Web:
Click here to visit our sponsor

煙草と紅茶と重力と


宇宙世紀における愛煙家の運命 投稿者:団長  00/04/27 Thu 23:38:44

私はいまどきの時代に逆行する愛煙家です。
 こんな私が宇宙世紀に思いを馳せ、自らがコロニー生活者になった時を思い浮かべるときに「コロニーじゃ生活出来ない!」と思うコトがあります。
 人が生きていくために必要な”水”と”空気”と”食料”については、こちらでの問答を通じて「なんとかなりそう」と思っていますが、嗜好品である”煙草”に関しては絶望的だと思っていました。
 だって嗜好品ですし、貴重な空気をただ単に消費するだけで無く、人体に有害であり、空気を汚染する(と思われる)”煙草”はコロニー(宇宙)生活者には許されない品だと思っていたのです。実際、宇宙船やコロニー内での喫煙シーンって見た覚えが無いです。

 ところが、この”ルンガ沖砲戦”ではバリバリです(笑)
 ちょいと、引用してみます。
 作中ではニナが射撃指揮所に入ったところのモノローグとして語られています。
「そこは、男性の体臭に溢れていました。そして、たちこめる煙草の煙。〜後略〜」
 初めてこのCDを聴いた時にはぶっ飛びました(^−^;
 宇宙船で軍艦の中で煙草を吸うシーンですもの!

 ガンダム世界において宇宙における喫煙シーンに遭遇してビックリでした。
 そこで、映像作品での描写を一応旭屋フィルムコミックスで確認(笑)
 すると、ざっと調べただけでありました(^−^;
 0080においてシュタイナー大尉がグラナダ内の部屋とおぼしき場所で吸ってました(笑)ワイズマン伍長との初顔合わせのシーンです(旭屋・0080・Part1・P114)。
 他にも、アレックスに対して強襲を仕掛ける前夜にミーシャと語り合いながら吸ってます。これは間違いなくコロニー内です(旭屋・0080・Part2・P43)。
 シュタイナー大尉は結構煙草を咥えるだけ咥えているコトが多いですから、もっと吸っているかもしれません。

 喫煙と言う悪癖を抱える者としてはコロニー(宇宙)生活者になれる可能性を見出す描写ではあります。
 しかし、良いのでしょうか?コレ。
 アルビオンの艦内とか月面グラナダ基地内とか、コロニー内で煙草を吸って。貴重であろう酸素を消費して、空気を煙で汚染して。

 今まであんまり気にしませんでしたが愛煙家として、今後は作中での喫煙シーンの描写には気をつけて見ようと思いました(笑)


U.C.世界の喫煙者  投稿者:虎ノイ  00/04/28 Fri 03:00:59

タバコと云えば,レビル将軍も愛煙家のようですね。
小説(角川版144p)に,ルナ2で葉巻を吸うシーンがあります。

もっとも,ミライさんは,この時に初めてニコチンの香りを知ったような感じに
書いてあるので,メジャーな存在でも無いようです。
やはり喫煙家の前途は多難なのか?


ちょっとの話  投稿者:古竜  00/05/01 Mon 03:03:14

こんにちは、お久しぶりです。ちなみで週刊モーニングで
SFなマンが(不定期?)がありまして、宇宙船の中で愛煙家が
一苦労する話がありました。プロジェクトZ(の小説)でタバコ
の話がちらりと出てました。吸う人は大変ですね。
 ほいでは失礼します。


24000ヒット 投稿者:虎ノイ  00/05/04 Thu 02:54:45

古竜さん,久しぶりです。
「ジオンの系譜」の4コママンガが出ていたので買ってきましたが,
赤鼻も喫煙家のようですね。ギレン総帥の前で葉巻を吹かしてました。


タバコのことから、つらつらと・・・ 投稿者:F・M・バーチ  00/05/06 Sat 02:21:42

そういえば、昔のソノラマ文庫に『地球上で禁煙家が天下をとって、愛煙家(と一度タバコを吸って(正確には『飲んで』というそうですが)みたい観光客)は、わざわざ月面までいってタバコを吸い、月の側でもそれを観光の目玉の一つにしている』設定の作品があったはずなんだけど・・・
 
 ハッキリ言って、ここでの話に完全に逆行している設定ですよねぇ(笑)


 でも、まぁ実際問題として、どうでしょうか?
 確かに、常識論で言えば『有害物質』そのものであるタバコを、そのまま閉鎖環境内で使用することは『自殺行為』そのものなんですけど(それ以前に『物を燃やす』と言う行為、それ自体が無謀です。ですから、『F-91』のセシリーの親父(養父)だったシオのパン屋は、そのクラッシックな印象とは裏腹に、絶対に電気窯を使用しているはずです。そればかりか『火が命』といっている中華料理は、存亡の危機に瀕していることでしょう。たぶん(笑))、少なくともタバコに関して言えば『宇宙用』とでも言うべき種類が出来るかも知れませんね。
 例えば、ニコチンじゃなく『ニコチンの匂い付』タバコ(ですから、ほとんど二酸化炭素を吸っているような物)で、ニコチンの匂いも、一定時間が経過すれば自動的に消滅するとか(近年の香り成分は、この手の傾向にあるそうです)、そんな物があるのかも知れません。

 まぁ、でもそれよりも厄介なのは、生活体臭そのものでしょう。『軍艦』という立場を強調したセンチネルの表現は極端ですが、ある意味『事実』を言い当てているとも言えるのですから・・・。
(なにせ物に匂いが『染み着く』のは、ある意味絶対の『真理』ですから、ね)

 ・・・そうか、もしかしたら『コロニーの耐用年数』って、染み着いた匂いに、人間が耐え切れなくなる時なのかも知れないなぁ(笑)
(もちろん冗談ですよ(笑)


宇宙世紀の愛煙家はつらいでしょうねぇ。 投稿者:VODKA  00/05/06 Sat 22:13:19

スペースコロニーでは当然禁止でしょうから、地球から密輸して非合法で
愛好している人々とか、愛煙家の秘密クラブを経営するマフィアの親玉とか、
それを摘発するタバコGメンとか、Gメンにも愛煙家がいてタバコほしさに
マフィアのスパイに成り下がっているとか、いろいろ面白い話を思いつけそ
うですね。

あるいは、空気を消費しない噛みタバコが解禁されてタバコ愛好者が喜んだのも
つかの間、今度はコロニー内に唾をはく輩が増えて、不衛生と言う廉でヒステリッ
クな環境保護団体に攻撃されるとか、生徒指導の先生が校内で噛みタバコを楽しん
だシーブックを停学にするとか(笑)


吸わない人にはちっとも良さが分からない 投稿者:紫流  00/05/08 Mon 10:03:35

たしかプロ野球の外人選手とかが試合中に噛んでるのって煙草味のガムだったと思います。
私はタバコを吸わないので「煙草の良さは味じゃないんだよ」と言われるとどうしようもないのですが
これで煙草好きの人が少しでも救われるのではないかと(^^;
それでも本物の煙草が吸いたいという人は喫煙室を作って強力な空気正常機を自前で付けるとか。
嗜好品ですから政府で援助する謂れはないですからね(^^;
ですから正常機のない場所では絶対禁煙です。外ではガムで我慢、喫煙室でゆったり味わうというのが
宇宙世紀の愛煙家の姿ではないでしょうか? やっぱり肩身狭いですね(^^;


