Web:
Click here to visit our sponsor

コロニー・地球間の旅費は?〜通貨問答


ネタふり 投稿者:lapiz  投稿日:04月08日(木)03時52分33秒

お待たせしました(爆)

お題:「コロニー・地球間の旅費はいくらぐらい?」
物価や貨幣価値が違うから、と言ってしまえばそれまでですが、単純にイメージとしてどれくらい
なんだろうか?と思ったので。当然、地球→コロニーの方が高そうですよね。だって、大気圏突入
より脱出の方が大変ですから。マスドライバーとかHST(逆シャアで出てきたやつ)の分とか。
んで、宇宙での航行は慣性飛行が入るので、プロペラントの必要量から推測するのが難しいですね。
隣のコロニー(間100km?)までなら30000円くらいでいけそうですけど。(便宜上、円
で考えていただければ幸いです^^;)地球までの約30万キロはどうなんでしょうか?
雲を掴むような問題かも知れませんけど、どうかご意見お聞かせ下さい。m(__)m


旅費 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月08日(木)21時41分33秒

これは,以前に奈々篠仮太郎さんのHPでも似たような質問があったはずって,(注
質問していたのはlapizさんでしたね。(^^

まず,判っている宇宙世紀の通貨を円に換算。
リボーコロニー〜フランチェスカコロニーのチケット代金が520ハイト。
宇宙港のロビーで飲んでいたお酒(らしいもの)が3ハイト5クール。
そして,ドロシーが買った階級章のニセ物が1クール。
クール>ハイトが単純な10進法だと考える(10クール=1ハイト)と,
フランチェスカへのチケット代金は,お酒の150倍程度。
おもちゃの階級章の5200倍。
酒代を仮に1000円程度とすると,おもちゃは30円程度。
チケット代は15万円くらいになります。
1クールの価値をこれ以上下げたくはないので,この程度と考えます。

さて,フランチェスカは同じサイド6の中です。
コロニーの遠心力を利用して推進剤を節約して移動が可能です。(時速約600kmですね。)
私は,コロニーの間の空間はもっと,1,000km単位で空いていると考えていますので,
旅行に要する時間は数時間から十数時間と考えています。
数時間の間に消費される酸素や,機内のサービス等の価格としては
15万円は妥当な金額だろうと考えています。

対して,地球>宇宙はどうなんでしょう?
人間が乗っている以上,マスドライバーでドカンはあり得ませんし。
移民者は地上から飛行機で,アウドムラみたいな輸送機(超高空にいる)に
乗り込み,そこから,シャトルで大気圏を離脱,宇宙へ,
低軌道から月軌道へは専用の連絡船で,というのが普通でしょうか?

ここから先の38万kmは,どれだけの速さで移動するかによって,
値段が決まってきそうな気がします。
お金があるなら,推進剤をどんどん使う高速船で。
貧乏だったら,地球名産の貨物(鉱物資源とか)と同梱されて
のんびりとか。
でも,あんまり時間がかかるのも酸素を消費しすぎるので駄目かな?

ちなみに「密会」によると,宇宙移民者は「地球>コロニーの旅費」を
親子孫の3代に渡るローンで支払う義務が負わせられたとか。
日本の住宅ローンの比ではないな。
現代の貨幣価値に換算すると数千万円以上?

注)奈々篠仮太郎さんのHP「空想科学要塞研究所」 ウチのリンク集からも行けますので、ご参照下さい。


男 ドあほう幼稚園 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月09日(金)01時35分09秒

lapizさんへ
>お題:「コロニー・地球間の旅費はいくらぐらい?」
この手の宇宙世紀の生活なんかを考えるネタは楽しいです(^^)

虎ノイさんへ
>「密会」によると,宇宙移民者は「地球>コロニーの旅費」を親子孫の3代に渡るローンで支払
>う義務が負わせられたとか。
「密会」は未読なのでよく判らないんですが、これってコロニーへの旅費だけなんでしょうか?
まあ、宇宙世紀でも移民初期の開拓時とコロニーの経済が安定して、各コロニー間での物資流通等
の交通網が整備された状態では、かなりコストも変わってくるでしょうし、宗教の話の時に上げた
「ベルトーチカチルドレン」には、「宗教流行りにより多くの若者が巡礼旅行に地球を訪れる」と
いう描写もあるので、数千万円ではチト厳しいかと(^^;)
あと「逆シャア」では定期便シャトルが運行してたようですし、クエス達が乗った「天鹿」の設定
画には「龍飛航空公司」と書かれており、シャトルの運営はコロニー公社みたいなところが官営で
やっていたとすれば、どこかの旧国営鉄道みたいに税金をあてにして平気で赤字経営してたかもし
れないですから(笑)
せめて海外パックツアーより高い(百万円?)程度でないかなぁと思うんですが?
「閃ハサ」のハウンゼンなんて高級スペースシップは、それこそ豪華客船並でしょうけどね。


ちょっと 投稿者:lapiz  投稿日:04月09日(金)02時34分07秒

意見ありがとうございます。理系の問題よりもこういった現実的なものの方が面白いですよね。

>虎ノイさん
通貨の計算方法はそれで妥当かと思いますが、コロニー間の距離のところに少しツッコミを。
F90Lタイプのプラモ解説のところに、L型が装備しているロングライフルの射程距離はおよそ
100kmで、これはコロニー間の距離に相当する、っていう記述があったんです。もちろん、コロ
ニー間の距離なんて全部同じとは限らないですけど。ま、今回はコロニー間の距離ではなくシャト
ルの航行距離が問題ですから、それは置いておきましょう。(じゃあ言うなって^^;)

慣性航行の関係上、単純に距離に比例して旅費が高くなるとは考えられませんね。(ですよね?)
推進剤ふかしまくりのシャトルが例の「ハウンゼン」みたいな高級機で、そうじゃないのが普通の
か貨物船便乗型か。シャトルくらいなら空気は超小型バイオスフィアみたいなのを使えば、時間
ほどにお金はかからないのでは? あれは未来の半永久酸素タンクだと思っているんですけど。

>人間が乗っている以上,マスドライバーでドカンはあり得ませんし。
逆シャアでの「天鹿」とか、VGで出てきたやつとかはマスドライバーでしたよ? もちろん、
マスドライバーの本来の目的から考えれば、その呼び方はもはや『総称』として使われている
ものでしょうけど。成層圏からロケットでいくよりもHSTで打ち出した方が絶対効率的だと
思うんですが・・・。ちなみにHSTとは「天鹿」が使ってたブースターベッドみたいなやつ
です。日本語では“水平離陸発射機”だそうで。たぶん現実でも考案されているものじゃない
かと思うんですが。


さらに 投稿者:lapiz  投稿日:04月09日(金)02時59分42秒

地球←→コロニーのシャトル便にはいくつかのタイプがあって・・・。

@通常の旅客機。民間・公社・半官半民どれもあり? 民間は高いけどサービスよし。
A特別保護区への往来が認められている人たち。宗教的な巡礼とともに、環境監査員などにも適用
 される。かなりの割合で公金の援助や“保険”みたいなものが効く。
B政治家・富豪専用機。大金が必要だがほぼ直通で行けてむちゃ速い。

ポイントはAであって、こういった形のものが無ければ、例え100万ちょっとでも辛いんじゃな
いかなぁ、と思います。不正の温床になるかも知れませんが・・・・

>虎ノイさん
>1,000km単位で空いていると考えていますので,
とありますが、結局何キロで計算したんでしょう? 1000kmですか?
1000kmで数時間から十数時間ではちょっとかかりすぎなのでは?
だいたい大阪から札幌ぐらいまでの距離ですけど、今の飛行機でも2時間かかりませんよ。


コロニー間の距離 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月09日(金)13時14分37秒

コロニーの長さはオニールの島3号で約32kmとされています。
(さらに大型のものも存在するような事も何処かで見たような気がする。)
また,ミラーの取り付け角度は概ね30度程度(サイド7画像)のようです。
つまり,コロニーのミラー先端部分の回転半径は約20kmです。
(ついでに,ミラー先端の回転速度はマッハ3程度となります。)
こんな高速で回転する直系40kmの物体の距離が100kmとは近すぎる気がします。
lapizさんの言われる「コロニーの間隔100km」とは,ジャイロ効果を打ち消すために,
対になっているコロニーとの間の距離ではないかと思うのですが………

私のイメージするサイド
地球くらいの広さの空間に,数十基からのコロニーが浮遊している。
というのが私の感覚でしたが,まっとうな科学情報によれば,

>ラグランジュ点のうち3つは地球と月を結ぶ線上にあり, 地球と月の間を
>第1ラグランジュ点LI(サイド5ルウム),月の裏側の点をL2(サイド3ムンゾ/ジオン公国),
> そして月からみて地球の裏側の点をL3(サイド7ノア)と呼ぶ。
>残りの2つのラグランジュ点は,地球と月の公転軌道面内で, 地球と月を
>頂点とする正三角形のもう1つの頂点の位置にあり, 月からみて公転軌道前方を
>L4(サイド2ハッチとサイド6リア), 公転軌道後方をL5(サイド1ザーンと
>サイド4ムーア)と呼ぶ。
>L5(エルファイブ)などに設置されたコロニーは, 実際には地球と月以外にも
>太陽からの力も受ける。 その結果,地球,月,太陽,そして(質量の無視できる)
> スペースコロニーの相互関係は,制限4体問題に帰着する。 この制限4体問題は
>解かれていて, コロニーはL5のまわりを楕円に近い軌道を描きながら,
>89日の周期でゆっくりとまわることが知られている。 この軌道の全長は
>80万kmもあるので, 軌道上には数千基のコロニーを建設できるだろう。
(大阪教育大学・天文学・福江先生のページ・「ブリティッシュ作戦−コロニー落としの力学−」より)
 URL
http://quasar.cc.osaka-kyoiku.ac.jp/~fukue/POPULAR/98sf/colony/colony.htm

との事なので,思ったよりも広い範囲に散らばって存在しているようです。
同じサイドでも,遠距離の場合は加速・減速に推進剤を必要とするのでしょう。

この,全長80万kmの軌道を仮に真円とすると,半径約13万km(月軌道径の1/3)。
よくある「コロニーの位置関係の図」等で,L4・L5のサイドの軌道径は
大きすぎるんじゃないかと考えていましたが,デフォルメでも何でも無かったのですね。

ところで,この福江先生のHPは,ちょくちょく参考にさせていただいています。
(どっかの変なガンダム雑誌より,よっぽど役に立つ。)

