阪神甲子園球場

阪神電鉄「甲子園駅」徒歩2分

2011年6月3日阪神−福岡ソフトバンク戦レフト外野指定席

2007年9月14日阪神−中日戦イエローシート
1998年10月8日阪神−横浜戦外野自由席

交通・・・A
甲子園駅の目の前。大阪からも神戸からも阪神電車で1本。
親近度・・・B
ブルペンの様子も間近で見られる。スタンドも低く,グラウンドの熱気が伝わってくる。
周辺環境・・・B
まわりのつたがいい雰囲気を醸し出している。
収容能力・・・A
50000人。阪神が好調だとすぐいっぱいになるが,横浜優勝決定試合でも試合開始直前で十分座れるくらいの集客力。
席種・・・B
席の種類は多い。ドームのような企画券はないが,見たい場所を選んで購入できる。
総評・・・A
伝統の中に行き続ける,屈指の名球場。高校球児の憧れの場。

阪神−横浜(平成10年10月8日阪神甲子園球場)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
横浜 1 0 1 0 0 0 0 2 0 4
阪神 2 0 0 1 0 0 0 0 0 3
(勝)斎藤隆(敗)弓長(S)佐々木(本)大豊
横浜 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(6) 石井琢 三ゴロ 右安打 ニゴロ 中安打 ニゴロ
(8) 波留 ニ飛 中犠飛 三飛 左飛 ニゴロ
(7) 鈴木尚 四球 右安打 左2 三振 遊ゴロ
(4) ローズ 右2 三併殺 右飛 四球
(3) 駒田 ニゴロ 二安打 三飛 遊飛
(9) 佐伯 三振 中飛 右飛 四球
(2) 谷繁 三ゴロ 三併殺 遊飛 死球
(6) 進藤 三振 三失策 一飛 右安打
(1) 斎藤隆 中安打 投犠打 遊安打
PH 荒井 三振
1 佐々木
阪神 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(9) 坪井 ニ失策 ニゴロ 三振 ニゴロ
(6) 今岡 投犠打 三ゴロ ニゴロ ニゴロ
(8) 浜中 中安打 中安打 三振 中安打
(3) 大豊 右本 右2 左飛 三振
(4) 和田 右飛 三ゴロ 三ゴロ 三振
(8) 新庄 三振 遊ゴロ 中3 三振
(5) 星野 左飛 ニゴロ
PH 八木 三振
5 風岡
(2) 北川 三ゴロ 左飛
PH 桧山 左飛
2 矢野輝
(1) 川尻 遊ゴロ 三振
1 弓長
1 伊藤
PH ハンセン ニゴロ
1 吉田豊

[当日]
1998年10月7日。横浜はマジック2として乗り込んでの甲子園だったが朝からの雨により試合は中止。同日2位につけていた中日が敗れたためマジックは1に。神戸での学会後の放浪で高松にいた管理人は翌日甲子園に行くことを決意する。翌日岡山で寝台特急あさかぜの予約をして2時過ぎに球場に到着。すでに長蛇の列だが試合前でも充分座れたのは甲子園の大きさ。歴史的な日になる可能性があるので外野自由席だが2枚購入する。試合終了後の大阪駅は優勝を見届けた横浜ファンの姿がチラホラ見られ,あさかぜもこの日の朝は200席ほどの空席があったそうだが,大阪出発時にはほぼ満席になっていたそうだ。
[戦評]
試合は1回,四球で出た鈴木尚をローズが左翼線二塁打で帰し,幸先よく先制。その裏も浜中のセンター前ヒットでホームをついた坪井を波留が好返球で刺す。ペースをつかんだかと思った瞬間,大豊の大飛球がライトスタンドに突き刺さる。3回に波留の犠飛で追いつくも4回,一死1,3塁のピンチで新庄の打球はショートへ。6−4−3併殺の予定がローズのショートバウンド送球を駒田が捕球できずに勝ち越しを許す。しかし8回,3四死球で得た2死満塁のチャンスに進藤が応える。2-3からの6球目を叩いた打球は1,2塁間を抜けていった。二者生還で逆転。こうなるとその裏からは大魔神がマウンドに仁王立ち。最後は三者三振で締め,38年ぶりのリーグ優勝を決めた。