ポイ捨てはしません。アウトドアでは携帯灰皿を使います 投稿者:団長  00/05/09 Tue 00:10:24

ネタふりのつもりは無かったのですが、何となく続いてますね(^−^;<喫煙ネタ

 皆さん結構喫煙者に寛大ですね〜。すこしビックリ(マジです)。
 Vの作中でウォレンがマルチナさんの気を引こうとして、SPSの中の花壇(?)から花を摘んで差し出したところ、大ひんしゅくを買ったと言うエピソードがあります。
 やはり空気(酸素)って、とっても大切なモノだと思うのです。
 煙草は嗜好品であり生きて行くために必須では無いです(潤いを与えてくれるモノではありますが)。喫煙者ならば喫煙を擁護するカラーの発言があるかも?位は考えていましたケド、非喫煙者からの完全否定が無いのが驚きです(まぁ、バーチさんから至極まっとな発言がありましたが)。

 さて、
>プロジェクトZ(の小説)でタバコの話がちらりと出てました。
 この本を入手したので該当部分の台詞を引用してみます。
 場所はサイド1のうらぶれた酒場。シャアとバーテンの会話です。
 因みにシャアはアイリッシュ・ウィスキーを飲んでいます。
============================= 引用開始 ================================
シャア:「地球の方ですね。宇宙生活者(スペースノイド)で喫煙の習慣をもっているのはいない」
バーテン:「宇宙の人間が空気を大事にしていることは知っているが、俺一人の煙草でこの缶詰の空気全部が煙になる訳じゃあない」
============================= 引用終了 ================================
 「酒と煙草と何とかは男が生きて行くための空気みたいなモノだ」と言っていた人もいますが、まさにそんな感じのシーンですね(笑)

 ルナツーで葉巻をふかす、レビル将軍。
 グラナダで煙草を燻らす、シュタイナー大尉。
 コロニーで喫煙する、バーテンとシュタイナー大尉。
 コロニーって地球に比べれば小さいですが、人工の人の生活圏としては大きいですよね?
 これから考えると、「もしかしたら、ペナルティーを払えば喫煙可能な位の冗長性があるのか?」とも思えて来ます(^−^;


つらつら日記(笑) 投稿者:F・M・バーチ  00/05/09 Tue 01:13:29

>タバコについて

 題名の通り、つらつらと書かせていただきます。

 まぁ、一般論はともかくとして、映像シーン(並びに小説の記述の中)で喫煙のシーンがある以上、それを無碍に否定する必要はないでしょう。
 ただし、ここで問題が一つあります。それは何かといえば『彼らが吸って(飲んで)いるのは、果たして我々が思っているような『煙草』なのか?』という疑問です。

 仮に、現在の延長線上に宇宙世紀が存在するとすれば、果たして『喫煙』という習慣が存在する可能性はほとんど無い、といわざるを得ません。それは、ここしばらくの間に起きた数々の出来事からも明らかだと思います。
 『習慣』としての喫煙が存在しなければ、当然『タバコ』そのものも必要無くなります。でも前述したようにどうやら宇宙世紀世界では『喫煙』らしき行為を行っているのです。

 ですから、私はこのように『妄想』してしまいます。
 あれは『タバコ』ではなく、何か他の物なのだと。たまたまレビルの場合は『ニコチン味』になっていただけなのだと。

 特に難の根拠もない意見なのですが、なんとなく私は、そう思ってしまうのです。


たぶん私が喫煙者に寛容なのは 投稿者:虎ノイ  00/05/09 Tue 01:58:39

モータースポーツを支えているのが,事実上タバコ業界だからでしょうか?
きっとガンダムGT−FOURやザクスピードの機体には,マルボロだのラークだのと
多数の広告が入っているのでしょう(^^;

テキサスコロニーのキャンプファイヤーが観光になるくらいでしょうから,一般のコロニー
での焚き火は当然ご法度でしょう。
アムロもスーパーナパームで部品を焼く時に「空気が汚れる」とか考えていましたし,
セイラさんも書類を処分する時に火を使わず,酸を使って処理していました。

みんな空気の大事さを知っているのです。
そして,たぶん地球では,平気でタバコを吸っているのでしょう。
それを見たスペースノイドが,どう考えるか?
愚かな行為だと考えるでしょうか?あるいは大人の喫煙する姿にあこがれる子供のように
感じるでしょうか?

どっちかというと後者ではなかろうか,と考えます。
つまり,宇宙ではタバコはめちゃくちゃに高い。
そもそも宇宙では必要の無い産物なので,作物として作らない(タバコの栽培は土壌には
良くない影響を与えるという話を聞いたことがあります)はずなので,地球からの持ち出しに
なる。
次に,使用に際して酸素を消費し,有害な物質を排出するので,これの処理のためにも
コストがかかる。
という事で,大変にコストのかかる嗜好品になる。
すなわち,ステータスシンボルとなりうる。

U.C.世界のタバコには,実際に大気汚染を処理するコスト以上の税金を掛けられているかも
知れませんね。

にしては,シュタイナー大尉,吸いすぎじゃないかな?
ま,軍隊って所は「ヒト一人が一年呼吸できるだけの酸素」を,たかがビーム1発撃つために
消費しちゃうような存在ですからね。


煙草を吸う環境問題とタバコを生産する環境問題  投稿者:外鴨 なきく  00/05/12 Fri 01:14:48

以下、「煙草」はスパスパ吸う物、「タバコ」は植物ということにして
話をさせていただきます。

虎ノイさんへ
>そもそも宇宙では必要の無い産物なので,作物として作らない
>(タバコの栽培は土壌には
>良くない影響を与えるという話を聞いたことがあります)はずなので,
>地球からの持ち出しになる。

タバコの栽培が土壌に良くないのは、
タバコ用の農薬にニコチンが入っているからです。
なぜなら、タバコの葉は表面を薄いニコチン質の膜で保護しているため、
ニコチン入りの農薬でなければはじかれてしまいます。
#さらに、タバコは葉っぱにニコチンを蓄積する特性があるため、
#素手で触れること自体危険です。
ニコチンは周知のように猛毒であり、
このため、タバコ農家の方は年に何人も農薬散布中の事故で
急性ニコチン中毒により亡くなっておりますし、
ほとんどのタバコ農家の方は慢性ニコチン中毒で
肌のしみ、変形、咳、手の震えなどに苦しんでいます。
それでもタバコ農家をやっている人がいるのはなぜかというと
タバコは貧しい土地でも育つからです。さらに、栽培がリスキーなため、
他の作物に比べて高収入になります。
そして、ニコチン入りの農薬で土を汚染しているため、
いったんタバコの栽培を始めてしまうと、他の作物への転換はかなり困難です。
タバコ農家の子供はタバコ農家になるか土地を捨てるかしかない訳です。
このようにタバコ生産は多くのタバコ農家の
隠れた犠牲によって成り立っています。
上記の理由で、私は煙草産業を保護する必要性を感じませんね。

まあ、宇宙世紀になって土は有限かつ貴重な資源であるという
認識は強いでしょうし、
こんな弱者搾取の体制を公然と容認もしないでしょうから、
煙草の生産はまれ、または無くなっていると思います。
しかしタバコの生産に関してだけなら抜け道はいろいろありますね。
たとえば、コロニーの農業エリアで作物を生産するのなら
「害虫やビールスが一匹もいない環境」で生産することも可能でしょうから
農薬散布そのものが不要になっている可能性はあります。
#自然農法?(^^;
個人的な考えでは、宇宙世紀になったら
農薬のような毒物を土に散布したりしないのではないか、
とも思いますし。
それであればタバコの農薬散布による土地汚染問題は無くなりますね。
ああ、タバコ自体にニコチンが含まれているからやっぱだめでしょうね。