>時代設定
これは,確かに重要ですね。
宇宙植民が始まった当初と,ミノフスキー物理学応用の核融合炉が,
利用できる熱核ロケット宇宙船では,運用コストは全く違ったものになる
(それこそ,ガレー船とディーゼルエンジン船くらいに)と,思います。
それに,移民初期の代金には確かにコロニー建設のコスト(+宇宙移民計画に
要した全てのコスト。地上宇宙港の整備費用とか)も含まれていたと思います。

それで,以下「虎ノイ暴走モード」
宇宙移民者には,コロニー建設に要する費用の外,地球からの旅客の費用も負担する
義務が課せられていた。さらに,コロニーの維持管理に必要な経費も支払う必要があった。
これは,各コロニーから税の形で徴収された。
問題は,コロニーの維持管理に要する費用の積算が不明瞭であった点であった。
移民計画に基づいて,次々と建造されるコロニー群。これを建造するにあたって,
既移民者にも「利用可能な施設の建造に要する費用」として,維持管理費に上乗せされて
請求される状態が続いた。(高速道路の料金が一向に下がらないのと同じ理屈)
新規移民がほぼ完了しても,なお維持管理に要する経費の請求は続いた。
それは,コロニー間の交易を管理する施設の建造であったり,コロニーの治安維持を目的
とする費用であったり,コロニーを防衛するための要塞建設のための費用,コロニー防衛
艦隊の建造であった。
何のことは無い。コロニーは自分たちの独立を阻止するための費用を,
自ら支払い続けさせられていたのである。


脱線ついでに 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月09日(金)13時19分26秒

どうも済みません。脱線しまくりでした。

ただ,「宇宙の交通網が整備されたため,宇宙旅行は格安になった。」ていうのは,
「その宇宙交通網を整備するためのコストはいくらかかったのか?誰が払ったの?」
を無視しては語れないことだと思います。

昔,考えたネタ
「月面に架けるマスドライバー」
ジオン軍が管理していた月のマスドライバー施設(ジオン徴用前は民間の輸送施設)
が連邦軍の自殺的ともいえる奇襲反撃に遭い,破壊されてしまった。
地球上の大都市への隕石攻撃を再開するためには,これを修理させる必要がある。
そのために連邦技術者の捕虜が連れてこられた。
ジオン司令部の要求する日程(南極条約調印までに直せなくては意味がない)
に間に合わせるため,苛酷な労働が続き,次々と倒れていく連邦軍捕虜達。
そして,期限ぎりぎりにマスドライバーは完成する。。
しかし,捕虜達の通報により襲来した,連邦軍特殊任務部隊の攻撃により施設は
完全に破壊されてしまう。(テーマソング:もちろんクワイ河マーチ) (^^;


UC00XX年 宇宙の旅 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月10日(土)01時53分00秒

lapizさんへ
>理系の問題よりもこういった現実的なものの方が面白いですよね。
私、コノ手の生活臭いネタって大好きなんですよ(笑)
宇宙世紀でも現代と変わらない人の営みがあり、血の通った現実の生活があるわけで、
言語とか宗教や科学文明ってのもその一部分ですから、そう言うところをほじくり返して考える
のがココのサイトの主旨なのです。

虎ノイさんへ
>「その宇宙交通網を整備するためのコストはいくらかかったのか?誰が払ったの?」
>を無視しては語れないことだと思います。
>暴走モード〜
>どうも済みません。脱線しまくりでした。
いえいえ、仰る通りだと思います。
政治家や官僚さんのやることなんて、過去も未来もたいして変わらないと思いますから、
lapizさんが書いたように不正の温床にもなりまくってるんでしょうね、
宇宙開発やスペースコロニーの建設ともなれば、海千山千のUCのゼネコン各社がしのぎを削る
受注合戦で贈収賄の雨嵐、巨額のブラックマネーが政治家や官僚の懐に転がり込んだ事でしょう。
これらも結局は全て民衆の血税で賄われるのでしょう。

巡礼にしても、考えてみれば熱心な信者さんともなれば借金こさえてでも行くでしょうし、若者達
に一目聖地を拝ませたいと献金や募金も集まるでしょう、 仮に旅費は安価であったとしても、
地球に待ちかまえているのは連邦政府お墨付きの連中ですから、やれ拝観料だの霊験あらたかな
土産物だのと散々財布を開かされ、結局は高いモノに付くのかもしれません(^^;)
やはり、スペースノイド達は連邦の官僚どもに搾取され続けるのですね(涙)

>「月面に架けるマスドライバー」
面白そうですねコレ(笑)

nutsさんへ
>観光コロニーが幾つもあるみたいですし(テキサス、モルガルデンなど)
>これらのコロニーが存続する為には、ある程度、一般市民にも利用可能な額だったと思います。
そうですね、観光コロニーへの旅行ってどの位の感覚なんでしょうね?
@家族で郊外へピクニック
A家族で東京ディズニーランド
B家族でハワイ旅行
どう思われます>ALL
ちなみに起点は岩手の私の家からとします(爆)


ディズニーランド行ったことない(行きたいとも思わない) 
投稿者:lapiz  投稿日:04月10日(土)02時45分41秒

アンチディズニー根性で書いてみました。(^^;<題名

>そうですね、観光コロニーへの旅行ってどの位の感覚なんでしょうね?
>@家族で郊外へピクニック
>A家族で東京ディズニーランド
>B家族でハワイ旅行
>どう思われます>ALL
結局は金額の問題で、Aなんかどのくらいかかるんでしょうか?
それに観光コロニーといっても、サイド1からサイド6に行くのとサイド5に行くのとでは全然
違ってきますし・・・。ま、隣のサイド(S1→S6)くらいならAなんでしょうか・・・?


あ、別に枚方パークでも良いんですが(^^) 
投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月10日(土)23時42分13秒

設問がアバウト過ぎましたね(^^;)

要するに、宇宙世紀でのコロニー間交通というのは、どういう感覚なのかって話で
交通機関が発達するに連れて、世界は狭くなったとよく言われますが
宇宙世紀ではこれが地球圏規模に拡大されているわけで、
隣のコロニーへの移動は、現代で言えば、東京〜横浜間とか、京都〜大阪間くらいの感覚だとか
東京〜九州or北海道くらいか、はたまた海外へ行くような感じなのかなと?

>結局は金額の問題で、Aなんかどのくらいかかるんでしょうか?
ちなみに、交通費だけだと、新幹線利用で大人一人片道12.680円(所要時間4時間21分)
枚方パークまでだと、飛行機利用で27.780円(所要時間5時間5分)ですね。by駅すぱーと(笑)


観光コロニー2泊3日3名様 投稿者:nuts  投稿日:04月11日(日)00時12分00秒

ラポートのガンダム大事典に、開放型コロニーと、佐渡島の面積の比較が
載っていますが、ずいぶんコロニーは狭そうですよね。あの狭いところに
詰め込まれて、毎日同じ風景を見ていると、普通の人は退屈すぎて精神を
病んでしまうかも知れません。となると、風光明媚なモルガルデンや、
海コロニー、または悪趣味なタイガーバウムなどにも行きたくなるのが人情
ですよね。一般的な中流階級のスペースノイド一家が、年に2〜3度出来
る息抜き、といった感覚で観光コロニー巡りが定着しているのでは?と
思います。
 もしかすると、スペースノイドにとって、観光コロニー巡りは多少お金
がかかっても、絶対に外せない重要ポイントかもしれません。今の我々な
ら躊躇するほどの金額がかかったとしても、背に腹は代えられず払ってし
まうかも。逆に今の我々は、スペースノイドから見たら変な所にお金をか
けているかもしれませんよね(高級車とか、通勤にかかる定期代とか)。
ですから、感覚としては千葉や埼玉の住宅地〜箱根、熱海ぐらい、金銭的
には日本〜近場の海外ぐらい、といった感じかもしれません。勝手な推測
ですいません。


こういう所は大概昼メシがマズいのです。 投稿者:かつらマン追跡  投稿日:04月11日(日)00時18分52秒

小説版では「北米西部の景色に擬せられた大平原と山々が造られて、牛の
群れと幌馬車とカウボーイがいたのである。宇宙の人々はそこでキャンプをし
馬に乗り、ミシシッピーの河下りを楽しんだ。」とありますから、そこから推して
察するべしといった感じでしょう。・・・ってだからどんなんだ?@+Aって感
じっスか?「伊瀬戦国時代村」とかそんなもんか、それのもっとデカイ版。
Bクラブ別冊「0080」には「リゾートコロニーは珍しくなく、多数存在していた」
とあるので、わざわざ遠出してまで行かないといけないとって事は無いと思い
ます。北海道には石原裕次郎記念館、千葉には東京ディズニーランドがあるって事でしょう。・・・
いや、アレはよそから観光に来る人用か?(笑)


そそ 投稿者:lapiz  投稿日:04月11日(日)01時15分02秒

色々見ていくと、隣か向こうのサイドかは別として、「観光コロニーに旅行に行く」というのは
そんなに無茶苦茶贅沢なものではないと言うことでしょうか。
安いホンコン旅行くらいの感覚?もちろん旅費だけの話で、現地でブランドものを買い込むとか、
そう言うのは計算外ですよ。(^^; でも、宇宙世紀でも相変わらずあるんだろうなぁ、そう言うの。
ニセモノとかいっぱい出回ったりして。

こうやって考えていくと、わりと今の世界の感覚でオッケーなのかも知れません。地球に降りたり
そこから上がったりを含めると、もうちょっと高い感覚になるんでしょうけど。各コロニー間を
行き来するのは、今現在で世界中を飛び回るくらいの感覚なんじゃないでしょうか。隣なら安い
し、地球の裏側=対角線先のサイドだと高い。みたいな感じで。


リゾートとは? 投稿者:かつらマン追跡  投稿日:04月11日(日)09時40分25秒

「マクロス」の第37次超長距離移民船団(これは、まんま民族大移動コロニー群
+護衛艦隊と考えて下さい)の中には、リゾート艦「リヴィエラ」なる船が登場します。
そこでのリゾート施設内は、言ってみれば海水浴場レベルの「宮崎シーガイヤ」
みたいな感じでした。
「おぼっちゃまくん」にもリゾートトレーラーなる物が登場しましたが。


リゾート 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月11日(日)23時52分00秒

そもそも,庶民がリゾート地に休暇を取って旅行するというのは近代になって
から出来た習慣だと思います。

確か,ヒットラーが
「国内各所にリゾート地を設営し,そのための列車を走らせ,貯蓄を奨励し
(バカンス旅行のための積立預金があったらしい)高速道路網を整備,また
自家用車を生産(これは大戦により中断)するなどして,国民の余暇までも
国家管理(全ては国民の勤労意欲を増進させるため)しようとしていた。」
との記述を何処かで読んだような気が………。
ヨーロッパ人が夏休みにワゴン車に大荷物を積み込んで,バカンスを楽しむ
ためにリゾート地に行くってのが,ヒトラーの政策から来てると考えると,
ちょっと,考えるものがあります。

地球連邦政府も宇宙移民者に「パンとサーカス」を与えるために各サイドに
リゾートコロニーを作ったのでしょう。
ただ,これが「年に一度の大イベント」か,「4半期毎に違う場所へ(8月
の休みは海のあるコロニーへ,12月の休みは雪山のあるコロニーへ)」か
は,お金がどのくらいかかるのか?どのくらい混雑するのか?を考えないと
前に進みませんね。

あ,今はどのくらいかかるか?を考えているんだったっけ。


(無題) 投稿者:lapiz  投稿日:04月12日(月)04時09分12秒

「年に一度の大イベント」or「4半期毎に違う場所へ」も、結局は近くにリゾートコロニーがある
か無いかの違いで一概に決めつけられませんねぇ。
僕らが本場のディズニーワールドへ行くとなれば、『年に一度』以上でしょうが、米国に住んでい
る人とか、ディズニーワールドの近くに住んでいる人とかではぜんぜん違ってきます。
要するにリゾートが近くにあるような比較的都会なところにいるか否か。が、コロニーではそうし
た“ばらつき”がないように各地にリゾートコロニーを散らしているんでしょうか。だとしたら、
『あのリゾートコロニーが良い』などと指定しない限りは、『比較的安価』と言うことになります
ねぇ、必然的に。でも、そうでないとしたら・・・?
ただ一つ言えることは、『地球へのバカンス』は年に一度どころではない超一大イベントというこ
とでしょうか?


