横浜ベイスターズ総合練習場

京浜急行「安針塚駅」徒歩10分,JR横須賀線「田浦駅]徒歩10分

交通・・・C
安針塚駅前を右側に出てひたすらまっすぐ歩く。または,田浦駅から国道16号を走水方面に歩いて,左側に見えた踏み切りを渡る。ともに徒歩で10分ほどだが,列車の本数はあまり多くない。安針塚は普通列車しか停まらないが,快特が「三崎口・浦賀行き」の時は浦賀行き車両に乗ればダイレクトで行ける。
親近度・・・A
選手と同じ入り口で,サインも簡単にもらえる。スタンドの作り等,ヤクルト戸田球場を髣髴とさせる。三塁側湘南のブルペンも間近。
周辺環境・・・B
海上自衛隊の戦艦がバックネット裏から見える。周辺は閑静な場所。
収容能力・・・C
400人ほど。基本的に教育リーグのみの開催だが,結構早めに行かないと席は埋まってしまう。
料金・・・A
無料。タダでネット裏観戦ができるとは贅沢である。
席種・・・C
ネット裏と,グラウンドレベルの一塁側と三塁側にベンチが設けてある。多客期には一塁側の芝生席を開放するらしい。
総評・・・B
公式戦の開催はないが,選手との一体感を感じられる。明日のスターを目指す選手たちを是非一度見に行ってほしい。

湘南−西武(平成15年3月8日横浜ベイスターズ総合練習場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
西武 3 0 0 0 3 0 0 0 1 7
湘南 1 1 0 4 2 0 0 3 X 11
(勝)―(敗)―(本)古屋,南
西武 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(8)→D 柴田 左安打 左安打 三振 投ゴロ
PH 小牧 三振
(4)→8 佐藤 三安打 二直併 一飛 三振 ニゴロ
(6) 中島 右安打 右安打 中安打 遊ゴロ 中安打
(5) 後藤武 右中2 二直併 右安打 左2 死球
(D)→4 古屋 遊ゴロ 右安打 左本 三振 投安打
(9) 栗山 中飛 中飛 左飛 左安打 右安打
(3) 中村 遊ゴロ 投ゴロ 中飛 三振 三振
(2) 上本 四球 投ゴロ
2 野田 ニゴロ 中安打 遊ゴロ
(7) 玉野 右飛 三振
PH 犬伏 左安打
7 玉野 ニ飛
(P) 竹内
P 細見
P トモキ
P 福井
湘南 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(6) 北川 右安打 左飛 左3 一ゴロ 三ゴロ
(4) 木村 右安打 ニゴロ 左安打 ニゴロ 中飛
(D) 中根 四球 三飛 捕邪飛
PH→D 西崎 四球 左2
(3) 小田嶋 左安打 ニ飛 中安打 遊併殺 一邪飛
(8) 河野 投併殺 四球 二安打 四球 死球
(9) 三振 三振 右安打 右安打 左中本
(5) 吉村 三安打 三振 左中2 遊ゴロ 一直
(2) 中村 右中2 右安打
2 渡辺 死球 遊ゴロ
(7) 田中充 投ゴロ 中安打 三振 左安打
(P) 斎藤
P 川村
P 森中
P 山田
P

[当日]
2003年最初の観戦は,横浜ベイスターズ総合練習場でのイースタン教育リーグとなった。横浜から京急で30分弱。かつては必ず乗り換えが必要だったが,金沢文庫で切り離された浦賀行き車両は,ここから普通列車となるので,最寄りの安針塚まで,乗り換えずに到着できた。
階段を下りて右に曲がり,ひたすらまっすぐ歩くと,湘南と西武の球団旗がみえてきた。横須賀スタジアムが湘南のホームグラウンドとなった今,イースタンの公式戦も行なわれないが,選手とのふれあいを感じられるすばらしい球場である。特に一塁側のビジターチームが身近に感じられるようだ。
試合終了後は,西武の選手にサインをもらうファンが多数見られた。ロッテ浦和球場やヤクルト戸田球場を思い起こさせる。帰りはJR田浦駅に向かうが,駅から球場までは両方ともさほど変わらないが,横浜の中心から安針塚,田浦まではかなりの差がある。一直線に来る京急と,戸塚・鎌倉を迂回してくるJR。更には料金面でも京急に分がある。
[戦評]
両軍とも打線の順調な仕上がりが目に付く一方,特に湘南(横浜)投手陣に不安が残る結果となった。
バッテリーは西武が竹内−上本と若い選手なのに対し,湘南は斎藤−中村と一軍さながら。しかし,スタメンは湘南が新人4人に対し,西武は4人が個人応援テーマを持つ選手。いずれにせよ,アピールして一刻も早く一軍に合流したいところ。
1回,斎藤は柴田に8球粘られてレフト前に運ばれ,佐藤の送りバントはサード吉村のダッシュが遅れ内野安打に。さらに中島にライトに運ばれていきなり無死満塁の大ピンチ。ここで期待のルーキー後藤武敏が右中間にタイムリー二塁打。一方湘南はその裏,北川,木村が連続してライト前に運び,中根の四球を挟んで,小田嶋が三遊間を突破して追撃。2回にも中村がタイムリー。4回には中村から4連打で4点を奪い,一気に逆転。不慣れな左翼手の玉野が,北川のレフト線の打球を深追いしすぎて後逸し,三塁打にしてしまうなど,本職ではないとはいえ,マイナス材料となってしまった。
西武は5回に,中島,後藤武の連打から古屋のホームランが飛び出し,同点に追いつくも,その裏細見から吉村が2点タイムリーを放ち,再び勝ち越すと8回には南のスリーランでダメ押し。
打線は活発だったが,投手陣は不安が残った。斎藤は2回は抑えたものの,いい当たりを連発されて,開幕に向けて不安を残した。復活を期す2番手川村も勝ち投手となったが,一発病は治っていない。3番手も森中と一軍クラスが続くが,犬伏にテキサスヒットを打たれたものの1回を抑えた。4番手山田は2回で3安打を打たれながら,要所は締めた。5番手は東。課題のコントロールはやや解消されたようにも見えるが,簡単にストライクを取りにいって打たれる場面もあった。
西武の先発竹内は,多彩な変化球が魅力だが,やはり配球をもう少し考えた方がよさそうだ。特に左打者の内角にカーブが決まリ出すと,おもしろい存在になり得る。2番手細見は,コールされると球場全体が拍手に包まれた。古巣相手に気負ってしまったのか,代わり端を4連打されて2点を失ったが,試合終了後はファンと談笑するシーンも見られた。3番手,4番手は左腕のトモキ,福井。左腕不足の投手事情では,一人でも出てきてほしいところだが,一軍レベルに達するにはもう少しかかりそう。
教育リーグということで,指名代走が使われたり,交代した選手が再び出場したり,指名打者の打順が代わったり。まだ3月上旬だから許されるのだろうが,草野球でも認められないルールはいかがなものだろうか。 若手主体だが,この中から一人でも一軍で活躍する選手が出てほしい。湘南では北川,西武では後藤武に注目だ。

位置 席種 料金
座席@ 観客席(ベンチ) 無料
座席A 観客席(独立いす) 無料
座席B 観客席(長いす) 無料

※座席Bは長いす背もたれなしだが,一人一人のスペースは分かれている。