
ヤクルト 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(8) 真中 三振 中飛 中飛
(6) 宮本 遊ゴロ 三ゴロ 三振
(9) 佐藤 ニゴロ 一ゴロ ニゴロ
(3) ペタジーニ ニゴロ 一ゴロ 左飛
(2) 古田 右安打 ニゴロ 中安打
(7) ラミレス 一ゴロ 遊ゴロ 中飛
(5) 岩村 右中本 左飛 投安打
(4) 三木 投直 中飛 投犠打
(1) 石川 三振
PH 副島 三振
1 ニューマン
1 石井
PH 浜名 遊ゴロ
1 高津

[当日]
朝3時半に起きて長岡を4時1分発のムーンライトに乗り,坂町から米坂線に乗り換えで米沢へ,そこから奥羽本線で山形に抜けてさらに左沢線に乗り換えて羽前長崎には12時前に到着。14時の開始にはずいぶん早いが,これを逃すと試合開始直前になってしまう。とりわけこの左沢線は本数が少なく,帰りも50分ほど待たされた。終電も早く,ナイターの帰りには列車は使えない。
[戦評]
来日3試合目の登板が中一日での先発となったホルトだが,テンポよいピッチングが光った。2回の岩村の2ランのみに抑え,完投。味方の援護なく敗戦投手となったが,今後に明るい兆しを見せる投球となった。一方の石川も横浜の貧打に助けられたものの6回を1失点,以後ニューマン,石井弘寿とつなぎ最後は高津。2-1でヤクルトが勝った。横浜も33打者中13人が6球以上を投げさせる粘りを見せたが,継投の前にかわされた。

位置 席種 当日券 前売券
座席@ 外野自由席(芝生) 2000円 1500円
座席A 内野指定席B(独立いす) 3500円 3000円
座席B 内野指定席A(独立いす) 4500円 4000円
座席C 内野指定席S(独立いす) 5500円 5000円

※料金,席割りは2002年6月15日のもの