観光客,少ないぞ。 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月12日(月)12時37分39秒

小説版・II巻でレビル将軍が
「………夏季ヴァカンスのことを考えたまえ。かつて,テキサス・コロニーは
一か月に50万の観光客を受け入れたのだよ。……」(角川版・P86)
等と言っていました。

同じ規模の観光コロニーがサイド5に10基あるとしても,年間6000万人
程度,一つのサイドの人口はおよそ10億人だから,コロニー観光が出来る人
の数は6%,これって庶民には「高嶺の花」なのでは?

それとも,休暇をとって,どこかへヴァカンスという習慣はすたれてしまい,
ヴァーチャル旅行(トータル・リコールのアレ)で満足しているのか?

もっとも,
「0078.2 コロニー間の輸送事故頻発」なんて設定があるので,
将軍が参照した人数はちょっと少なかった年の記録で,別の年にはもっと多い
観光客が押し寄せた事もあったのかも?(テキサス・コロニー開園記念とか)


う〜ん、6%ねぇ 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月13日(火)00時18分16秒

皆々様、宇宙世紀の観光問題 多数のご意見、真にありがとうございますm(_ _)m

当「REWLOOLA」では、設定の無いものに関しては想像力で補い、説得力で勝負(笑)なのですが、
設定及び記述の存在するモノに関しては、極力尊重する方針ですので、
(最近、私が勝手に決めたルールなんスけど)

虎ノイさんからの
>「………夏季ヴァカンスのことを考えたまえ。かつて,テキサス・コロニーは一か月に50万の
>観光客を受け入れたのだよ。……」(角川版・P86)
でトドメって感じですか?
6%といえば、丁度、先頃放送された「ちび丸子ちゃん」のエピソードで、
クラスメート(おおよそ40人強)中、春休みに旅行に行って羨ましがられた
花輪君→ホンコン 城ヶ崎さん→ハワイ たくちゃん(だっけ?)→九州の三人に相当する
数字ですので(って、どういう例えだ)やはり、庶民には高嶺の花でBって事ですか?

>「0078.2 コロニー間の輸送事故頻発」なんて設定があるので,
>将軍が参照した人数はちょっと少なかった年の記録で,別の年にはもっと多い
>観光客が押し寄せた事もあったのかも?
これは、「コロニー間の輸送が」でなく「事故が」頻発したと言う事でしょうから
相対的な事故発生件数が多かったと考えられますので問題ないかと思いますが?
{コロニー単独での完全な自給自足というのは考えにくいので、(例えばサイド1は精密機器と
乳製品が主な輸出品目で有ったとか)各サイド及びコロニーに特産品なんかは有るでしょうから、
物資輸送は頻繁に有ったのかもしれませんけど}

>バカンスを楽しむためにリゾート地に行くってのが,ヒトラーの政策から来てると考えると,
>ちょっと,考えるものがあります。
そういえば、近代オリンピックの演出もゲッペルスがプロデュースしたんですよね(^^;)

>lapizさん
>『地球へのバカンス』は年に一度どころではない超一大イベントということでしょうか?
地球への降下には連邦政府からの許可が必要だと考えられますので、
結構大変な事だったんでしょうね。

>宇宙世紀でも相変わらずあるんだろうなぁ、そう言うの。
>ニセモノとかいっぱい出回ったりして。
ありそうですねぇ
ほんで究極の偽ブランドが、あの「ララアのモビルアーマー」とか(爆)

>かつらマン追跡さん
>「伊瀬戦国時代村」とかそんなもんか、それのもっとデカイ版。
カウボーイとくれば日光ウエスタン村でしょう(笑)

>lapizさん&かつらマン追跡さん
>わざわざ遠出してまで行かないといけないとって事は無いと思います。
>北海道には石原裕次郎記念館、千葉には東京ディズニーランドがあるって事でしょう。
>要するにリゾートが近くにあるような比較的都会なところにいるか否か。
やっぱり、特定の人気観光コロニーってのは有ったんでは無いでしょうか?
ウチのガキも「田舎の遊園地じやなくて、ディズニーランドへ連れて行け」とうるさくて(^^;)
(所帯じみた話ですみません)

>nutsさん
>あの狭いところに詰め込まれて、毎日同じ風景を見ていると、普通の人は退屈すぎて精神を
>病んでしまうかも知れません。となると、風光明媚なモルガルデンや、海コロニー、
>または悪趣味なタイガーバウムなどにも行きたくなるのが人情ですよね。
つくば学園都市も出来た当初は娯楽施設が無くて、自殺者が多かったって問題になってましたから
かつらマン追跡さんが述べた「マクロスのリゾート艦」が必要だったように、
観光コロニーって本来そう言った目的の娯楽施設ですよね。

にしても、6%は少ないですねぇ
上記のレビル将軍の言葉だと、どうも大層な数だというニュアンスに取れるんですが、
連邦軍人故の認識不足というヤツでしょうか?


まだ 投稿者:lapiz  投稿日:04月13日(火)01時08分32秒

>同じ規模の観光コロニーがサイド5に10基あるとしても,年間6000万人
>程度,一つのサイドの人口はおよそ10億人だから,コロニー観光が出来る人
>の数は6%,これって庶民には「高嶺の花」なのでは?
このレビル将軍のセリフの数行前に、コロニー1基の人口は500から1000万とあります。
すくなくとも、この小説内の設定ではそうなのですから、サイド1つの人口が10億なら、
サイド1つ辺りのコロニー数は約140基ほど(平均人口700万で計算)と言うことになります。
140基中の10基というのはというのはどうでしょう・・・・このくらいですかね?

そもそも、『観光コロニー』を唱っているのに月50万って少なすぎますねぇ。これは一年戦争
前後の時代の話であって・・・・と思いたいです。納得行きません。(^^; 第一この小説自体
特異なものですし・・・。一日に1万6千人くらい・・・・ディズニーランドって一日平均どの
くらいの客が来るんでしょうか?こんなもんなんでしょうかねぇ・・・。


観客動員数? 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月13日(火)13時01分29秒

ディズニーランドは2億人達成に14年ばかりかかっています。
1日平均4万人弱。(120万人/月)
でも,開園当初は1ヶ月に1千万人とか言っていたので,どんどん増えているんでしょうな。
現状では2千万人/年(160万人/月>1日平均6万人弱)の規模でしょうか。

ただ,ディズニーランドと,テキサスの観光ツアーでは,内容にかなりの違いがあるので
あまり参考にはならないかも?
テキサスの観光というと,大自然(作り物だけど)の中でのキャンプ・ツアー
(映画シティ・スリッカーズとか)のイメージがあって,あんまり大人数でゾロゾロって
感じじゃないですね。


でぃずにー 投稿者:lapiz  投稿日:04月13日(火)16時28分14秒

2千万人/年で、日本をひとつのサイドとすると、一年間にディズニーランドへ行く人の割合は、
やく15%になるますね。規模のずっと小さいディズニーでこれなんですから、テキサスの6%
は案外妥当な数字じゃないですか?

観光コロニーどうのこうので思ったんですが、観光専用コロニーってことは、行政はそこには存
在しないんでしょうか?つまり居住者はいないということです。いてもそれは遊園地で住み込み
働きしてる人と言うことです。
でもですよ。そうした専用コロニーがたまたま近くにない“穴場”があって、そこのあるコロニ
ーが、「うちに遊園地などの観光施設を整えてやれば客が来るんじゃないか?よし、うちの主産
業を観光にしよう!」ってな具合で、もともと専用コロニーじゃなかったところが観光色を強く
していくことは必然としてあると思うんです。で、そうしたコロニーは観光コロニーでも専用で
はなく、当然規模もディズニーランドに対する地方遊園地(?)ぐらいになって、もっと気軽に
行けるんじゃないでしょうか?つまり、観光コロニーと一口に言っても2種類あると・・・。
比較的高級なのと、安価なのと。イメージとしては、近場の遊園地に行くか、ディズニーに行く
かの違いでしょうか?

こうしたものも含めれば、1サイドに10基ではなく、もっと多くして計算できるはずです。
どうでしょう・・・?