よって、「あれは煙草様の、タバコを含まない何かである」に一票。

私からすれば、しょせん紙巻煙草は小型携帯簡易毒ガス発生器ですから(^^)
無い世界が理想です。


まとめてレス 投稿者:虎ノイ  00/05/14 Sun 01:46:25

>外鴨なきくさんへ
確かwalfischさんのザクページでもお見かけしましたが,こちらでは,初めましてですね。
タバコの栽培に関しての情報をどうもありがとうございました。
煙草という製品が毒物(に極めて近い物)という認識はあった(というか毒そのもの)のですが,
「植物としてのタバコが毒草である」というのは,失念していました。

ですが,宇宙でのタバコの栽培は可能のようです。
というのも,コロニーではあの雷様の太鼓のような農業ブロックで植物を栽培していますので,
一つを選び,これをタバコの栽培専門にすることで,土壌のニコチン汚染の問題をクリアできるから
です。貧しい土地でも育つなら肥料とかも少なくてすむでしょうし,余所のコロニーが作らないなら
「特産品」として商品価値を持たせる事ができるはずです。

もちろん「消費者」が存在しているか?という問題はありますが。

しかし,ミライ少尉がニコチン臭を感じている以上,レビル将軍が喫った葉巻は今私たちが
知っている煙草と同じものなのでしょう。
しかも,公然と喫煙しているからには,社会倫理的に禁止されている類の行為でも無いみたいです。
(これが書かれた昭和50年代はまだ嫌煙権とか活動が無かった時代だからでもありますけど)

「かなり制限された場所でのみ喫煙が可能だった。」程度の認識ではあるんですが,
U.C.世界の喫煙シーンやら灰皿は,探せばいくらでも出てきそうで怖いですね。


機動戦士JTガンダム〜タバコマフィアとの戦い 投稿者:VODKA  00/05/14 Sun 17:21:44

虎ノイさん曰く
>コロニーではあの雷様の太鼓のような農業ブロックで植物を栽培
>していますので,一つを選び,これをタバコの栽培専門にするこ
>とで,土壌のニコチン汚染の問題をクリアできるからです。
>貧しい土地でも育つなら肥料とかも少なくてすむでしょうし,余
>所のコロニーが作らないなら「特産品」として商品価値を持たせ
>る事ができるはずです。

おお、これは面白い!
タバコ生産で潤うコロニーを、タバコの蔓延で困っている他のコロニーの特殊部隊が急襲するというお話が書けますね。
あるいは、タバコはご法度なのに、農業プラントをおさえてタバコを密造し大きな利益をあげているマフィアを警察のモビルスーツ隊が 急襲する。

宇宙世紀はタバコを今の麻薬に置き換えることで、いろんなお話がつくれそうですね。


シガー・ウォーズ 投稿者:虎ノイin職場(もうひと頑張り)  00/05/14 Sun 18:50:12

>VODKAさんへ
>宇宙世紀はタバコを今の麻薬に置き換えることで、いろんなお話がつくれそうですね。

(ガンダムとは無関係ですが)
地球の大手タバコ産業が,嫌煙権の広まった地球での販売を諦め,宇宙に販路を拡げようとして
植民地へ売り込みを始めたが,その弊害に植民地政府は驚き,販売を禁止するに至る。
しかし,植民地政府の役人自らがタバコの魅力にとりつかれてしまい,また高額な賄賂を貰って
いたので,輸入・販売禁止の法律は徹底しなかった。
これに怒った植民地政府の有識者は軍隊を港に派遣して,荷揚げされたタバコを全て焼き捨てる
という行動にでる。
だが,地球のタバコ産業のバックには強力な地球連邦宇宙艦隊が控えていたのだった。
危うし,植民都市!

てな,感じの話を考えていた事があります。(モロにアヘン戦争のパクリですが)


タバコと煙草と紅茶 投稿者:外鴨 なきく  00/05/17 Wed 02:04:13

●虎ノイさんへ
>ですが,宇宙でのタバコの栽培は可能のようです。
>というのも,コロニーではあの雷様の太鼓のような農業ブロックで植物を栽培していますので,
>一つを選び,これをタバコの栽培専門にすることで,土壌のニコチン汚染の問題をクリアできるから
>です。貧しい土地でも育つなら肥料とかも少なくてすむでしょうし,余所のコロニーが作らないなら
>「特産品」として商品価値を持たせる事ができるはずです。

そうですね、地上で栽培するより、なんぼかましでしょうね。
土が無くても水と発泡スチロールでもタバコ栽培できるかもしれないですし。
でも、そのタバコ栽培の農業ブロック、
ずっとやってると、密閉されている分急速にニコチンが蓄積しそうなので
人は立ち入り禁止でしょうね。
遠隔捜査か自動狩り入れじゃないと危ないです。

>「かなり制限された場所でのみ喫煙が可能だった。」程度の認識ではあるんですが,
>U.C.世界の喫煙シーンやら灰皿は,探せばいくらでも出てきそうで怖いですね。

ところで宇宙空間で煙草を吸うシーンってありましたでしょうか?
かりにあったとすれば、
専用の装備、例えば空気の流れが無ければ宇宙空間では普通には喫煙できないので
#腕を振りまわすか息を吹きつけつづければ可能な筈。
一般的に喫煙権は存在を認められた概念だと言えると思うのですが。

余談ですが、宇宙空間での喫煙シーンを探していて、
バーミンガムの中で紅茶をティーカップになみなみとついで
飲んでいるシーンがありました。
まるで地上のように普通に。
あまりそうは見えませんが、
バーミンガムには有重力部があるみたいですね。


タバコ農業ブロック? 投稿者:古竜  00/05/17 Wed 06:24:43

>ニコチンがたまる
 ということは自動システムが損傷した時はノーマルスーツ
で農作業?前に書いてたニコチン中毒もこれで減るのか?


タバコの話は続くよ(^^ 投稿者:虎ノイin職場  00/05/17 Wed 21:25:56

>外鴨なきくさんへ
>タバコの栽培
昔,何かのマンガで「アパートの一室で,鉢植えのタバコを育てる」というのがあったのですが,
激ヤバな行為だったのでしょうね。

>土が無くとも水と発泡スチロールでも
ここまで行き着くと,もはや太陽光すら不要なのでは?と思えてきます。
タバコの栽培・販売が禁止(地球で栽培されていて,高額な税が課されているものは除外扱い)されて
いて,しかしなお,そこそこの消費がある場合,アングラで栽培が行われるはずです。
この場合,正規の農業ブロック等では無く,どこかの宇宙工場の一室だったり,壊れ掛けたコロニーの
外壁の中だったり,といった場所で,電灯の元で栽培されているような気がします。

あ,でもコレだとジュドーみたいな何も知らない少年らが,ノーマルスーツも無しに作業をさせられて
いたりしそうで怖いな。

「リィナ,仕事が見つかったぜ,これでお前を良い学校にやれる。」
「もう,お兄ちゃんたら………危ない仕事じゃないでしょうね?」
「なぁに,農作物の手入れを手伝うだけさ。良い金になるらしいんだ………」
とか,ありそうなだけに怖いな。

>ところで宇宙空間で煙草を吸うシーンってありましたでしょうか?
いえ,私が言いたかったのは,「MS戦記」の酒保シーンの朦々たる煙の描写とか,
「MSジェネレーション」の戦車兵がくわえているタバコとか,主に地球上での描写ですが,
「宇宙世紀に至ってなお,喫煙の習慣が残っている」という傍証は,数限りなくある。
という事です。

>バーミンガムの紅茶
その紅茶にはきっと底にマジックテープが張って有って(冗談です)
実はワイアット将軍が居た部屋は,外に張りだしたブリッジ状の場所では無くて,艦内の奥深く
に作られたCICであり,そこは艦尾方向が床になっていて,加速中は床向きに疑似重力が発生して
いるとか?

