Web:
Click here to visit our sponsor

巨大兵器のこと(マハルは何処へ?)


伊佐未 題名:びっぐきゃのん子供が撃つのは・・・投稿日 : 99年5月16日<日>23時44分

ガンダムってソーラレイやらコロニーレーザーやらビッグキャノンやら巨大兵器を使って戦争終わらせようって話が多いけど、ZZでは隕石のぶつけ合いだし・・・
 ああいうものって何故皆もたないんだろ?拠点の制圧には使えないし人道的にもいただけないから反発も買うし、追い込まれた時の最終手段というのはわかる。宇宙でしか使えないし、勝ってる時には必要ないからそんな高コストなものつくるより、もっとMSを量産して拠点制圧したほうがいいだろうし
 だけど核ではないが巨大兵器は抑止力にならないのかな?。ミノフスキー粒子が開発されたといっても、結局はMSをつかっての艦隊戦になるわけだから戦場に集結した敵艦隊にドーンってすれば・・・(まさにイゼルローンのトールハンマー)
 
 核のようにいろいろ問題あるでしょうが、連邦とかしょっちゅうつかってますし連邦の管理体制の甘さを考えても、他のコロニーはソーラレイぐらいもっててもよさそうだけど・・・規制があるのでしょうか?
地球圏の制圧を考えているコロニーには、他のコロニーがそんなもの持ったら更にややこしくなるんだろうけど・・バスクみたいにコロニーに攻撃されたら嫌だし、
それに射程の問題はどうなんだろう?
 巨大兵器を持たない理由はなんなんでしょう?


ステッドラー 投稿日 : 99年5月17日<月>13時43分

伊佐未さん
こんにちは。
私見ですが、ソーラレイにせよコロニーレーザーにせよ戦時下ならいざ知らず、
各サイドが平時に建造できるとはちょっと思えません。
でも「逆襲のシャア」でカムランが独断でロンド・ベルに核ミサイルを横流ししているところを見ると、結構秘密に保持しているケースも多いようですね。
巨大兵器は抑止力にならないのかというのは、この世界ではならないのでしょう。まだ性能的にも歴史的にそういう段階ほどではないというか。
やっぱり圧倒的軍事パワーの連邦がニラミを利かせているのとコストの問題が大きいんじゃないでしょうかね。


かつらマン追跡 投稿日 : 99年5月17日<月>20時50分

MG版GP−02Aの解説によれば「運用に膨大な物理的手続きが必要なコロニーや小天体などの質量弾を別にすれば、宇宙世紀においても、最強の兵器は核であった」とありますね。しかし、ミノフスキー粒子の登場で戦略核ミサイルの抑止力ってのはほぼ消失していたんですね。だからMSや戦艦で射程範囲ギリギリ直接目標近くまで接近して砲撃するっていう、戦術核的な運用が基本だった訳です。

コロニーレーザーや質量爆弾ってのは、メチャクチャ手間とお金を要する物なんですね。ブリティッシュ作戦なんて国をあげての大仕事ですよね。ゲッターロボGでいえばシャインスパークぐらいエネルギーを使う手段ではないかと思うんです。
それに地球の周りの石っころは全て連邦が管理してる訳ですし、ソーラーシステムみたいなのも、運用に相当手間がかかる、コロニーレーザーも充填にヒジョーに時間がかかるみたいです。それに比べて核兵器ってのは安上がりで便利な物だったんですね。その核をなんとか抑止兵器として復活させる為にGP−02Aみたいな戦略核を運用できるような機体を開発したんじゃないでしょうか。

それはそうと、地球に5thルナとアクシズなんかをいっぺんに落としちゃって、果たして「お休みしてもらう」程度で済むんですかね?(笑)


伊佐未 投稿日 : 99年5月18日<火>01時27分

私もあの後考えて
連邦の管理下では巨大兵器が作れないのはわかります、ああいったものは戦争状態になって建造できるのでしょう。ソロモンやエンゼルハイロウみたいに・・・
 あるいはアステロイドベルトまで行くとかしなくちゃだめなのでしょう
でも、ア・バオア・クーはよくつくれたな・・・
 コロニーレーザーなんてものは連続発射できないから、コストの割に役にたたないのでしょうが、でもあれがあると大規模な艦隊戦は防げるとは思うんです。いくらなんでも直径6キロのレーザー光線の存在を知っていて、大規模な艦隊を集結させようとはおもえないからです。
 一年戦争では、そういう兵器があるという情報が連邦にもジオンにもなかったからああいう結果になったわけだと思うのですが・・・
ただ現在の核のような抑止力にならないのはよくわかりました。いくら連邦の体制が甘いといっても、ああいうものは核のように極秘には作れないでしょうら・・・作れるのは戦争状態に突入してからでしょうね
 そいいえばガトーソーラーシステムに焼かれたのに生きていたような・・・・


虎ノイ 題名:コロニーレーザーとか投稿日 : 99年5月18日<火>13時19分

話題になっているので,便乗して質問です。
「マハル」は戦後,どうなったか御存知無いでしょうか?