まちがい 投稿者:lapiz  投稿日:04月13日(火)16時48分55秒

書き込み、なんかおかしい・・・(^^;
>規模のずっと小さいディズニーでこれなんですから、
ではなく、“テキサスよりお金のかからない”ディズニーでこれなんですから・・・・
ですね。規模というのはかかるお金のことで、大きさではありません。おおきさなら、
小さい方より大きい方が客少なくては矛盾してますよね。(^^;
うーん、ディズニーの人口密度とテキサスでは、後者の方がずっと低いイメージなんで、
大きくても客数は少ないんじゃないかと・・・・。あれ?なんかおかしい???(^^;;;

とにかく、言いたかったのは、『観光専用コロニー以外の観光施設』は一杯あるという
ことで、1サイド10基をもうちょっと増やして計算できるんじゃないか、と言うこと
です。んで、6%を15%ぐらいに増やせないものか、と。


1サイドに10基 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月13日(火)18時54分53秒

なんだか,6%の数字が一人歩きしているようですが,
私の提言で根拠があるのはあくまで,「テキサスで月に50万人」です。
1サイドに観光コロニー10基という数は私の適当な憶測に過ぎません。
しかも,「住民の居ない(少ない)観光専用コロニー」のつもりですので,
観光客全体の数を計る目安とするには,根拠は薄いと思います。

サイド6に,”私の願いに反して”ビルが林立しているのは,
同じコロニー内に歓楽・保養の施設面積を確保するためかもしれません。
「狭い居住空間(日常の世界)」を,わざと住民に提供しておき,
相対的に「広い歓楽・保養施設(非日常の世界)」で,遊ばせて,
勤労意欲を増進させるために。(観光は景気の原動力とか)

というわけで,それなりの規模のコロニーのほとんどには,
観光・保養施設があり,その中でも他には無い特徴的な施設には
他のコロニーからの観光客もそれなりに訪れているかもしれません。

また,テキサス(島3号)クラスでなくても,宇宙開発初期の島1号や,
島2号等の小型旧式コロニーも改造(コスト安そう)されて商業利用されて
いたかも?収容能力は低くても,金持ち相手のリゾートなら,プライバシー
が保護されると言うことで,逆に都合が良いでしょう。(定期観光船は出て無くて,
個人のヨットとか,チャーター船でしか入港出来ないとか。)

以下暴走モード
「製薬メーカーであるインジェン社は,観光事業に出資することとして,
コロニー公社から島1号(球形)コロニー「サイトB」の払い下げを受けた。
遺伝子治療薬の研究で得られた成果を元に,地球上では既に絶滅していた
動物(ところで,コアラは大丈夫なのだろうか)を復活させ,観光の目玉
としようとしたのであった。ところが………」


ところが・・・ 投稿者:lapiz  投稿日:04月13日(火)20時30分24秒

バイオハザード発生!!・・・違います?(^^;


つづきは……… 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月13日(火)20時41分07秒

オンラインガンダムファンクラブ掲示板の[826]にあったりする。(99年4月13日現在)

http://www.cup.com/cgi-bin/gundam/bbs.cgi


コロニー落としならぬ、コロニー興し 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月13日(火)23時09分36秒

>それなりの規模のコロニーのほとんどには,観光・保養施設があり,その中でも他には無い
>特徴的な施設には他のコロニーからの観光客もそれなりに訪れているかもしれません。
そう言えば、月のフォンブラウン市にもアームストロング広場なる公園がありましたし、
アムロとララアが出会った湖畔とか、逆シャアでホビーハイザックがクエスを連れ去った所も
そんな感じの自然公園的な場所でしたね。

>もともと専用コロニーじゃなかったところが観光色を強くしていくことは
>必然としてあると思うんです。
男手の大半が戦死した事による労働力不足と戦後補償の為、経済の疲弊しきったジオン共和国では、
せめてもの観光収入を得る為にズムシティーにダイクン記念館を作り、フラナガン機関跡地は
ニュータイプ記念館として一般に公開した...訳ないか(笑)


(無題) 投稿者:lapiz  投稿日:04月14日(水)02時59分15秒

観光コロニー話はもう決着してきてますかね?(^^;
っていうか、もともとの話題はなんでしたっけ?(爆)
確か地球とコロニー間の旅費はいくらか?だったはず・・・。で、実際の金額なんて想像つかない
し、“価値観のイメージ”と言う側面から探っていって、そこから観光コロニーへのバカンス代金
と言う話になっていったんですね。

さて、そろそろ「地球・コロニー間」に話を戻して・・・・どうなんでしょう?(^^;


地球>宇宙へ 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月15日(木)00時24分09秒

逆シャアで,ミライさんが二人の子供とシャトルに乗ろうとしてましたよね。
アデナウアー氏に割り込まれて,チケットが無効にされていたけど。
少なくとも,ブライトが軍人(しかも一年戦争以来の英雄的な名艦長)としての
特権を発揮して,入手した物では無さそうでした(よね?どうも不安)。
ところで,ご主人のブライト氏は連邦軍の大佐(でしたよね?ちょい不安)。
彼の俸給で3人分のチケットが買えるということは,

1.チケットの値段は「目ん玉が飛び出るほど高価」という事では無い。
2.ミライ夫人は「いつかこの時のために」って,両親(自家用スペースクルーザー
  すら持っていた名家らしい)の遺産を隠し持っていた。
3.ア・バオア・クーで,WBが沈んだ時にしっかり「シャアの金塊」を持ち出していた。

他に作中で,地球から”普通にチケットを買って”宇宙に上がった。(上がろうとしていた。)
人って居ませんでしたっけ?(Z以後あんまり真面目に見て無くて(^^;))

もし,外にもたくさん居たなら1.の可能性が高いと思うのですが。
そして,地球<>宇宙の旅行が難しいのは,査証(ビザ)の取得が困難なためだった。
という根拠になるのですが。

ところで,ペプシの抽選で,「宇宙旅行ご優待」って,条件どんなだったんでしたっけ?
今の技術で,1千万円程度で,宇宙に行けるなら,宇宙世紀ならもっと安くなるはず。
300万円程度なら,一生に一度の事だからって無理すれば大丈夫かも?
(30年くらい前の日本における海外旅行のイメージだな。)


コネと金 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月15日(木)01時41分32秒

lapizさんへ
>っていうか、もともとの話題はなんでしたっけ?(爆)
すいません、話をそらしたのは私でしたね(^^;)
>さて、そろそろ「地球・コロニー間」に話を戻して・・・・どうなんでしょう?(^^;
そうしましょう(^^)  
ところで、以前、虎ノイさんも
>宇宙植民が始まった当初と,ミノフスキー物理学応用の核融合炉が,
>利用できる熱核ロケット宇宙船では,運用コストは全く違ったものになると,思います
と言ってましたし、0070年代と0150年代でもかなり違って来ると思うのですが
時代設定はいつ頃を想定してるんでしょう?
それから、サイド5から地球までに比べてサイド3からでは、距離が倍ほども違うので、この辺も
料金に差が出てきそうですが?

虎ノイさんへ
>なくとも,ブライトが軍人(しかも一年戦争以来の英雄的な名艦長)としての特権を発揮して,
>入手した物では無さそうでした(よね?どうも不安)
この時ミライさんは連邦政府の高官にしてロンドベルのパトロンである、ジョン・バウアー氏の
推薦状を持ってましたよね。
さらに、「閃ハサ(上)P.18」には「この356便のハウンゼンは、定員、40あまり。クルーは、
5人。よほどのコネがあるか、大枚の金を支払わなければ、搭乗できない特別便である。
その為、この船に乗船しているかぎり、どこのスペースコロニーでも地球でも、出入りのチェック
は免除される風があった。(中略)青年(ハサウェイ)はものおじせず、コネのある家柄を思わせて、
ハウンゼンに似つかわしい客といえた」という下りがありますので、ブライトさんって結構高給取りで
特権階級に属してたみたいです。

>地球<>宇宙の旅行が難しいのは,査証(ビザ)の取得が困難なためだった。
「しかも、軍用機以外で、地球に直行で着陸できるのは、このハウンゼンだけである。」
そうですので、不法居住の防止のという点からも、地球降下ビザの入手はかなり困難だったと
思われます。(多額の地球降下税を取られたかも?)


ペプシって100周年なんだそうな 投稿者:lapiz  投稿日:04月15日(木)04時41分35秒

>ところで,ペプシの抽選で,「宇宙旅行ご優待」って,条件どんなだったんでしたっけ?
条件とはなんの条件でしょうか?応募資格?その後の訓練内容?
とりあえず、
http://www.pepsi.co.jp/に行けばわかるはずです。(^^;

>>宇宙植民が始まった当初と,ミノフスキー物理学応用の核融合炉が,
>>利用できる熱核ロケット宇宙船では,運用コストは全く違ったものになると,思います
>と言ってましたし、0070年代と0150年代でもかなり違って来ると思うのですが
>時代設定はいつ頃を想定してるんでしょう?
あいだを取って110年代にしましょう!(^^;
そして、サイド3は例外として、月軌道上のサイドからにしましょう。

>ハウンゼンのハサウェイ
このときはマフティーだったので、ブライトは関係ないのでは?
でも、逆シャアの推薦状と言い、いわゆるビザの関係はそう言うコネがないと難しいみたいですね。

>今の技術で,1千万円程度で,宇宙に行けるなら,宇宙世紀ならもっと安くなるはず。
>300万円程度なら,一生に一度の事だからって無理すれば大丈夫かも?
ペプシのやつは宇宙飛行士高度(海抜100km)に上がって降りてくるだけですからね。
でも、それでもこの金額から想像するに、100万から200万くらいの間で単純な航行費は
賄えそうですねぇ。うーん・・・これに巡礼者などの特別指定(?)を受けた人は公金による
補助が出て・・・・と考えれば、そこそこ妥当な金額が出てきそうです。あんまり説得力無い
ですけど。(^^;

やっぱり、融合炉積んだシャトル(実際そうなのかどうかは疑わしいですけど)なんかがあれば、
相当に運用コストは安くなっているんじゃないでしょうか。ただ、地球の場合、降りるよりも上
がる方がお金がかかりますよねぇ・・・?


賄賂 投稿者:nuts  投稿日:04月15日(木)17時25分10秒

>他に作中で,地球から”普通にチケットを買って”宇宙に上がった。(上がろうと
>していた。)人って居ませんでしたっけ?
Vガンダムでは、アーティ・ジブラルタルに宇宙引っ越し公社のマスドライバーが
あり、チケットで宇宙へあがる人々が出てきました。

クロノクル大尉は、引っ越し公社のエライ人から、賄賂としてチケット2枚を受け取
っています。胸の内ポケットに突っ込まれていました(笑)。どうやら「賄賂として
効き目がある」ぐらいの価値があるようです。
またウッソ君はお母さんが予め用意しておいたチケット2枚を受け取っています。
わざわざ用意しておく、という事はやはりそれなりの高額チケットみたいです。

あと「テンプテーション」号は地球からの直行便みたいですが、あんな小型シャト
ルでは一度に人数を運べそうにないですから、やっぱり高くつくと思います。

ところでスペースノイドが地球へ降りるのと、地球の人が宇宙へあがるのって料金
に差がありそうな感じがしませんか?地球に住む権利が無い人が正規の手段で
地球へ降下する場合、桑衝去場さんが書かれたように、降下税みたいなものを
徴収されたと思います。逆に、地球へ住める身分の人が、宇宙へ行くというのは
幾分安い気がします。