>古竜さんへ
>ニコチン中毒もこれで減るのか?
上の考察では,却って低年齢化が進みそうです。


紳士ですから 投稿者:団長  00/05/18 Thu 01:45:32

>その紅茶にはきっと底にマジックテープが張って有って(冗談です)
 きっと、彼専用のウェッジウッドとかを模した紅茶チューブなんですよ(笑)
 カップの縁に口をつけると吸い口がにゅるるぅ〜と出て来るんです(爆)

>ところで宇宙空間で煙草を吸うシーンってありましたでしょうか?
 この煙草問答(?)の最初の話題が、アルビオンの射撃指揮所が煙でモウモウって話でした。


宇宙世紀の紅茶はダージリンかセイロンか? 投稿者:VODKA  00/05/18 Thu 23:12:48

>バーミンガムの紅茶
液体で飲むとは限らない!
紅茶と思っていたのは紅茶ゼリーかもしれないではないか!!

と言うわけで、紅茶ゼリーなら慣れれば無重力でもカップですすれると
思うのですが・・・(笑)


因みに私は、キーマンかディンブラが好み 投稿者:F・M・バーチ  00/05/19 Fri 01:42:29

ついでに、メーカーでいえばリッジウェイあたりでしょうか(笑)

>紅茶
 いいえ、やはりティーカップに注いである以上、あれは液体でしょう(でなければ、紅茶に対する冒涜です(笑))。
 それに確か、あのカップからは湯気が立ち登っていたような気がするのですけど(この辺、かなりあいまいです)。


 というわけで、ただの紅茶好きの願望でした(笑)
(しまった、まったく文章になっていない(笑) それにタバコをあれだけ非難しておいて、自分の好きな紅茶になるとこんな物をかいてしまうとは・・・
 まったく、文章の一貫性なんてカケラもないですね、私(苦笑))


クイーンズホープかプリンスオブウェールズあたりかも。 投稿者:外鴨 なきく  00/05/19 Fri 01:49:47

実の無い話ですが。

●古竜さんへ
>ということは自動システムが損傷した時はノーマルスーツ
>で農作業?前に書いてたニコチン中毒もこれで減るのか?
 そうですね。ノーマルスーツ着用が最低限必要でしょうね。

●虎ノイさんへ
>>いちゃもん
>どんどん付けて下さい。
>たとえ否定的な意見でも反応が無いよりはマシです。建設的な意見はなおさらです。
>私は,自分でも納得いかないまま,勢いで文章をアップする事があるので,冷静・客観的な意見が
>貰えると嬉しいです。
 そういっていただけますとありがたいです。

>>バーミンガムの紅茶
>実はワイアット将軍が居た部屋は,外に張りだしたブリッジ状の場所では無くて,艦内の奥深く
>に作られたCICであり,そこは艦尾方向が床になっていて,加速中は床向きに疑似重力が発生して
>いるとか?
 この1G加速説は好きなのですが、このときブリッジの操舵士は壁に足を埋め込まれて天井についた舵を握っているような感覚なんでしょうね。
 きっと操舵士はワイアット大将のティータイムには毎回この試練に耐えているに違いない(^^)

 他の説としては、ミノフスキー粒子で紅茶をカップに封じ込めているとか(爆)

●団長さんへ
>きっと、彼専用のウェッジウッドとかを模した紅茶チューブなんですよ(笑)
>カップの縁に口をつけると吸い口がにゅるるぅ〜と出て来るんです(爆)
 おんなじような感じで、ターンエーで(ここでは禁句かな?)ストロー付き密閉型ティーカップがでてましたね。
 あ、あれでは紅茶の香りというものが……(TT)

>この煙草問答(?)の最初の話題が、アルビオンの射撃指揮所が煙でモウモウって話でした。
 失礼しました。
 文章を読んで軍艦の中だな、とわかりましたが、ルンガ沖砲撃戦が地上か宇宙か判別がつかなかったもので……。
 ちょっと調べて見たら、0083の7話と8話の間の話のようですね。
 しかしもろに宇宙ですね。
 まあ、クルーが寝ている間に窒息しないように空気の対流は常にやっているでしょうから煙草も吸えるでしょう。フィルターが早く汚れるでしょうが。
 アルビオンのクルーは地球生まれの地球育ちのエリートが多かったんでしょうね。
 #最後にティターンズに編入されるくらいですから。
 だからスペースノイドに比して喫煙行為に違和感が無いのかもしれません。

●VODKA
>>バーミンガムの紅茶
>液体で飲むとは限らない!
>紅茶と思っていたのは紅茶ゼリーかもしれないではないか!!
>と言うわけで、紅茶ゼリーなら慣れれば無重力でもカップですすれると
>思うのですが・・・(笑)
 おお、ありそうですね(^^)。
 ただ、今手元に映像が無いので、でたらめしゃべっているかもしれませんが、ティーポットもあったような……。


世間話モードは続く 投稿者:団長  00/05/19 Fri 23:21:47

★煙草の話題
>壊れ掛けたコロニーの外壁の中だったり,といった場所で,電灯の元で栽培されているような気がします。
 人間臭いドラマですね〜
 後は簡易的なモノであっても良いので宇宙服が一般のコロニー居住者に普及しているか否かによっては、何も知らないジュドーとかの少年達の悲劇が防げますね。祈ってます。
>文章を読んで軍艦の中だな、とわかりましたが、ルンガ沖砲撃戦が地上か宇宙か判別がつかなかったもので……。
 確かに宇宙とは書いてませんでした(汗)
 こちらこそ、失礼しました。
>アルビオンのクルーは地球生まれの地球育ちのエリートが多かったんでしょうね。
>#最後にティターンズに編入されるくらいですから。
>だからスペースノイドに比して喫煙行為に違和感が無いのかもしれません。
 なるほど。
 宇宙艦における喫煙の可否はクルーの構成によっても変わると・・・
 この艦は地球出身者が多いから喫煙艦。こっちはコロニー出身者が多いから禁煙艦。んな馬鹿な(笑)
 私は喫煙しますが、外壁の外は真空の船に乗っている時位は我慢します。
 生きるための必需品たる酸素と嗜好品たる酸素を天秤にかけたら、我慢できます。たぶん。いや、おそらく(^^;

★紅茶の話題
>紅茶と思っていたのは紅茶ゼリーかもしれないではないか!!
 ゼリーとまで言わなくてもゲル状でも良いですね。ある程度粘度さえあれば。
 ・・・気持ち悪いですが(^^;
 宇宙開発当初の宇宙食はそれこそチューブだったらしいですが、最近はソースをかける等して飛び散らない工夫をすれば何でもOKらしいですね。
>ただ、今手元に映像が無いので、でたらめしゃべっているかもしれませんが、ティーポットもあったような……。
 私も映像未確認なので、只の戯言に過ぎませんが・・・
 ボーイと言うか給仕が側に控えていて、カップ・ソーサー・ポッドの3点セットが銀盆の上に載っていた様な気がします(^^;
 これだけならばいくらでも言い訳は出来るのですが(例えば、雰囲気を重んじる紳士として「形だけでも」と側に控えさせていた。とか)ポットからカップにコポコポ注いでいたらアウトですね(笑)
>やはりティーカップに注いである以上、あれは液体でしょう(でなければ、紅茶に対する冒涜です(笑))。
 「注いで”あ”る」と「注いで”い”る」の「あ」か「い」かの勝負ですね(笑)
 事前に注いで密封すれば、紅茶チューブの変形であるとして問題無いですが、注いでいたらアウト!以前の月面の重力と同じく「見なかったコト」にしなければならなくなります(保留とも言う)。
 ・・・とりあえず、映像を確認すれば済む話なのですが(大汗)

