第110話「情無用の死闘!ルフィVSクロコダイル」

〜命、受けとめて・・・〜


今週の「せり」

せり:舞台の一部を切り抜き、そこから俳優を奈落(ならく) からせり出すもの。
「よっ!ロロノア屋!」
そんな屋号を呼びたくなるような
凛々しくも華やかなせり上がりっぷりに
男前もますますの上昇。
きりっとひきしまった表情は
「せりあがり」慣れてる花形俳優の風格。

そして舞台はヒッコシクラブへ…。

今週の
動物のことがわかるランキング堂々2位

ヒッコシクラブはその姿をほとんど人前に見せない
幻の蟹と言われています。
しかし、そこはチョッパー(1位)の実力で
すっかりうち解けています。
そこで、ゾロ(2位)です。
普段無口で無駄な事は何も語らないゾロが
誰も聞いちゃーいないのに
ヒッコシクラブを見た感想をポロリ。
ゾロの動物好きもこれほどなのか、と少しの驚きと。
そして、幻といわれる蟹の特性を
一瞬でお見抜きあそばされる的確な
観察力に大きな感動と。
・・・そして、愛。


今週の受けとめランキング堂々1位
(13週連続V)

ここはバカ無制限の「若竹のアニゾロ」では
ありますが、少しは冷静になってみます。
ビビが自分でゾロのもとに飛んで行ったのでは
無いですよね。
(以上、冷静モード終わり)

ルフィが投げて、ゾロが捕ったんですよね。
つまり、ゾロが受けとめたのは
ルフィの「想い」だったりするのですよね。
「後は、任せた!」

そしてゾロの方もルフィの行動パターンを
一番理解してる訳ですから
ルフィがビビに追いついた瞬間には
ルフィの投げやすい位置に移動していたはずです。
常に、球の道筋を読んでます!

今週の飛び込み王女

コンバンワ。パンチョ夜弥です。
では、解説していきましょう。
まず、ゾロは体をビビの方に開き
正面でビビを受けます。基本です。
上半身が伸びてビビの方へ向かっていても
下半身は動かず安定しています。
そして、ビビをつかんだら、そのまま
勢いに併せて柔らかく受けとめます。

さて、すっかり「球」扱いのビビですが
ビビの心中を覗いてみましょう。

初めて会った瞬間から気になっていた…。
手強い敵だった…。
ピンチを助けてくれた…。
気持ちが動転したまま、共に旅することに…。
今、こんなに間近に感じる…。
Mr.ブシドーの鼓動・・・・。

ねぇ、イガラム。今、私。
Mr.ブシドーの腕の中にいる・・・。

今週の夢心地王女

さぁ、ゴールデンウィークも大詰めです。
見所満載でお送りします。

どう見てもビビを「球扱い」だったゾロ。
しかし、ここで「レディー扱い」の衝撃。
何故、こうも優しげか。
私の見方の問題なのか。(多分そうです)

私がこの場面を見て、最もハートがドッキンコと
なった部分はビビの足が揃ってる所です。
上の絵を見る限り、ビビの足は
なげやりに開いています。

何故、今は足が揃っているのか!!

私はゾロの左手を見て、もしかしてゾロがビビの足を揃えたのか、と一瞬思いました。
ゾロって!!ゾロって!!ゾロってそうなのぉーーーーっっっっ!!!!(どうなんですか)
しかし、頑張って冷静を取り戻しました。頑張って。物凄く頑張って。
いいえ、違います。ゾロはそうじゃありません。
ボロボロに服が焼けて半裸になってるナミに上着を貸してやるような紳士な要素は毛頭ありません。
もちろん、ゾロ自身が上着を持っていないからではありますが、あの時、腹巻でも貸していれば
ナミはケスチアになってなかったのかなぁ、と今さらながら思うわけです。
結果的にはナミがケスチアになったおかげでチョッパーに出会えた訳ですから、オーライですが。

さて、話は戻って、現在のビビです。
ビビは薄れ行く意識の中で、最後の力を振り絞って足を閉じたのです!自力で!気力で!王女の気品で!!!(涙)
国を思う気持ちから、どんなにはしたなくふるまっても
Mr.ブシドーの前では1人の女の子。そんな乙女心。出会いから今までの彼との思い出が頭をよぎります…。
・・・ナミさんに「あいつ、ホモよ。」と教えられた日の夜、少し泣いたっけ・・・・。

今週の顔面恐怖
「青少年有害社会環境対策基本法」ターゲットレベル
 可決されれば、即、抹殺レベル

その恐怖がどのくらいかと言うと
額の深い溝から、今にも謎の生命体が生まれそうです。
ギリギリです。ギリギリで、極限で。
精一杯の笑顔です。

ルフィの笑顔に、自分も笑顔で応えました。
「その決意、受けとめた。」

万感の思いを抑え、吐いた言葉は「バカが…」
バカに誇りを持つ男、健在。
「バカだから、うちの船長やってんだ。」
第107話参照)

実は、ゾロの怖い表情について
私がここで熱く語る必要は無いのです。
なぜなら、ゾロの心中を詳しく解説して下さる方が
いらっしゃるからです。
今、こうしてる間にも同じヒッコシクラブの上で
ゾロをご覧になってることでしょう。
来週ご登場の予定です。やっほい★

今週の罪な横顔(王女ビジョン)

「何が何でも生きのびろ。
 この先、ここにいる俺達の中の
 誰がどうなってもだ!」

ルフィの決意を受けとめたゾロは
ビビに。
そして、全員に。
決断を求めます。
生ぬるい気持ちで進む旅じゃない、と。
始まっているのだ、と。
迷ってる暇は無い、と。

ビビは改めて、胸に誓います。
国を救うための覚悟を。



「ビビ王女。死なない覚悟はおありですか?」



前へアラバスタ編後半TOP次へ

若竹