誘惑号 投稿者:かつらマン追跡  投稿日:04月15日(木)22時29分39秒

>「テンプテーション」号は地球からの直行便みたいですが、あんな小型シャ
>トルでは一度に人数を運べそうにないですから、やっぱり高くつくと思いま
>す。
アレは軍の連絡船だから、そこんところはあんまり関係無いかも?
「0080」でバーニィが乗る予定だったシャトルの設定画があるんです
が(本編ではブリッジしか映らない)、コレはなかなか大きいです。
ブースターを除いた本体部分だけでテンプテーションの2〜3倍の大き
さですね。

>融合炉積んだシャトル(実際そうなのかどうかは疑わしいですけど)なんか
>があれば
小説版によると、テンプテーションには「ハイパー核融合炉エンジン」が搭載
されてます。

実際の所では、スペースシャトルやHLVは低高度地球軌道まで人や物
を運ぶだけで、そこからコロニーへは別の宇宙機で移動するっていう方式
を取らないと、経済的にも技術的にも非常にメンドくさい事になるらしいです。
ハイパー核融合炉なんかを搭載したシャトルが登場してる時代だとまた違う
んでしょうけど。
そういえば、スペースシャトルって、ファースト放送当時では、まだテスト飛行
すら行なって無かったんですね。


宇宙旅行へ「御優待」 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月15日(木)23時53分42秒

>ペプシの条件
景品表示法では懸賞の上限額が1000万円と制限されているので,宇宙旅行の「御優待」が
当たった人は足りない金額を自己負担しなければならなかったはずで,その金額がどのくらい
だったか思い出せなかったのです。>ペプシのHPに答えがありましたね。(^^;
総額で98,000ドルということは,1ドル=120円で計算すると「1,176万円」
現代の技術でこれだけ(しかも,事前の訓練とか,専用の宇宙服だののコストも含んでの価格)
なら,未来はもっと安いはず。(たったの6人乗りだということを考えれば,より大型の機体
で多人数を乗せれば,安くなるのは道理。)

もっとも,ペプシの宇宙旅行はたかだか地上10万mまでしか上がらず,速度もマッハ3程度。
第一宇宙速の1/5以下です。
しかし,とりあえず大気の抵抗のない場所まで上れば,後は楽です。
今の宇宙旅行が大変なのは,宇宙空間に飛び出してからの推進剤(燃料+酸化剤)を全部地上
から持って上がる必要があり,そしてその推進剤を持ち上げるための推進剤が……という循環
にハマっているためで,(純化学燃料ロケットで衛星軌道に上がるためには,最終的な質量の
7倍の推進剤が必要と”物理学的に”決まっているらしい。)これを改善すれば,より効率的
に宇宙旅行が可能になるはずです。将来的には『ペプシの高度』まで上昇した後は,お迎えの
宇宙船が減速,ランデブーし,乗客を収容。船はさらに高い軌道へ,シャトルは地球へ帰還。
といったパターンが普通になるのでしょうか?

>テンプテーション
地球>コロニーの直行便ということであれば,核融合炉を搭載した「熱核ジェット/ロケット」
シャトルである可能性が高いと思います。理由は上に書いたとおりですが,もしそうでないなら
地上から発進する際にはエラい苦労(もの凄い巨大なブースター,宇宙での空(宙?)中給油)
をしそうです。なにせ,コアファイターに搭載が可能な核融合炉が存在しますので,その7年後
の社会なら,シャトル用に小型核融合炉があってもおかしくはないと思います。


俺はジェット機だぁ!! 投稿者:lapiz  投稿日:04月16日(金)05時20分13秒

>小説版によると、テンプテーションには「ハイパー核融合炉エンジン」が搭載されてます。
なんでしょうね、このハイパーってのは。怪しい響き・・・?(^^;

そういうわけで、核融合炉を積んでいないと地球・コロニーの直行は不可能のようですね。
じゃあ、「逆シャア」に出てきたやつは直行便だったはずですけど、大がかりなブースターベッド
を付けてましたね。うーん、そのブースターベッドに融合炉があって、本体には無いのかな?

まぁ、検問用ゲートみたいな感じで、通常は衛星軌道で乗り換えするんでしょうねぇ。
ハウンゼンノ時に、直行便はそう言う審査が免除されるとか書いてましたし、エンジンがどうであ
っても、通常は乗り換え方式なのではないでしょうか。技術的な問題ではなく、そう言うことで。

えーー・・・ところで、いっこうに明確な答えに近づきませんねぇ。(^^;
何を明確にすれば良いんだろうか・・・・?


ゲッター線増幅炉? 投稿者:かつらマン追跡  投稿日:04月16日(金)11時12分45秒

>なにせ,コアファイターに搭載が可能な核融合炉が存在しますので
これこそが元祖「ハイパー核融合炉」なんだそうです。

>えーー・・・ところで、いっこうに明確な答えに近づきませんねぇ。(^^;
>何を明確にすれば良いんだろうか・・・・?
スンマセン、テンプテーションやらハイパー核融合炉で横道にそらして
しまいました(笑)
なお、テンプテーションに関してはZの小説版1巻の第一章で描かれてます。


軌道ステーション 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月17日(土)00時20分55秒

ってガンダム世界では出てこないんですよね(^^;)

虎ノイさんへ
>将来的には『ペプシの高度』まで上昇した後は,お迎えの宇宙船が減速,ランデブーし,乗客を
収容。船はさらに高い軌道へ,シャトルは地球へ帰還。といったパターンが普通になるのでしょうか?
現実にはそうと思いますが、
Zの小説で「テンプテーション」はガルダで軌道上まで運んで、そこから離脱してましたし、
「天鹿」はブースターベットと一段式化学燃料ブースターの三段構えで、宇宙に上げてましから
ガンダム世界のシャトルは宇宙に上がれば、直行で月軌道まで行くようですね。
ハイパー核融合ロケットエンジンの賜でしょうか?

lapizさんへ
>地球の場合、降りるよりも上がる方がお金がかかりますよねぇ・・・?
化学燃料ブースターは使い捨ての様だし、コレとHSTの運用コストと燃料代の分、実際は上がる
方が高くなる筈なんですが、連邦政府はマンハンターを使って不法居住者狩りに躍起になっている
くらいですし、不穏分子の進入を防ぐという点からも、地球降下には厳しい規制が有るでしょうから、
nutsさんも書いてるように“コネがなければ金が掛かる”仕組みになってるんではないでしょうか?

>このときはマフティーだったので、ブライトは関係ないのでは?
「閃ハサ(上)P34」によると、
ハサウェイの本来の身分は植物観察官(地球を自由に歩き回れる特権的職業)の研修生で「この船に
だって、親父の力で、乗れたんだから」と言ってましたね。

>何を明確にすれば良いんだろうか・・・・?
シャトルの金額を対応年数で割って原価償却費を算出し、燃料代とメンテナンス等の運用コストを
足して、クルーの人件費を加算して、会社の利益率を加味した上で定員で割って云々なんて計算を
するにはあまりにも不確定要素が多すぎますので、
今までに判明した、事項を元に類推するしか無いですねぇ(^^;)

@地球から月軌道までは約30万qである。
Aシャトルはハイパー核融合ロケットエンジン搭載で比較的低コストで航行可能である。
B0080年 リボーコロニー〜フランチェスカコロニーのチケット代金が520ハイトである。
C0093年 宗教流行りで、多数の若者が巡礼ツアーで地球を訪れている。
C0104年 ハウンゼンの様な高級スペースシップに乗るにはコネか大枚のお金が必要である。
D0152年 チケットは「賄賂として効き目がある」ぐらいの価値がある。

後は、地球からコロニーまで何日掛かるかも知りたいところですね?
ブリテッシュ作戦のアイランドイフィッシュは6日間で地球に落着してますから、それよりは短い
と思いますが、「逆シャア」でアムロがゲタで月に行った時は、一寝入りしたら着いてたようなの
で、一昼夜くらいかな?


めぇ 投稿者:lapiz  投稿日:04月17日(土)03時04分12秒

>「この船にだって、親父の力で、乗れたんだから」と言ってましたね。
あらま、これは失礼いたしました。(^^;
しかし、それで降りてテロ活動するんだから、親不孝ものですねぇ・・・・

>後は、地球からコロニーまで何日掛かるかも知りたいところですね?
逆シャアのゲタがブースター付けてたので、あれだと比較的加速しっぱなしで行ってたとします。
すると、そういう高速船タイプなら1,2日。慣性飛行を入れてコストダウンを図るタイプなら
3,4日・・・くらいですかね?ちょっと安易かな・・・?

>リボーコロニー〜フランチェスカコロニーのチケット代金が520ハイトである。
このコロニー間の距離がわからない限り、参考にならないのでは?(^^;
でも、同じサイド内だったはずなので、最高でも25万キロくらい?
サイドの軌道全長が80万キロだから・・・・円周って直径×3.14でしたよね?(^^;;;

>ハウンゼンの様な高級スペースシップに乗るにはコネか大枚のお金が必要である。
うーん、これを計算に入れると想像つかなくなりますねぇ。
この際、「年間ある一定数の一般観光客が許されている」という仮設定を敷いて、純粋な“旅費”
を算出することにしませんか? どうでしょう・・・・

おもうに、地球に住んでいる人がみんな特権階級の人たちなんでしょうか?
それだけで地球の人口が占められているとは思えないんですけど・・・・。
ある程度「出入りが自由な地区」とうのがあるような気が・・・。それが特別区と言われるような
ところなんでしょうか?でもそこの人を選別するシステムがあるわけで、やっぱり特権階級かぁ・


地球から月までの飛行時間 投稿者:虎ノイ  投稿日:04月18日(日)22時17分00秒

今から,30年も前の記録です。
アポロ8号,9月21日打上げ,月軌道周回,9月27日帰還。
アポロ10号,5月18日打上げ,月軌道周回,5月26日帰還。
アポロ11号,7月16日打上げ,7月20日月着陸,7月24日帰還。
アポロ12号,11月14日打上げ,11月19日月着陸,11月24日帰還。
アポロ13号,4月11日打上げ,月着陸を断念,4月17日帰還。
アポロ14号,1月31日打上げ,2月5日月着陸,2月9日帰還。
アポロ15号,7月26日打上げ,7月30日月着陸,8月7日帰還。
アポロ16号,4月16日打上げ,4月20日月着陸,7月27日帰還。
アポロ17号,9月7日打上げ,9月11日月着陸,9月19日帰還。
(アポロ計画について(国立宇宙科学データセンター)より転記
 
http://nssdc.gsfc.nasa.gov/planetary/lunar/apollo.html

記録を見ると,打上げから月着陸までは概ね3〜4日かかっています。
着陸後,月を出発した時刻が特定出来なかったので,帰路の日程は参考に出来
ないでしょう。ところで,13号は事故のため,帰路は酸素や電池が途中で
足りなくなる危険性があったため,計画以上のスピードを出したとか,(映画
「アポロ13号」でありましたね。)
つまり,既存の(30年も前の)技術でも,地球−月は3日あれば移動出来る。

ちなみに,一年戦争中の記録を探ると

9月22日6時20分,WBルナ2を出港,
9月23日13時40分,大気圏に突入。
からWBがルナ2>地球軌道に要した時間は31時間20分
しかし,リード中尉のサラミスが随伴しており,シャアのムサイの追跡を
かわすために無駄な航行をした可能性もある。

ポケ戦関係ではさらに緊密なスケジュールで流れており
12月14日9時00分,NT−1を搭載したシャトル北極基地を発進,
12月14日9時25分,サイクロプス隊北極基地を撤退,
12月15日(時刻不明)NT−1搭載シャトル,サイド6に到着,
12月16日(時刻不明)サイクロプス隊グラナダに帰還,
12月17日(時刻不明)サイクロプス隊に作戦命令,
12月18日(時刻不明)サイクロプス隊サイド6リボーコロニーに潜入。
月(グラナダ)>L4(サイド6)は,ほぼ1日で移動できるようです。
特にほぼ同じ時刻に地球を発したNT−1シャトルとサイクロプス隊では
到着時刻に1日の差がある。民間船舶を装って最短コースをとったシャトルと,
ひょっとしたら途中で戦闘に巻き込まれた(あるいはそれを回避する為
に迂回した)可能性のあるザンジバル級の違い,といった所か?