★ヤマト型宇宙艦の意義
>実はワイアット将軍が居た部屋は,外に張りだしたブリッジ状の場所では無くて,艦内の奥深く
>に作られたCICであり,そこは艦尾方向が床になっていて,加速中は床向きに疑似重力が発生して
>いるとか?
>このときブリッジの操舵士は壁に足を埋め込まれて天井についた舵を握っているような感覚なんでしょうね。
 ティータイムを楽しんでいたのは確かブリッジの筈。
 もしかしてバーミンガム級のブリッジは90度可変式なのか?(笑)

 それはさて置き。
 多くの宇宙世紀の宇宙艦が水上艦を模した形態なのは何故なのでしょう?
 多くのガンダム本(例えば初代小説版)においては「港等に着底するために船底は必要」と説明していたと思いますが、私は今一つ納得していません。
 例えば、同じく初代小説版において赤い彗星が艦戦に攻撃を加える時の機動として、艦底方向から接敵して、艦体をなめる様にブリッジに接近し射撃、そのまま艦尾に移動して射撃。と言う様な描写があります。これが一般的な対艦戦におけるモビルスーツの機動かどうかは不明ですが、少なくとも艦底方面は攻め手にとっては比較的安全、つまり「死角」と言う事では無いでしょうか?
 宇宙空間での戦いが本分の宇宙戦艦がたかが入港時の為に死角をつくるモノでしょうか?
 ペガサス級は良いのです。強襲揚陸艦と言われていますしミノフスキークラフトを利用して地上にも降下可能ですから。しかし、マゼラン級等はジャブローで生まれた後はその一生を宇宙空間でまっとうするわけですから艦底と言うものが無い方が良いと思うのです。実際、宇宙世紀の時間軸で言うとマゼラン級・サラミス級ともに0083では艦底にも砲塔が備えられる様になっています。つまり、入港時の利便性よりも戦訓を活かしたと考えれれると思います。
 では、無理矢理にでも艦底が存在する理由を考えると、マゼラン級やサラミス級は「月面降下→月面へ陸上戦力を展開」と言うミッションもこなす事を想定していたとかすれば良いのですが、月面に降下するシーンはZ等で月面都市への入港位しか無いですよね。
 そこで、マゼラン級とかの宇宙戦艦が何故地球の水上艦を模しているか?に対して、重力ブロックに関して考えてみました。

 初代〜逆シャアの時代に限定すれば、重力ブロックを持っているコトが確認できる戦闘艦は、ホワイトベース、アーガマだけです(ちょっと自信無し)。
 アーガマは非常に目で見てわかり易い遠心力によるモノですね。それに対してホワイトベースのソレは良く分かりません(艦内の透し図で”脚”の付け根あたりにデカいドラムがあることになっている本もありますが、あまりにも径が小さいと感じます)。
 そこで暴論(笑)
 両艦の違いはミノフスキークラフトの搭載の有無ですよね?
 ホワイトベースはミノフスキークラフトを利用して限定ながら重力制御を行っていた(大汗)

 なんでこんな暴論を吐くかと言うと、長期間の航行機能を必要とするであろう宇宙艦は1Gとは言わないまでも何がしかの重力がクルーの健康上から必要では無いか?と考えるからです(ガンダム世界では1/6Gの月面で人間が恒久的に生きられる模様ですから、艦内でも1/6Gあれば良いと想定)。やはり、これら2艦以外にも重力発生装置が欲しいトコロです。
 そうすると、前に虎ノイさんがご発言されていた「2艦をヒモで繋いで重心を軸に回転させ擬似重力を発生させる」が宇宙世紀の艦船の多くが水上艦を模している理由にならないか?と考えます。
 全員が艦底に足を向けていると想定すれば、虎ノイさんのお説による擬似重力発生方法はもっともそれらしいと思うのです。人間の生活・生存に必要な機能として艦底が必要であれば「死角もやむ無し!」と、私は納得します(笑)もっとも、これが主たる理由であれば艦底に武装することの妨げにはならないので、補助的な理由として、港への入港時は付け足しと考えます(汗)

 さて、本題(笑)
 このお説を立証するには、宇宙艦の質量プラス回転によって発生するエネルギーを支える事が出来るヒモ(ロットでも良いのですが)が宇宙世紀に存在している必要があるかと思います。
 そこでお願いがあるのです。
 「そんなシーンってありましたっけ?」(^−^;;
 別件で強靭なヒモが宇宙世紀にあって欲しいと考えているので、前々から描写を探しているのですが、見つかりません。どなたか知っていらしたら教えて頂けないでしょうか?m(__)m
 別件に絡みますが、このヒモがあるとイロイロ便利です(^^)
 例えば「赤い狐」の作中に登場する様に、地球周回低軌道へ減速剤無しに推移出来るとか。


 明日か明後日に時間が取れたらOVAを見直して、バーミンガム紅茶事件(笑)の客観的事実をレポートしますね


煙草ちょっといい話  投稿者:NO.41  00/05/20 Sat 12:11:23

お話の本筋とは少し外れるんですが、「戦略戦術大図鑑」には、次のような下りがありました。
「『連邦兵、命の値段がガム4枚。煙草だったら5本分』 連邦兵士の間では、このような言葉が、自嘲気味によく使われた。これは支給される嗜好品が、前線の兵で1日ガム4枚、煙草5本だった(後方の兵は、ガム3枚と煙草4本)ことからきている。彼らはこのような言葉を皮肉まじりにもらし、日頃のうさをはらしていた」


紳士の嗜み 投稿者:団長  00/05/20 Sat 19:06:40

えーと、OVA版の該当部分を確認しました。
 ワイアット将軍の紅茶絡みのシーンは2つ。

(1)第8話:策謀の宙域
 バーミンガムとムサイ2艦を引き連れたリリーマルレーンが会合する直前のシーン。
 ここではワイアット将軍が「私はダージリンを」と紅茶は台詞のみ登場
 (注)台詞は耳コピなので聞き取り間違いがあるかも知れません

(2)第9話:ソロモンの悪夢
 観艦式の直前。コンペイトウ内部の司令室とおぼしき場所で。
 軍帽を取り椅子に腰かけたワイアット将軍の傍らに立つ当番兵と言うかお付きの兵(なんて表現するのが適切なのかわかりません/笑)が盆の上にカップに注がれた紅茶を持っています。映像では1カット、カップに注がれた紅茶がアップになります。
 また、この様な時に便利な旭屋フィルムコミックスV・0083のp99にて劇場版ではありますが、このシーンが確認できます。

 カップに注がれた紅茶のシーンはバーミンガムのブリッジだと思いこんでいたのですが、コンペイトウの中だったんですね(^^;思いこみは怖いです(って、何回この言葉を吐いたことか)。コンペイトウの中ならば重力ブロックは在ってもそれ程不思議では無いので、0083における紅茶は問題ないですね。

 しかし、時間に正確な紳士であるワイアット将軍はバーミンガムに居る時はど−していたのでしょうか?やっぱ、紅茶チューブで我慢していたのでしょうか?それにしてもダージリンと銘柄指定をするところを見ると、連邦軍の高級将校用には様々な銘柄の紅茶チューブが用意されているのか?それとも、ワイアット将軍専用を積み込んでいるのか?
 世間話のネタは尽きません(笑)


オリジナルブレンド? 投稿者:外鴨 なきく  00/05/22 Mon 00:33:38

●団長さんへ
>えーと、OVA版の該当部分を確認しました。
わざわざ調べていただきありがとう御座います。
 
>(2)第9話:ソロモンの悪夢
>観艦式の直前。コンペイトウ内部の司令室とおぼしき場所で。
>カップに注がれた紅茶のシーンはバーミンガムのブリッジだと思いこんでいたのですが、
>コンペイトウの中だったんですね(^^;
>コンペイトウの中ならば重力ブロックは在ってもそれ程不思議では無いので、
>0083における紅茶は問題ないですね。
ワイアット大将専用腰ぎんちゃく3人組が一緒だったので、バーミンガムの中と思いこんでました。それにしても、作戦司令室(?)をぐるぐる回すとは、結構贅沢ですね。無重量状態の方が空間を有効に使えそうな感じですし。