Zガンダムでティターンズの基地になっていた「グリーンオアシス」は
「サイド3から徴発した密閉型コロニーを改造した物である。」
という設定をどこかで読んだ覚えがあるのですが,
ひょっとしたら,「マハル」が改造されて「グリーンオアシス」になった
のでしょうか?
ティターンズも一から造るよりは便利でしょうし,そもそも「マハル」を
そのままに放っておいたら「いつの間にか,ジオン残党に占拠されていた」
なんて事にもなりかねません。
そこで,ルナ2の目と鼻の先に移動させておき,ジオンの高度技術を吸収
しつつ,連邦の技術を加えて改良を重ねていた。というのは,それなりに
説得力があると思うのですが?


ステッドラー 投稿日 : 99年5月18日<火>13時21分

ソーラーシステムってソーラ・レイと違って、焦点を設定しなくてはダメなんですよね?
0083での一回目の照射は接近するコロニーに合わせて全ミラーをコロンブス級を改造したコントロール船で調整していたらしいです。で、それをガトーに沈められたのでコロニーは生焼けになったけど原型は留めることができたと。
2回目のはデラーズの残存艦隊に向けてバスクが腹いせに照射。
どちらの場合もノイエ・ジールを直接狙ったわけではなく、焦点空域から外れた所に存在していたので、なんとか瞬時に蒸発せずに済んだのではないでしょうか。ムチャクチャ熱いでしょうが。(でも全てはガトー少佐の気合いのなせる技っス)


かつらマン追跡 投稿日 : 99年5月18日<火>19時51分

「グリーンオアシス」のグリプス(グリーンノア)Uは「旧式の密閉型コロニーを二基繋げたもの」(「プロジェクトZ」)であり、形状的にもかつての「マハル」とは異なる物の様な気がします。サイド3から接取されたのは、通常の旧式密閉型コロニーの事だと思います。
「マハル」自体は「この技術は戦後連邦軍に接取され、ティターンズによってグリプスUをコロニーレーザー砲に改造する際に再び使用された」(別冊「センチネル」)とありますんで、アレ自体も連邦に接取され、技術的調査を終えた後に解体されたのではないでしょうか。しかし、それこそ解体資材は、グリプス2建造やサイド3で行われた「コロニー再生計画」に流用された可能性も否定できないです。


伊佐未 投稿日 : 99年5月18日<火>20時52分

Zガンダムの第一話でシャアがグリーンノアをみて、「ジオンの寄せ集めで作ったコロニー」といっておりました。
マハルの解体資材がグリーンノアの一部として使われた可能性は大いにあると思います。


nuts 題名:マハル 投稿日 : 99年5月18日<火>23時46分

>グリプスとマハル
外観的に、やはり別物だと思います。周りのミラーが流用されたり
した可能性はありますが、コロニーそのものは形が違いますし、旭屋
フィルムコミック巻末によれば、マハルコロニーのサイズは直径6・4
キロ、全長32キロです。全長と直径の比率は5対1で、グリプスの
設定画と比べると、ちょっと違う感じがします。
 また同書によると、マハルは空気を抜かれ回転を止められ、内壁に
アルミニウムが張られ、さらに電界発生装置やら電子ビーム砲やら
が設置されるという大改造を受けています。これを、サイド7まで
運んだ上で、他の密閉型コロニーと繋げて、工場として建設し直す
というのは大仕事です。さらに、工場として使った上で、再び
ソーラレイに改造し直す、というのは一貫性に欠けると思います。
 もし初めからソーラレイとして使用する目的ならば、工場として
使用したりせず、初めからソーラレイにしている筈だからです。

 Zの「ジオンの寄せ集め〜」という台詞は、2基の中古密閉コロ
ニーをつなぎ合わせた事実を指したもので、解体資材から組み立て
直した事を指すのでは無いと思います。もちろん、マハルの廃材の
一部が使用された可能性は否定できませんが、グリプスの基本とな
ったコロニーは、2基ともマハルとは別物だと思います。
 マハルを短く輪切りにした上で、他の「元から短い」コロニーと
接合して、グリプスにした・・・と考えられなくもないですが、
とりあえずマハル=グリプスと書かれた資料が無いので、「明確
に否定できる根拠がない」ぐらいに留めておいた方が無難かも
しれません。


桑衝去場 題名:グリプスの少女ハイジ(^^;) 投稿日 : 99年5月19日<水>02時48分

>この技術は戦後連邦軍に接取され、
>グリプスUをコロニーレーザー砲に改造する際に
>再び使用された
かつらマン追跡さんからの(別冊「センチネル」)の記述から察するに

敢えて改造していると言うことは、グリプスUは元々コロニーレーザー砲(マハル)では無かったという事になると思いますが、この“再び使用された”というのが「技術」のみに掛かるのか「資材込み」なのか気になるところですが「電界発生装置やら電子ビーム砲」くらいは勿体ないから再利用したのかもしれませんね。


宇宙世紀の科学技術へ戻る