さらに大艦隊の場合
12月22日(時刻不明)連邦軍第二艦隊(ティアンム),ルナ2を出港,
12月24日18時50分,サイド1の残骸からソーラ・システム照射。
これも,出港時刻が不明なのと,ソーラー・システムの展開にどのくらいの
時間がかかるか不明なので,なんとも言い難いが最大で66時間50分。
(資料は全て「GUNDAM MASTER WEB」の年表から引用)

ルナ2>L5の距離は,地球>月の約1.7倍なので,上の考察を元に考えれば
単艦で飛ばせば約40時間,足の遅い(と思われる)コロンブス級を
引き連れての移動なので50%増しで計算して,60時間くらいが妥当か?
と,すると年表の日付とも合致する。

というわけで,軍艦,高速シャトルは,地球>月を1日(24時間程度)で
移動可能を提案。


ふむ 投稿者:lapiz  投稿日:04月19日(月)00時07分23秒

なるほど。実に参考になる資料でした。ありがとうございます。m(__)m

ということで、月・地球は一日で航行可能でオッケーですね。
そうすると、やっぱりハウンゼンのような高級シャトルは一日で直行。
それ以外の一般(?)は一日半から2日程かけて航行、ってな感じで良いんでしょうか。
あとはお金ですが、リボーコロニー〜フランチェスカコロニーの距離関係がわかれば一発なんで
すけどねぇ・・・(^^; でも、どんなに見積もっても100万(円)以下かなぁ・・・?


旅費問題も大詰めって感じですね(^^) 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月19日(月)00時57分10秒

虎ノイさんへ
貴重なレポートありがとうございます。{実は期待してました(笑)}

lapizさんへ
>リボーコロニー〜フランチェスカコロニーの距離関係がわかれば一発なんですけどねぇ・・・
最短で約100q(対になった隣のバンチまで) 最大で25万qってとこですかぁ
最大の問題ですねぇ(^^;)

>おもうに、地球に住んでいる人がみんな特権階級の人たちなんでしょうか?
>それだけで地球の人口が占められているとは思えないんですけど・・・・。
初代13話で、カイがアムロのことを「地球に家が有るだけでもエリートだ」と言ってましたし、
逆シャアのマンハンターは、クリスチーナ達に「地球で遊んでいられる身分かよ!」と言ってまし
たので、
地球に住む権利を持つ人=特権階級
その他の地球に住む人 =不法居住者
という図式の様ですね、ハウンゼンの“大枚は”、やはり地球降下税の様なモノでしょう。

特別区に関しては、マフティーが妨害しようとした、例の「移民法とその特例法案」に該当すると
思いますので、「閃ハサ」を参照してみて下さい(御免ね、調べる暇ななかったのよ)


みゅ 投稿者:lapiz  投稿日:04月20日(火)05時25分11秒

>特権者
やっぱりそうなのですかねぇ。
でも、イメージ的に、その特権といってもピンキリな気がするんですが。
確かに特権ではあるんでしょうが、そう官僚ばっかりでも無いでしょうし、やや一般人にシフト
した人もいるんだと思います。まぁ、微妙な差違でしかなく、スペースノイドから見ればみんな
同じでしょうけどね。


80万クール 投稿者:nuts  投稿日:04月24日(土)20時41分44秒

今更ですが、宇宙世紀のお金について新たな記述を発見しました。Bクラブ71号掲載
のMSジャーナルに、フロンティア戦争博物館のMS操縦体験ツアーの申し込みが載っ
ています。10日間の予算総額が、何と約80万クール!!だそうです。

どうも0079〜0120年の間に、インフレの嵐が吹き荒れたようです。


楔と格闘? 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月24日(土)23時29分48秒

nutsさんへ
いつも、大変貴重な情報ありがとうございます(^^)
しかし、10日で80万クールですか、1クールいくらで計算したら良いんでしょうね(^^;)
実は、中古MSのおみやげ付きだとか(笑)
ところで、ハイトという単位は廃止されたのでしょうか?


コロニー建設期間 投稿者:lapiz  投稿日:04月25日(日)01時29分01秒

>80万クール
インフレですかねぇ?(^^;
うーん、あきらかに“間違い”な気がするんですが・・・(資料批判?)
それとも、レプリカMSのプレゼントがホントにあったのかも知れませんね。


貨幣価値 投稿者:nuts  投稿日:04月26日(月)14時25分36秒

>10日で80万クールですか、1クールいくらで計算したら良いんでしょうね(^^;
>ところで、ハイトという単位は廃止されたのでしょうか?
実際のジェット戦闘機操縦ツアーって、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
普通の旅行に比べたら、一桁ぐらい違ってくるかもしれません。
 ハイトという単位は、日本の「銭」と同じように廃れたのだと思います。ただ、
サイド4(フロンティア)とその他のサイド(サイド6等)が、全く同じ貨幣価値
だという保証はないので、同じクールやハイトでも多少差があるのかもしれません
(海外に行ったことがないので、よく知らないのですが)。

lapizさんへ
>あきらかに“間違い”な気がするんですが・・・(資料批判?)
 80万クールという数字は、0080の作品中の描写と比較すると莫大ですが、
日本も戦後40年の間に、貨幣価値は様変わりしています。今回の例も、0080
年から0120頃まで、およそ40年が経過していますし(オマケにその間、3回
以上戦乱が発生)、インフレと解釈すれば、間違いとして切り捨てなくても処理で
きると思います。同じ年代の同じ場所における例で、あまりに食い違う記述が存在
するなら、ストレートに解釈するのを避ける(資料批判)のも一つの道でしょうが。


ハイト 投稿者:lapiz  投稿日:04月26日(月)22時38分44秒

あれ?ハイトってクールの上の単位じゃなかったですか?


あ・・ 投稿者:nuts  投稿日:04月26日(月)23時32分01秒

>ハイトってクールの上の単位じゃなかったですか?
そうでした、うっかりしてましたね。すんません。


ハイトとクール 投稿者:nuts  投稿日:04月27日(火)00時08分21秒

するとハイトが廃れてしまった、というのもおかしいですし、フロンティアの
クールとサイド6のクールは全くの別物なんでしょうか?発音が同じで綴りが
違うとか・・・。せっかく具体的な記述が出ているので、出来れば間違いでは
なく、何とか解釈してやりたいのですが。

 80万クール、とさらりと書いてあったので、うっかりクールの方が上の単
位だと思ってしまいました。考えてみれば「3ハイト5クール」ですから
ハイトの方が上ですよね。いい加減なことを書いてしまって申し訳ないっす。


北国の遅い春(笑) 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月27日(火)00時14分38秒

Lapizさん&nutsさん
>貨幣価値
0080年のサイド6では、確かにハイト→クールという単位でしたけど、
同じドルでも、米ドルと豪州ドル、香港ドルでは価値が違うように、時代とサイドによってクール
の価値はかなり違ったんでしょうね。

インフレに関しては、一年戦争時のサイド6は、ジオンのお陰で他のサイドが壊滅状態だった為、
月を除けば市場は、ほぼ独占状態で大変な好景気だったのでしょうが、相次ぐ戦乱で軍備拡張の為
連邦の経済状態は余り良いモノでは無かったと思われます。(MSの小型化も元は経済的な理由か
らだったと思います)現実に経済の安定していない第三国で軍事費が嵩んでいる国は、インフレ率
が年200%〜500%なんて例もありますし(500%だと500円が一年で1円の価値しかなくなっちゃ
います)あながちあり得ない話でもないですね。

経済が安定した状態であれば、1ハイト=1ドルくらいの感覚じゃないかと思うんですが?


1ハイト=1ドル 投稿者:lapiz  投稿日:04月27日(火)05時21分57秒

僕もこれに賛成ですね。確かに、インフレ云々で価値が変動したこともあったかも知れません。
しかし、以前書いたと思うんですが、今回の話はU.C.100年代の場合でしたよね、確か。
なので、さすがに安定期には入っているのではないかと・・・。

>80万クール
やっぱり、発音は同じだが綴りの違うローカル貨幣なのかも知れませんね。
ハイト・クールは世界統一通貨(と言う明確な記述はなかったかも知れませんが、これはこ
うでいいですよね?)ですので、豪州ドルとか香港ドルという概念は無いんじゃないですか?
いや、この辺はあんまり詳しくないんで、間違ってたらすいません。(^^; でも、今のユーロ
とか見る限り、そうなってるんじゃないかなぁ、と。

ちなみに、100クール=1ハイト?


他の貨幣 投稿者:nuts  投稿日:04月27日(火)07時03分25秒

>ハイト・クールは世界統一通貨
Zガンダムでは、クワトロが月で通信を受け取ったとき、「セント」で支払い
を済ませていましたから、0087年の月面都市アンマンではハイト・クール
が流通していなかったようです。
 また「MS・ERA」に登場する雑誌「the Colony Weekly Post」には
$1.25という値段が付いていますから、0018年のサイド1または2
でも、ドルが流通していたみたいです。
また、ホワイトベースのクルーがサイド6に上陸するとき、両替をした、とか
台詞で説明していたような気がします。するとハイト・クールは世界共通、
というわけでも無いみたいです。
第2次ネオジオン紛争が集結し、ジオン共和国が自治権を放棄したことで連邦政府
は戦乱の終結を宣言していますが、その後も小さな紛争が頻発していますので、
インフレはある程度進行していたのではないかと思うのですが、すると何故ハイト
ではなくクールで表記されているか説明できないですし・・・。ハイトが使われて
いないところをみると、やっぱり別物なんでしょうか。


世界統一通貨 投稿者:lapiz  投稿日:04月27日(火)17時13分41秒

現在のユーロのように、ローカルの貨幣と併用するって言うのは無理なんでしょうか? 無理ですかね、やっぱ。
世界統一通貨ではなく、今のドルか、あるいは言葉で言うところの英語のように、“ほぼ”世界共通通貨ってな
具合なんでしょうか。ちょっと曖昧すぎるかな・・・?