>しかし、時間に正確な紳士であるワイアット将軍は
>バーミンガムに居る時はど−していたのでしょうか?
>やっぱ、紅茶チューブで我慢していたのでしょうか?
>それにしてもダージリンと銘柄指定をするところを見ると、
>連邦軍の高級将校用には様々な銘柄の紅茶チューブが用意されているのか?
>それとも、ワイアット将軍専用を積み込んでいるのか?
やっぱチューブですかね。地球圏三大銘茶(ダージリン、ウバ、キーマン)くらいはそろっているんじゃないでしょうか。で、後は自分でブレンドして○○のオレンジペコーとか言い張る(^^;
「これとこれとこれをを同時に口に含むとだなゥゥゥ」みたく。


ラコック! コーヒーを頼む。 投稿者:F・M・バーチ  00/05/22 Mon 01:04:39

と、ドズル・ザビに言われてコーヒーを持ってくるラコック大佐。
 『第七師団に、援軍を求められましては・・・』と言いつつ、コーヒーを注ぎ、ドズルに手渡す。

 ・・・というわけで、少なくともソロモン(コンペイトウ)の作戦司令部には、重力が存在すると思われます(円心回転かそれ以外の方法かは、ここでは問いません。ですが、円心回転の可能性は皆無に近いといえるでしょう)

 とすれば、少なくともア・バオア・クーよりソロモンの方が、司令部の居住性は優れているということでしょうかね(笑)
(因みに、映像シーンをみる限り、ルナツーの司令部も重力が存在すると思われます。この事から、ソロモンとルナツーは同じ用兵思想に基づいた設計であるといえるでしょう。つまり、ソロモンは元々は連邦軍の所有物であったかもしれないのです)


 で、突然ですが(笑)
>団長さんへ

 ずぅ〜と以前に質問をいただいた(他にもいろいろあるのですけど、ね(笑))『ソロモン連邦軍所有物説』の根拠の一つが、実はこの『司令部の重力ブロックのあるなし』なのです。
 異論はいろいろあるかも知れませんが、少なくとも私は、同一の目的のために作られた軍事拠点において、異なる設計思想を用いるとはどうしても考えられないのです。


 以上、紅茶の話から少し脱線した話題でした(笑)


紅茶???私はもっぱらコーヒーなので(^^; 投稿者:虎ノイ  00/05/22 Mon 01:42:44

なんだか,久しぶりに来ると問題は解決しているような?
>ソロモン要塞内部

>喫煙シーン
MS.ERAの(29)撃墜マークのシーンで煙草を吸っているジオン軍人が居るが,ここは
宇宙戦艦の中だろうか?設定を見ると「ルウム戦役の直後」となっているが?
それにしても,宇宙戦艦の格納庫にしろ地上の格納庫にしろ,モビルスーツの付近は火気厳禁じゃ
なかろうか?水素燃料とかに引火したら大事だぞ。<余計な心配。

ところで,紅茶と煙草の件に関して,小説を読み返していたら変な描写を発見。
0083のニナのセリフなのですが,
>「………このカップと筆立てをコロニーに見立てます。それぞれミラーを一つずつ失ったコロニーは,
>重心軸がくずれて,回転に歪みが生じます。」
>「そうだ,そしてその歪みは増幅され回転の度ごとに大きくなっていく」
(3巻p89より)
思いっきり,「ちょっと違うぞ!」と思ったのですが?
回転に歪みが生じ(自転に異常)ても,軌道(公転)は変わらんと思うが。
確かにミラーを切り離すタイミングをうまく調整すれば,二つのコロニーはぶつかるけれど
(ミラーを放り出した反作用で軌道がずれる)
ニナが説明した概念では,どう考えてもぶつからないぞ。
艦長も納得しないで欲しいなぁ,こんな説明で………

さて,レスなどを
と,言っても既に話題の問題は解決してるので
>NO.41さんへ
ようこそいらっしゃいました。駄目管理人の虎ノイです。
「戦略戦術大図鑑」は持っていませんので,情報ありがとうございます。
「ガム4枚と煙草5本」ですか,なかなか連邦もしみったれてますね。
ヘビースモーカーにはきついような。
もっとも,宇宙戦艦に勤務しているのだとすれば,酸素の消費量も勘案しなければ
ならないので,この辺りがギリギリの数なのかもしれませんね。

>VODKAさんへ
>紅茶ゼリー
今や,コンビニで宇宙食も真っ青のゼリー食品が売られている時代ですから,未来もそうかも?

>外鴨なきくさんへ
タバコ談義も紅茶談義もだいたい決着がついてしまいましたね。
それにしても,ジオン地上軍の喫煙シーンは調べると色々沢山出てきます。
ひょっとすると,開戦以前にはそれほどでも無かったジオンの喫煙人口は地球侵攻作戦の結果
いきなり増えたのかも知れませんね。復員したジオン兵がみんな喫煙癖を持ち帰ったりして。


ウチはもっぱウーロン茶ですが(^^;) 投稿者:桑衝去場  00/05/25 Thu 01:51:16

重力ブロックについて資料漁りをしていたのですが、
0083の有名な「ニンジンいらないよ」のシーンで、ウラキくんはデータの巻紙やトレーを落っことしてましたから、アルビオンにも重力ブロックが有る見たいですネェ

外鴨 なきくさんへ
>やっぱチューブですかね。
チューブ飲料といえば「めぐり会い宇宙」はグワジンでの「キャスバル坊や」のシーンで、キシリア様がシャアにチューブ入りドリンク(中身はやはりコーヒーか?)を勧めてますね。

しかし、惑星間航行が可能といわれるグワジン級には重力ブロックくらい有っても良さそうな気はしますが?

重力ブロックってペガサス級固有の装備なんですかね?


NO.41さんへ
>「ガム4枚と煙草5本」
う〜む1日5本では、私は連邦兵士にはなれそうにありません(^^;)


F・M・バーチさんへ
>円心回転の可能性は皆無に近いといえるでしょう
宇宙要塞の重力といえば、旭屋フイルムコミック4のP.270によると
アクシズは自転して重力を発生している様ですが、どんな回転の仕方をしているんでしょうね?
核パルス推進中はトンでもない事になりそうなんですが(^^;)


虎ノイさんへ
>MS.ERAの(29)撃墜マークのシーンで煙草を吸っているジオン軍人が居るが,
ジオン軍でも官給品の煙草が有ったんでスカね?
昔どこかの戦争博物館で旧日本軍の「菊の御紋」入り官給煙草というのを見たことがあるのですが、ジオンの紋章入り官給煙草とか有ったら嫌ですねぇ(^^;)


遅レスです。 投稿者:外鴨 なきく  00/05/29 Mon 01:37:07

●桑衝去場さんへ
>重力ブロックについて資料漁りをしていたのですが、
>0083の有名な「ニンジンいらないよ」のシーンで、
>ウラキくんはデータの巻紙やトレーを落っことしてましたから、
>アルビオンにも重力ブロックが有る見たいですネェ
ホワイトベースにも有重力部ありましたし、
キースが腕立て伏せしたり、
艦長室でバニング大尉とシナプス艦長とが酒を飲み交わしたりもしてましたから、
そうでしょうね。
>先日は「ザ」の方でお世話になりましたm(_ _)m
いえ、こちらこそ、お世話になりました。
今後また機会がありましたら、お相手してください。
>アクシズは自転して重力を発生している様ですが、どんな回転の仕方をしているんでしょうね?
>核パルス推進中はトンでもない事になりそうなんですが(^^;)
推進軸方向と自転の回転軸を一致させれば、ベクトルの合成により
三角錐方向に見かけ上の重力が発生するのでしょうが……。
中はいろいろ大変だと思います(^^;

●F・M・バーチさんへ
>円心回転かそれ以外の方法かは、ここでは問いません。
>ですが、円心回転の可能性は皆無に近いといえるでしょう
ここの文章の意味が良くわからないので教えていただけますでしょうか。
同心回転には「ソロモンまたはが自転している」というのは含まれていない、
という理解で良いのでしょうか?
その場合は、重力発生法は、どういう可能性をお考えなのでしょうか?

