横浜スタジアム

JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩3分

2011年6月5日横浜−埼玉西武戦マリンシート

2008年4月1日横浜−東京ヤクルト戦内野指定席A

2007年8月31日横浜−巨人戦ベイブルーシート

2006年6月9日横浜−オリックス戦オーナーズシート

2005年8月14日横浜−ヤクルト戦内野指定席B

2003年4月13日横浜−ヤクルト戦外野指定席券
2001年9月24日横浜−広島戦内野自由席招待券
2000年6月16日横浜−広島戦シーズンシート

1999年4月27日横浜−広島戦シーズンシート

交通・・・A
駅から徒歩3分とこれ以上ない至便さ。
親近度・・・A
内野席のフェンスがグ〜ンと低くなり,選手との距離が一気に近くなった。邪魔なく観戦できるので最高。
周辺環境・・・A
横浜の中心街に位置し,野球観戦以外のレジャーも充実。横浜中華街,山下公園,みなとみらいなど,デートコースにも事欠かない。
収容能力・・・D
30000人は少なすぎる。特に外野スタンドは毎日立見が出る。公園内にあり,敷地を拡張できないため,スタンドも傾斜が急。
料金・・・D
高すぎ。特にB指定席で3500円,外野自由席1800円はひどい。
席種・・・B
内野指定はS,A,Bの3種類。しかし,高いのでみんな外野に行く。
総評・・・B
ハマの憩いの場だが,開場から20年が過ぎた。そろそろ改善したほうがいい箇所も出てきたか。

横浜−広島(平成13年9月22日横浜スタジアム)

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広島 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3
横浜 3 0 0 0 0 2 0 0 X 5
(勝)小宮山(敗)長谷川(S)斎藤
広島 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(8) 木村拓 右安打 投ゴロ 投ゴロ 右飛
(6) 東出 二安打 一ゴロ ニゴロ 右飛
(4) ディアス 三安打 左中2 右飛 左安打
(7) 金本 中犠飛 中飛 中飛 右2
(3) ロペス 左安打 中飛 一飛 投ゴロ
(5) 野村 右犠飛 三振 右飛 一ゴロ
(9) 新井 三ゴロ 三ゴロ 四球 三振
(2) 木村一 ニゴロ 右飛
PH 浅井 中安打
2 瀬戸
PH 緒方 遊ゴロ
(1) 長谷川 三振 遊ゴロ
1 酒井
PH 前田 二併殺
1 小山田
1 菊地原
横浜 1 2 3 4 5 6 7 8 9
(6) 石井琢 右安打 投犠失 四球 一邪飛 右安打
(8) 金城 四球 三犠打 投犠打 三失策 三ゴロ
(9)→3 佐伯 四球 ニゴロ 四球 中安打 一邪飛
(7) 鈴木尚 ニゴロ 四球 ニゴロ 四球
PH→9 中根 三ゴロ
(5) 小川 三振 ニゴロ ニゴロ 遊ゴロ
(3) ズーバー 四球 三振 四球 左安打
7 田中一
(2) 谷繁 左安打 一飛 左安打 右飛
(4) ドスター 三振 右安打 遊ゴロ 遊ゴロ
(1) 小宮山 中安打 三振 三振 三振
1 斎藤

[戦評]
熾烈なAクラス争いのためには負けられない直接対決の幕開けは,横浜先発小宮山にとって不運なものとなった。木村拓のライト前ヒットの後はあたり損ねの内野安打が2本続き,2本の犠飛を含む3点を失う。しかしその裏,3四球を絡めて3点を挙げて即座に追いつくと小宮山は立ち直り,ピンポイントのコントロールが冴え渡る。6回裏佐伯とズーバーのタイムリーで2点を勝ち越すと最終回は斎藤隆で逃げ切った。小宮山は2回以降スリーボールまで行ったのがわずか2回と安定感を見せた。ところでこの試合の横浜のスタメン,6番から9番は翌年球団をあとにしている。急速な選手交代が進む同球団を物語る試合だった。

位置 席種 料金 巨人戦
座席@ 外野自由席 1800円 1800円
座席A 外野指定席 2200円 2200円
座席B 内野自由席 2500円
内野指定席B 3500円
座席C 内野指定席B 3500円
内野指定席A 4000円
座席D 内野指定席A 4000円 4000円
座席E 内野指定席S 5500円 5500円