第120話「戦いは終わった!コーザが掲げた白い旗」

〜目を閉じるゾロ〜


今週のアニゾロのテーマはズバリ「Sleeping Beauty」です!(どきっぱり)

こんなに背中を無防備にねっころがって大奉仕大会です。
テレビの前の大きいお友達をめくるめくうつぶせワールドに
誘いながら、ゾロのつぶやきは…

・・・ウソップ・・・。

まず、最初にウソップです。
これはどういう事かと言いますと
きっとゾロの中でウソップが一番「足手まとい」なんだと思うんです。
一番「手が掛かる」んだと思うんです。
一番「心配」なんです。
ウソップはラクダとのチームになって凄く不安を感じてました。
それを思い出しています。
ウソップがピンチだったら…って…。

私は、アーロンパークで自分は縄にくくられながら
自分を見捨てたウソップを心配していたゾロを思い出しました。
ウソップは俺が助けてやらなきゃ、って思ってるのでしょうか。
くっすん。

礼を言うのはまだ早い、とおっしゃってます。
すこし和みかけたクルー達に再び緊張感を呼び戻します。
これから始まる厳しい戦いを乗り越えるために
気持ちを引き締める言葉を投げかけます。
今、ゾロはまさにリーダー的存在です。

そんな見せ場に、驚くべき超カルガモの視線です。
ゾロへの熱視線です。
ゾロってば、いつの間にこんなにフレンドリーに!!
ケンタウロスもすっかりメロメロです。

※ちなみにこれはアニメのオリジナルです。

続いて、後ろから舐めるようなアングルでの
ねそべりゾロです。出来ればテイクアウトでお願いします。

何かを拒んでる感じの表情でテレビの前のオバカちゃん達を
めくるめくうつぶせワールドに誘いながらの次のセリフは

ナミの奴はうまく逃げられたのか?

結局、ミスター・ワンとの戦いに精一杯だったゾロは
ナミを放置したままにしてしまいました。
ゾロはまさかナミが戦ってると思ってないようです。
ナミが逃げ切ることを期待しているようです。

「戦闘後のアイツはよく食うぜ。」
コックならでは説得力のある言葉です。
サンジらしくユーモアにあふれてます。
全員、不安を感じてない訳がありません。
当然船長の事も心配です。
そんな中でサンジの軽い調子が救いになります。
後ろで、静かに話を聞いているゾロは
悟りの境地に達した僧侶のようです。
僧侶萌えの私としてはこのフードの雰囲気が
セレモニーな感じでいとおかし。

全員がバラバラになる時に
「ドジ踏むなよ。」とゾロ。
「アルバーナ宮殿で会おう!」とサンジ。
ゾロは注意を促す厳しい言葉を
サンジは明るい希望の言葉を。
大丈夫だ!ルフィの留守も、大丈夫だ!
この兄やん達がみんなを引っ張ってくれてるよ!

そしてやっぱりか!

ゾロの Sleeping Beauty!

もしかして、そうかな、とは思ってたけど
ここに来て、決定打。
テレビの前の阿呆どもは
総フォーリンラブそして総ブロークンハート。

皆さん、お気づきですか!!
今週のゾロはーーーっ!!
どのコマも目を閉ーじーてーまーすー!!
目を開けてる絵が無いのです!!

イエス!スリーピングビューティー!センキュー!



そしてそして。
どうしようもなく感動したので描きました!



涙クン、こんにちは。
よりによって、ねじ巻島のオルゴールの曲を使うなんて!!殺す気か!!くわっ!!
私、チャカに弱いです。チャカとかドルトンさんみたいな人に弱いです。
真面目で正義感があって自分に厳しい人!
コブラやイガラムが偉大なのは十分わかってます。
でも、彼らには遊び心や心の余裕と言う物があります。
しかし、チャカとペルにはありませんでした。いつも全身でぶつかっていました。

我、アラバスタの守護神、ジャッカル。王家の敵を討ち滅ぼす者なり。

責任感と使命感で命の全てを国のために使い切ろうとするチャカの
平和な日の優しい笑顔…。よよよ。


ところで、チャカペルの素敵サイトさんで知ったのですが
サンゾロの人をサンゾラーって言うように
チャカペルの人をチャカペラーって言うんですね。
ゴスペラーズみたいですね。




台無し!




前へアラバスタ編後半TOP次へ

若竹