●虎ノイさんへ
>タバコ談義も紅茶談義もだいたい決着がついてしまいましたね。
お答えいただいた皆さんのおかげです。
ありがとう御座いましたm(_ _)m

>それにしても,ジオン地上軍の喫煙シーンは調べると色々沢山出てきます。
>ひょっとすると,開戦以前にはそれほどでも無かったジオンの喫煙人口は地球侵攻作戦の結果
>いきなり増えたのかも知れませんね。復員したジオン兵がみんな喫煙癖を持ち帰ったりして。
1年戦争後、サイド3で煙草を吸っている人がいると戦争帰りだと解るわけですね。


本当はコーヒーよりも 投稿者:虎ノイ  00/05/29 Mon 02:40:10

紅茶よりも,ウーロン茶その他よりも,そろそろビールの消費量が一番多くなるシーズンです。
ども,なんだか一週間ぶりが板についてきて,とんでもないなぁこの暫定管理人は………

>桑衝去場さんへ
>ジオンの紋章入り官給煙草
私はタバコは吸わないのですが,ジオンマーク入りのジッポライター(ときどき広告で見かけるような)は,
ちょっと欲しいな。と思う事があります。

>アクシズは自転して重力を発生している様ですが、どんな回転の仕方をしているんでしょうね?
>核パルス推進中はトンでもない事になりそうなんですが(^^;)
以前の問答で,推進にかかる加速が微々たるもの(0.01Gとか)であれば,回転による人工重力に
及ぼす影響は非常に小さいという話になりませんでしたっけ?

>しかし、惑星間航行が可能といわれるグワジン級には重力ブロックくらい有っても良さそうな気はしますが?
ここは,やはり同型艦を2隻繋いで………って,グワジン級戦艦ってそんなに数残ってたっけ?

>外鴨なきくさんへ
>1年戦争後、サイド3で煙草を吸っている人がいると戦争帰りだと解るわけですね。
本当は,喫煙癖とかよりも,地球の有害なウイルスとか細菌とかを持ち帰る危険性を考えなきゃならないのですが。
昔は,大戦争があって外征すると,戦後に病気が流行したそうです。
防疫問題は今も昔も,そして未来も重大事ですね。

>アルビオンの重力ブロック
ホビー・ジャパンの「ガンダムメカニクス6」は,いよいよ艦船らしいので,この辺りの謎に迫ってくれるのか?
ちょっと期待しています。でも,どうせ重さは載らないんだろうな。


ヒトラーと『ヒットラーの尻尾』 投稿者:F・M・バーチ  00/06/01 Thu 21:42:14

>ソロモンの重力について

>外鴨なきくさんへ
 私がソロモンの重力を『遠心力』(『円心』じゃないですよね、すいません(笑))による物ではないとするのは、『『宇宙要塞』という存在に対しては、この方法はなじまない』と思うからなのです。
 例えば、ソロモン自体が回転している場合、当然司令部は中心部ではなく外周部に存在する事となります。しかしこれでは小惑星を使用する最大のメリット『巨大な岩盤で、敵の攻撃を防ぐ』を放棄することになってしまいます。
(もちろん、『ソロモン』と呼ばれる小惑星の大きさ次第では、その限りではありません。例えば直径が100キロ程度であれば、中心部でなくても十分に役にたちます)
 しかしながら、ソロモン表面から宇宙船が発進できる(コンスコン機動部隊の発進シーンをみる限り、ソロモン表面は無重力か、極めて無重力に近い状態であることがわかります)以上、ソロモン自体が自転している可能性は低いと言わざるをえません。

 次に『ホワイトベースと同じように、内部に遠心重力ブロックがある』可能性ですが、これは皆無とは言えないまでもかなり低い可能性だといえます。
 この場合、ソロモン内部に巨大な『人工建造物』が存在することになり、それを取り囲むようにして岩盤が存在する(因みに、これらの岩盤は中心の人工物と接触はしていません。丁度『宇宙ゴマ(ふるいなぁ(笑))』のような形で存在する筈です)事になります。
 そうなれば、中心軸の二方向でしか岩盤部分とは接触できず、要塞の能力としては非常に限定された物(表面部分との連絡が二方向だけであれば、指揮統制上非常に問題です)となってしまいます。
(もっとも、これについても旭屋書店発行のフィルムコミック『ガンダムIII、めぐりあい宇宙』に掲載されているコラムの内容を踏襲すれば、『宇宙要塞は、本来防衛戦闘を行うべき拠点ではない』となり、何とか問題をクリアすることができます)
 ですが、私としては『軍事拠点』である宇宙要塞に、それほどまで(中心部をくり抜き、重力発生エリアを設置する)して『快適な居住性』を追求するとは、どうしても考えられないのです。


 で、最後に『遠心中力発生方式以外の、重力発生方法』ですが、これだけ書いておいてなんですが、私にもよく分かりません。というより、世界中のほとんどの人が、この問題に対して回答を出すことができないのではないでしょうか。
(もっとも、方法がないわけではありません。純粋な思考実験でよろしければ『中心部に制御可能なマイクロブラックホールを据え付ける』事が考えられます。ですが、この方法が宇宙世紀世界の常識にどれだけ当てはまるかと言えば、非常に心許ない物があります)

 ですが、私個人はこの点について余り心配はしていません。なぜならば、宇宙世紀世界においては我々の常識を超越した物が余りにも多く存在しているからです(笑)
 『ミノフスキー物理学』を筆頭として、宇宙世紀世界には数多くの『そうでなければいけない物』が存在します。それらのすべてをを否定する事ができない以上(人工重力についても『ミノフスキー粒子の特殊効果の一つ』とすれば、簡単に解決できるのでしょうが、それじゃ余りにも『味気ない』と、私は思うのです)、それらとどう『折り合い』をつけていくのか、それが求められているのだと私は思うのです。
 
 以上、最後の部分だけ『逃げ』の文章になってしまいましたが、私なりの『考え』を書いてみました。いかがなものでしょうか。


要塞内部に重力ブロックを作る方法 投稿者:虎ノイ  00/06/02 Fri 00:09:00

まず,ソロモンの大きさの設定が見あたらないので,仮に20km程度の大きさは有るものと考えます。
そして,重力ブロックの大きさは10万人が収容できる規模とします。
ただし,コロニーではなく,あくまでも基地なので,一人当たりの部屋の広さは25平方m位とします。
必要な面積は2.5平方kmですが,通路や司令部区画も存在しますから20%増しの3平方kmが必要
とします。

さて,ソロモン要塞の奥に幅1000m高さ20mのトンネルを掘ります。
形は直径1,200mの円を描くように掘り進めます。
要塞の構造強度と,居住区の安定のために円の中心は残します。
つまり,土の中に竹筒を埋め,これを抜き取った後に残る穴の状態にするわけです。
この穴の外壁側と内壁側にリニアモーターのレールを敷きます。そして,その上に高さ20m幅800m
の列車を乗せ,外壁をぐるぐる走らせます。もちろん列車の先端と後端は繋がっています。
つまり,抜いた竹筒を元に戻して回転させているような物です。
幅800m,長さ3768m(1200mX3.14)ですから列車の中の面積は約3平方kmあります。
(実は高さも余裕をみてMSサイズの20mにしています。2階建てにすれば倍住めますね)