MSジャーナル 投稿者:かつらマン追跡  投稿日:04月27日(火)19時35分48秒

Bクラブ別冊「0080」によると、クール/ハイトは「サイド6の通貨」とあり
ます。「MSジャーナル」ってサイド6で編集・発行してる雑誌なんじゃない
でしょうか。「そして今回、パンダイモデルクラフトのご厚意により、全サイ
ド〜地球を結ぶ総合ホビー雑誌Bクラブに、我々のMSジャーナルダイジ
ェストを掲載できるのは、無上の喜びでもあります」(70号第一回より)って
書いてありますから、元々はローカル誌なんですよ。
創刊は一年戦争終戦間も無いUC0080年5月って事ですが、場所的にも
サイド6ならあんまり問題ない気もします。

そのフロンティアWツアーの広告をまだ見てないからなんとも言えないです
が、恐らく「香港日帰り〜万円!」とかそういう感じなのでは?


♪デっジタ〜ル通貨(^^;寒っ) 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月27日(火)23時38分09秒

>0018年のサイド1または2でも、ドルが流通していたみたいです。
>Bクラブ別冊「0080」によると、クール/ハイトは「サイド6の通貨」とあります。
そうですか、これで大体みえてきましたね。
ありがとうございます(^^)>nutsさん&かつらマン追跡さん

lapizさんへ
>現在のユーロのように、ローカルの貨幣と併用するって言うのは無理なんでしょうか?
今までの話を総合すると、地球圏の基準通貨は旧世紀同様「ドル」が頑張ってるみたいですね。
最近は日本でもドルで買い物が出来るようになったみたいですが(うちの近所ではまだ無理(笑)
海外の観光地では大抵「米ドル」が通用しますから、地球の大部分の地域と月ではドルが主流なの
でしょうね。
宇宙世紀も40年代に入りコロニーが名目上の自治権を得たことにより、コロニー間の通貨とし
クールという貨幣が使われるようになりったのでしはないでしょうか?
で、中立コロニーのサイド6の場合は経済的にも独立してたようですから、為替による利益を得る
というメリットもあり、クールの上の単位ハイトを設定して独自の通貨としたのでしょう。

>ちなみに、100クール=1ハイト?
「ドロシーが買った階級章のニセ物が1クール」というのが引っかかりますが(^^;)
「銭」や「セント」他、ほとんどの通貨は100進法ですからねえ、
最低単位が10円台というのも経済的に都合が悪いですから、クールの下にもう一つ単位があるの
かも?

あと、フロンティアWの80万クールは、安直に考えると1クール=1円でしょうね。
(設定考えるときに、あまり面倒くさい計算はしないと思う(笑)
この辺は経済学の専門家ではないので上手く説明できませんが(^^;)
円とドルの関係に近いのだと思います。


貨幣単位 投稿者:与謝野折檻  投稿日:04月27日(火)23時44分40秒

面白そうな話題が展開してますね(^^)

>ハイト・クールは世界統一通貨
ところで、これはどこかにそういう記述があるんですか?
自分の認識では各サイドでそれぞれ独自の貨幣単位を採用してるのだと思います。
有名なものでは月の「ドル」「セント」、サイド1の「ギラ」「ルーク」などが
ありますが、サイド3には「ダガット」、サイド4には「ポイント」、サイド7
には「クレジット」という単位があるそうですよ。某氏の受け売りですが(^^;)


資料不足 投稿者:lapiz  投稿日:04月28日(水)04時26分44秒

うーん・・・なんか資料を持っている人とそうでない人の差が出てきてますねぇ。無論、自分は後者ですが。(^^;
っていうか、これ何回目になるのか分からないんですけど、もともとのネタは「地球−コロニー間の旅費はいくら?」
ですからね。と言っても、もうこれは終わったのかなぁ・・・?(^^;;;

>ところで、これはどこかにそういう記述があるんですか?
「そう言う記述はなかったけど」と下に書きました。でも、なんだかそう言うものとしてこれまで話が進んできた感
じがしたので、言ってみただけです。

>宇宙世紀も40年代に入りコロニーが名目上の自治権を得たことにより、コロニー間の通貨とし
>クールという貨幣が使われるようになりったのでしはないでしょうか?
>で、中立コロニーのサイド6の場合は経済的にも独立してたようですから、為替による利益を得る
>というメリットもあり、クールの上の単位ハイトを設定して独自の通貨としたのでしょう。
これと下の折檻さんのやつとで、だいたいは決まりなんでしょうか。そんな気がします。(^^;
でも、個人的には世界統一通貨というものが存在していて欲しいんですよね。せっかく連邦政府っていう
のが出来てるんですから。コロニーの自治が事実上確立していたとしても、連邦お得意の意思統一作戦で
統一通貨が出来てたとしても不思議はないはず。むしろ無い方が不思議に思うんですが・・・。

いずれにしても、この時代の金銭感覚をはっきりさせるためには、一番資料の多いクールでいくしかない
でしょう。あ、ちなみにU.C.100年代以降です、ハイ。(そう決めましたよね?確か)


Strong money 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:04月29日(木)01時49分19秒

折檻さんへ
そうかぁ、やはり各サイドは経済的には一応独立してたんですね。
さすが折檻さん(^^)
ところで、これらの通貨はいつ頃使われていたものなのでしょう?
サイド3の「ダガット」はともかく、戦中戦後を通してまともな経済活動を行えたのは、
月とサイド6ダケだと思いますし、戦前にはコロニー1機(しかも半分)しかなかった
サイド7で独自の通貨を発行する経済基盤が有ったかどうかというのも?ですし。

lapizさんへ
>もともとのネタは「地球−コロニー間の旅費はいくら?」ですからね。と言っても、
>もうこれは終わったのかなぁ・・・?(^^;;;
もちろん、未だ終わってませんよ。
また話が横道にそれてるみたいですけど(^^;)
この手の問題は不確定要素が多いだけに、情報はより多い方が良いですからね。
だからこそ、資料を持っているみなさんから寄せていただく情報がありがたいワケで、
コレまでの問答から察するに、MSジャーナルがサイド6の地方紙であるとすれば、件のMS操縦
体験ツアーは基本的にサイド6の住民向けのモノであり、(違うかな?)
80万クールの内訳は、サイド6〜サイド4まで往復の交通費と10日間(往復の2日は機中泊?)
の宿泊費+MSの操縦体験の費用(教習込み?)と言うことになると思いますから、UC100年代で
あれば、地球−コロニー間は80万クールよりも安いだろうと言うことになりますよね。
そのうち内、交通費は大体3分の1とすれば約30万クール弱と考えて、地球からの場合は打ち上
げのHSTの費用分割り増しして、上りが25万、下りが15万円クールくらいで+降下税(笑)
ってところで如何でしょうか?
(ハウンゼンの様な船でなければ、逆に「大枚のお金」は必要無いと言うことも言えますよね)

>統一通貨
設定が存在する以上、無視は出来ませんし、名目上とはいえ各サイドに自治権を与えられていたと
すれば、自主流通貨幣が有った方が自然だと思いますよ。

この辺は経済学の問題になるので、詳しくは調べてから書きますが、
サイド間通貨の為替相場があって宇宙世紀の経済は成り立っていたのでは無いでしょうか?
(その後、地球圏経済が破綻をきたして通貨統合というのもアリとは思いますが)

それで、一年戦争後の地球圏の経済を動かしていたのは月とサイド6だと思うんです。
で、現在の外国為替の基準貨幣が「米ドル」で有るように、安定した経済力のある国の通貨である
月の「ドル」とサイド6の「ハイト/クール」は国際通貨として通用していたのではないかと思い
ます。
EUのユーロも「マルク」や「フラン」では「ドル」や「円」の様な強い貨幣に勝てないから、
束になっていかかろうって事で、国際経済で競争力を付けるための通貨統合ですから.....

あ゛〜! やっぱりこの辺はキチンと調べないと上手く説明できないや(^^;)

チョット話が難しくなってきましたが、通貨問題を考えると、どおしても国際経済学の話に踏み込
んじゃうんですよね(^^;)

何方か、経済学に詳しい人いらっしゃいません?(HELP ME)


ふむ 投稿者:lapiz  投稿日:04月29日(木)02時42分22秒

上の管理人さんの意見でだいたい理解できました。統一通貨ではなく、世界共通として通じるくらいの
貨幣と言うことですね。
んで、上りが25万、下りが15万円クールくらいで+降下税ということですが、1ハイト=1ドルの
感覚で良いんでしょうか・・・?さらに100クール=1ハイト?この辺がはっきりしないので如何とも
しがたいんですが、とりあえずそう仮定すると、上がり2500ドル(約30万?)と下り1500ドル
(約20万?)+謎の降下税ですね。うーん、こんなもんなのかなぁ・・・・?まだまだ解決してませんか。


デジタル社会だ 投稿者:かつらマン追跡  投稿日:04月29日(木)10時22分29秒

「♪デっジタ〜ル通貨」じゃないですけど、宇宙世紀でも紙幣や貨幣で
やりとりを行なってるってのは、ま、経済学的な部分(?)はおいといて、
あんまり未来っぽくないですね。
「Zガンダム」の設定だと、コロニー内の生活は登録式で居住区ごとの人
口管理が明確な為、市内にはカードレンタル式のエレカストップが随所に
設けられてたりしますよね。
「ファミコン風雲児vsファミ拳リュウ」に登場するネットワーク管理実験都市
である愛沢市も同じ様なシステムで、「IDカードが無ければコーラも飲めな
い」らしいです。
いや、それとお金ってあんまり関係無いんですけどね。


コイン 投稿者:nuts  投稿日:04月30日(金)19時44分54秒

話を三度脱線させるようで申し訳ないですが・・・。

0080を見直すと、「10ハイト貨幣(銀色)」「1ハイト貨幣(銅色)」
「5クール貨幣(銀色で、一回り小さい)」の3種類のコインが確認できました。

また新聞の値段は20クールで、クールの綴りは「20 COOLS」でした。
もし以前に話題になっていたらすみませんです。


今日は月がきれいです。 投稿者:桑衝去場@管理人  投稿日:05月01日(土)01時16分53秒

だからと言って吠えはしませんが...
いえね、コチラでは今日、「∀」の第一話が放送されたもので(^^;)
(日付が変わってるから昨日ですね)

nutsさんへ
>話を三度脱線させるようで申し訳ないですが・・・。
いえいえ、とてもありがたい情報です(^^)
>また新聞の値段は20クールで、クールの綴りは「20 COOLS」でした。
ということは、クールは10進法では無い事が確定しましたね。

かつらマン追跡さんへ
>宇宙世紀でも紙幣や貨幣でやりとりを行なってるってのは、ま、経済学的な部分(?)
>はおいといて、あんまり未来っぽくないですね。
そうですよね、現在でもクレジットカード全盛だし、デジタルマネーの実験も始まってますから、
UCは完全なキャッシュレス時代でも良いとは思いますが、
nutsさんの書き込みのとおり実際にコインが使われてますからねぇ、やっぱり偽造されやすいとか
のデメリットもあるからでしょうかね?

lapizさんへ
>統一通貨ではなく、世界共通として通じるくらいの貨幣と言うことですね。
そういう事です、例えばイスラエルの紙幣の「シェケル」とかを持っていても日本ではタダの紙切れ
ですけど「米ドル」なら、お金としての価値が有りますよね。
同様に、スゥイートウォーターの通貨に国際的な価値がなかったので、アクシズの代金はインゴット
で支払われたのでは無いでしょうか?
>100クール=1ハイト?

