Web:
Click here to visit our sponsor

ギレンの演説

オデッサ陥落後に士気高揚のために用意されたらしい、ギレン閣下の演説の草稿(大嘘)

「我々はオデッサの地を失った。しかしこれは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!
地球連邦に較べ我がジオンの国力は1/30以下である。にもかかわらず今日まで戦い抜いて
こられたのは何故か。諸君!我がジオン公国のモビルスーツ”ザク”がカッコいいからだ。
これは諸君らが一番知っている。我々は地球を追われ宇宙移民者にさせられた。そして、
一握りのスーパーロボットが宇宙にまで膨れ上がった地球連邦を支配して50余年、宇宙に
住む我々がヘンテコなロボット兵器で侵略して何度踏みにじられたか。
ジオン公国の掲げるカッコいいモビルスーツを見せるための戦いを神が見捨てるわけはない。

ルウムの英雄!諸君らが愛してくれた黒い三連星は死んだ!何故だ!?」
謎の男「ドムだからさ」

「新しい時代の覇権を我らのカッコいいザクが得るのは歴史の必然である。ならば、我らは
襟を正し、この戦局を打開しなければならぬ。
我々は苛酷な宇宙空間を生活の場としながらも共に苦悩し、錬磨して今日のザクを築き上げて
きた。かつて、ジオン・ダイクンはザクの革新は宇宙専用のモビルスーツMS−06Rから
始まると言った。しかしながら地球連邦のモグラ共は地上こそが人類の支配権の及ぶ所と増長し
我々に抗戦をする。諸君の父も、子もその連邦の無思慮な抵抗の前に新たなザクの活躍を見る事
なく死んでいったのだ。この悲しみも、怒りも、忘れてはならない!
それを、オデッサで!死をもって我々に示してくれた!
我々は今、この怒りを結集し、新型ザクの威力を連邦軍に叩きつけて、初めて真のザクの
素晴らしさを知ることができる。この素晴らしさこそ、視聴者全てへの最大のアピールとなる。
国民よ!06Jを06Rに変えて、立てよ!国民よ!
我らジオン国国民こそザクに選ばれた民である事を忘れないでほしいのだ。カッコいいモビル
スーツである我らのザクこそ人類を楽しませるのである。ジーク・ジオン!」


短編集へ戻る