そして,内部で1/2gの重力を発生させようとすれば,約69秒に1回の速度で回転させれば良い訳で
す。(1gを発生させるには約49秒に1回の速度になりますが,1回転1分より速いと問題ありなので
もし1gを望むならもう少し大きなサイズを用意する必要があります。)
1/2gを発生させている時の列車の速度は秒速55m=国産市販車でも十分到達可能な速度ですので
それほど危険な速度では無いでしょう。

これで,居住区は完成です。電気は天井に架線を敷き,パンタグラフを通して供給されます。また水道は
この列車の中にそれなりの水タンクを備え付け,自給できるよう浄化装置も設けます。もちろん空気も
清浄にしなければなりません。
つまり,幅800m長さ3.7kmの大きさの列車に乗り,中で暮らしているわけです。

さて,居住区画は出来ましたが,これでは人や物のアクセスは出来ません。時速200km近くで走って
いる列車に飛び乗るわけにはいかないのです。
掘った穴は幅1000m,列車の幅は800mで列車の両脇には各各100mのスペースがあります。
ここにも列車を走らせます。今度の列車はそんなに大きな物ではありません。
幅は5mも有れば十分でしょう。幅5mの列車を20両並べて走らせます。それぞれ,速度が違います。
時速10km(秒速2.8m程度)ずつ変えます。そして,この列車は一定の速度では走っていません。
時速5kmの誤差を出しながら走っています。
一番外側の列車は停車状態から時速10kmまでの速度で走ります。その内側の列車は時速10kmから
時速20kmの速度で走ります。そして一番中の列車は時速190kmから時速200kmで走ります。
居住区に行こうと思う人は,列車の速度が同調した時に乗り移れば良い訳ですが,はっきり言って
鍛えられた軍人ならば,時速10km程度なら楽に飛び移れるでしょう。

幅が5mしか無いのでは大きな貨物の搬入が難しい,と言うのであれば,片方は5mの列車,もう片方は
幅20mの列車にしても良いでしょう。その代わりこちらは時速40kmの速度差なので,完全に速度が
同調するまでは渡れません。

以上のようなアイディアですが,どんなものでしょうか?


回転回転また回転 投稿者:外鴨 なきく  00/06/02 Fri 01:49:35

●F・M・バーチ さんへ
> しかしながら、ソロモン表面から宇宙船が発進できる
>(コンスコン機動部隊の発進シーンをみる限り、ソロモン表面は無重力か、
>極めて無重力に近い状態であることがわかります)以上、
>ソロモン自体が自転している可能性は低いと言わざるをえません。
同意します。

> 次に『ホワイトベースと同じように、内部に遠心重力ブロックがある』可能性ですが、
>これは皆無とは言えないまでもかなり低い可能性だといえます。
> この場合、ソロモン内部に巨大な『人工建造物』が存在することになり、
>それを取り囲むようにして岩盤が存在する
>(因みに、これらの岩盤は中心の人工物と接触はしていません。
>丁度『宇宙ゴマ(ふるいなぁ(笑))』のような形で存在する筈です)事になります。
> そうなれば、中心軸の二方向でしか岩盤部分とは接触できず、
>要塞の能力としては非常に限定された物(表面部分との連絡が二方向だけであれば、
>指揮統制上非常に問題です)となってしまいます。
これに関してですが、ソロモン内部に岩盤に接触しない巨大な『宇宙ゴマ』を埋め込まなくても、要塞の中に円型蛍光灯のような形状の施設を埋め込んで
リニアか何かで回転させれば任意の円周部分に人工重力を与えられると思います。
これだと回転体の外側全体で重さを支えるので、独楽のようにして回転するよりは
安定するのではないでしょうか?艦隊の動きにも干渉しませんし、
作る時もシールド工法の応用が利きそうです。
この場合、コロニーでの空には元からある岩盤がつまっているか、無重量状態の施設をつめるか、さらに小さいワッカをエンジェルハイロウのようにいれ込むことが出来ると思います。
 出入りする方法は、確かに2点に限定されますが、人間が寝泊りするところだけ
重力があればいいでしょうし、戦闘中は停止する方法もありますね。

『おいら宇宙の探鉱夫』という出来のいいアニメをご存知でしょうか。
#一見をお勧めします。いろいろ宇宙での物体の動きが楽しめます。未完ですが。
この中に出てくるトータチスにこのような住居区が出てきます。

> ですが、私としては『軍事拠点』である宇宙要塞に、
>それほどまで(中心部をくり抜き、重力発生エリアを設置する)して
>『快適な居住性』を追求するとは、どうしても考えられないのです。
要塞に長期滞在するのであれば、兵の健康状態を維持するため、人工重力施設を設置する方が、かえって軍隊としては正しい選択なのではないでしょうか。
 現在の宇宙飛行士は、無重量状態では、地上での体力を維持するために運動しなければなりませんが、一般的に軍人は民間人以上に筋肉つける必要がありますし。
コンペイトウ内部でカップに注がれた紅茶が出てくるのであれば、そういう施設が有るという傍証になりませんでしょうか。

> 『ミノフスキー物理学』を筆頭として、宇宙世紀世界には数多くの
>『そうでなければいけない物』が存在します。それらのすべてをを否定する事ができない以上
>(人工重力についても『ミノフスキー粒子の特殊効果の一つ』とすれば、
>簡単に解決できるのでしょうが、それじゃ余りにも『味気ない』と、私は思うのです)、
>それらとどう『折り合い』をつけていくのか、それが求められているのだと私は思うのです。
たしかにそうですね。
「映像が間違っている」ではなく、物理法則を曲げずに解決出来れば理想ですね。

●虎ノイさんへ
>0083のニナのセリフなのですが,
>>「………このカップと筆立てをコロニーに見立てます。それぞれミラーを一つずつ失ったコロニーは,
>>重心軸がくずれて,回転に歪みが生じます。」
>>「そうだ,そしてその歪みは増幅され回転の度ごとに大きくなっていく」(3巻p89より)
>思いっきり,「ちょっと違うぞ!」と思ったのですが?
>回転に歪みが生じ(自転に異常)ても,軌道(公転)は変わらんと思うが。
>確かにミラーを切り離すタイミングをうまく調整すれば,二つのコロニーはぶつかるけれど
>(ミラーを放り出した反作用で軌道がずれる)
>ニナが説明した概念では,どう考えてもぶつからないぞ。
>艦長も納得しないで欲しいなぁ,こんな説明で………
私はあまり数学にも物理にも詳しくないので、ひとつ質問があります。
ミラーが切り離されることによりコロニーは、それまでの重心が外側にずれます。
これでコロニーの重心が公転軌道に対して短縮トコロイド曲線をえがくようになりますよね?
ミラー切り離し時の反作用で公転軌道が縮小していく場合、角運動量保存則により
公転速度は増速、最後にはコロニーが中心付近で衝突、
という解釈でいいんですよね?
この時、短縮トコロイド曲線で公転するコロニーの重心が円周軌道に戻ろうとするのであれば、
コロニーが短縮トコロイド曲線で自転するようにはならないのでしょうか。
それであれば、
「……その歪みは増幅され回転の度ごとに大きくなっていく」
は納得できるのですが。

短縮トコロイド曲線がどういう曲線かはここで解ると思います。
http://www.shirakami.or.jp/~eichan/java/java22/cycloid.html


宇宙世紀の生活へ戻る    TOPへ戻る