そう考えて間違いなさそうですね。
>1ハイト=1ドルの感覚で良いんでしょうか・・・?
私はそのくらいで考えてみましたが、チョット安すぎますか?(^^;)


新聞20円 投稿者:lapiz  投稿日:05月01日(土)02時01分46秒

1ハイト=1ドル&100クール=1ハイトとすると、nutsさんの言う新聞は20円??
ちょっと安すぎますねぇ・・・。
10ハイト(1000円)、1ハイト(100円)、5クール(5円)という硬貨があるとする
と、わりとありそうな感じですねぇ。でも、新聞20円は安いなぁ・・・(^^;

>キャッシュカード
デジタルデータって改ざんが容易ですよね。だから、未来世界でも、重要な取引は“紙”でやる
とか、あると思うんですよ。シロッコは血判を紙に押してましたね。


∀通貨 投稿者:かつらマン追跡  投稿日:05月01日(土)07時45分37秒

う〜ん、やっぱ一度はデジタル通貨も実用化されたけど、あまりに問
題がありすぎる事が判明して、元のスタイルに戻っちゃったって感じ
でしょうか?
UG系のサイトなんかを見てたら、デジタル通貨なんて今から使い物
にならないなって気もしちゃいます。

MSもどうもMMを経てもう一度20m級に戻ってるみたいですね。
正に「∀」の意味そのままだ!


桑衝去場 題名:暫くは面倒ですが(^^;) 投稿日 : 99年5月2日<日>00時19分

当分は、旧来の掲示板も過去ログ参照用に残しておきますが、
書き込みは基本的にコチラに行いますので、よろしくお願いします。

かつらマン追跡さんへ
>う〜ん、やっぱ一度はデジタル通貨も実用化されたけど、あまりに問題がありすぎる事が
>判明して、元のスタイルに戻っちゃったって感じでしょうか?
「やはり、現ナマでなきゃ信用できん!」という人も多かったのかも?
ZZのマシュマーが泊まったシャングリラのホテルで「お支払いはカードになさいますか?」と言ってましたから、現代と変わらないようですね。
ところで、この時マシュマーはインゴッドで支払ってましたけどアクシズって金鉱でも有ったのでしょうか?

lapizさんへ
>1ハイト=1ドル&100クール=1ハイトとすると、nutsさんの言う新聞は20円??
>ちょっと安すぎますねぇ・・・。
別に根拠は無いんですが、1クール=2円50銭〜3円くらいでしょうか?
新聞って1部だといくらするんだろう?


虎ノイ 題名:デジタル通貨の未来 投稿日 : 99年5月2日<日>03時26分

ども,ひさしぶりの,虎ノイです。
あまり長いこと,寄らなかったうちに,掲示板が新しくなっている。(^^;
どうも,経済問題は苦手でして,それに加えて,実は某所で「世界最強の
ガンダム蘊蓄」と論争を………いや,それはさておいて

デジタル通貨は0078迄は通用していたと考えても良いと思います。
ただ,今のクレジットカードにしても,キャッシュカードにしても,
銀行の口座に残高が瞬時に照会できる事を前提に通用しているわけで
高度な電子通信技術が存在していることが存在の大前提なわけです。
カード通貨も内部に超小型の電子メモリーが入っているらしいのですが,
ミノフスキー粒子の「LSI等の電子部品の機能を阻害する効果(*)」
があるので,うまく使えるかどうか不安がありそうです。
軍の演習場を見学して,帰りにジュースを飲もうとしたら,通貨カードが
初期化されていたなんてのは困ります。

てな訳もあって,少なくとも一年戦争以後は大規模には使われていない
と考えるべきだと思います。
マシュマーがカードを使わなかったのではなく,カードがリセットされて
いて,使えなかったとか。

ところで,私は「一年戦争史」しか持っていないのですが,ガンダムの
RPGってありますよね。あれって,色々な物価は載っていないのかな?

*ガンダムセンチュリーより抜粋
>また,高濃度のミノフスキー粒子下では,超LSI等の大規模集積回路の
>機能障害が生じる。当然,ミノフスキー粒子の干渉からコンピューターの
>機能を守る保護システムも開発されたが,それは非常に高価で重量もかさ
>み,ミサイルクラスの精密誘導兵器に搭載する事は不可能であった。

新聞=1ヶ月(31日分)で3007円,つまり1日あたり97円(税込み)です。


かつらマン追跡 題名:宇宙の銭ゲバ 投稿日 : 99年5月2日<日>09時44分

「Z」のシャアの連邦軍籍取得の解説とかも見ると、戦後は「デ
ジタル社会」って物への信用はほとんどゼロに等しい物になっ
てく様子ですね。つまり、紙でやれ、と。
もともと地球連邦政府のあらゆる記録はコンピューターによって
管理されていて、それが一年戦争で壊滅的打撃を受けた為、戸
籍等の公文書データも消失してしまい、シャア達は全滅した部隊
に所属していたと申告し、軍籍を得る事が出来たっていう。

ジオン=金塊ってのは実はかなり徹底してまして、スパイへの
報酬なんかも金塊だったりしますね。
この辺は金が貨幣などと違って不変の価値を持つからで、例
えば紙幣は本来単なる紙切れでしかくて、それが決まった価値
を持つものとして社会に認められてなければいけないです。
だから社会が戦争で不安定になると貨幣て物への信頼が無く
なり、経済に混乱をきたすようになると。
それを見越しての選択なんじゃないでしょうか。
これは正に戦後のデジタル社会の崩壊をも見越しての事だった
かも?

「ガンダムの機密」によると、マ大佐の鉱山は実は主に金を採掘
していたのではないかって書いてます。なるほど、そう言われれ
ば劇中のセリフも説得力がある様に思えます。


桑衝去場 題名:ZZって 投稿日 : 99年5月2日<日>23時40分

最近某所の書き込みに触発されて、「ZZ」を見始めたのですが
コロニーの生活を考える上で結構資料価値があるかもしれませんね。>あのシリーズ

虎ノイさんへ
お久です(^^)
>実は某所で「世界最強のガンダム蘊蓄」と論争を………
なんか凄そうな所ですねぇ、裏料理界みたいなトコですか(笑)

>マシュマーがカードを使わなかったのではなく,カードがリセットされていて,
>使えなかったとか。
地球圏を離れていたアクシズの住人たち、サイド1他で使える通貨やカードを持っていなかったのではないでしょうか。

>ガンダムのRPGってありますよね。あれって,色々な物価は載っていないのかな?
私も立ち読みしかしたことが無いんですが、シャトルとかの値段が載ってますよね、単位はクレジットだったと思いますが。
今度調べてみましょう、(買うと言わないところがミソ(笑)

かつらマン追跡さんへ
>この辺は金が貨幣などと違って不変の価値を持つからで、例えば紙幣は本来単な
>る紙切れでしかくて、それが決まった価値を持つものとして社会に認められてな
>ければいけないです。
>だから社会が戦争で不安定になると貨幣て物への信頼が無くなり、経済に混乱を
>きたすようになると。
そうですね、シャアがセイラに送ったのも金塊でしたし、旧日本帝国が発行した「軍票」なんてものも戦後すぐに紙切れに化けてしまって、あの手は殆ど国家ぐるみの詐欺行為ですからねぇ(^^;)

>なるほど、そう言われれば劇中のセリフも説得力がある様に思えます。
「あの壺は、良いモノだぁ〜」ではなく(笑)マ・クベのセリフってコレが一番印象的なモノで(^^;)
「あと10年は戦える」ってヤツですか?
確かに、軍を動かす為に資金は必要ですからね。


かつらマン追跡 題名:ジオンの遺産 投稿日 : 99年5月3日<月>16時18分

>十年は戦える
いや、もうちょっと前の「キシリア様がジオンを支配する時に、この鉱山は役に立つ」とか「考えてみろ、我々が送り付けた鉱物資源の量を」とかその辺です。実際、「十年戦える」量ですから、アクシズに持ち込まれてマシュマーが使ってたのや、もっと後にシャアが連邦からアクシズを買い取った時に使ってた金塊は、元々はオデッサから掘り出されたモノなんでしょうな。
現在はオデッサ周辺に金鉱山は発見されてないそうですけど。

例の作品を作られたモデラーさんですが、現在はプロモデラーとしてお仕事をなさってた方だと思います。アレは御本人の腕もありますが、あの当時のガンプラ熱というか、そこに込める魂ってのは相当クレイジーなモノがありましたよね(笑)


桑衝去場 題名:GW、パパは大変です(^^;) 投稿日 : 99年5月4日<火>22時23分

遅レスで申し訳ないですm(_ _)m

かつらマン追跡さんへ
マ・クベさん功績は偉大だったんですねぇ
アサルムには金塊がぎっしり詰め込んであったんでしょうかね。
そう考えると、某所のグワジン級問答でのアサルム温存説もあながち的外れではないのかも?
やっぱり、壺ばっかり買ってたワケじゃなかったんですね(笑)


一ヶ月近くも引っ張ったこの話題、経済から通貨問題へ発展していきましたが、
実は未だ肝心な旅費に関しての結論が出ておりません(^^;)

コロニー〜地球の旅費に関して、よいアイデアのある方、投稿お待ちしております。


通貨問答再燃へ

宇宙世紀の生活へ戻る