第154話「神の国スカイピア!雲の渚の天使たち

〜天使って本当にいたんだね〜



今週は大変でした。

スケッチを取るために、巻き戻すのですが

ゾロの声が聞きたくて、一時停止ボタンを押せない!

止められない!止まらない!

巻き戻すたびに

ゾロの声が聞きたくて、一時停止ボタンを押せない!

止められない!止まらない!

・・・・・・今週は大変でした。


うわ!いつの間に?!先週からこんなになってたんですか?1週間、ずっとこの体勢だったんですか?私、見落としていたんですか?私の知らない間に何てコト!!
電話してよ!「今、隣にいるから。」って電話してよ!!
あ、ケータイに出なくてすいませんでした。
インテックス、お疲れ様でした。
微妙に日記をまじえたアニゾロですいません。

ところで、サンジが手すりにアゴを乗せてます!
手すりにしがみついてます!
その、甘えっ子ポーズ、何てコト!
アゴを乗せるといえば、チョッパーがゾロに肩車された時にゾロの頭にアゴを乗せているレベルのファンシーポーズなんですが、加えてサンジがしがみついてる手すりに腰を落ち着けるゾロなんですが、私、こういうの、何て言うか知ってます。

「THE 仲良し」っていうんです。

ほら!体で感じちゃったんだもーん!疑いようが無いわ!

信じがたき事なんですが、ビデオ録画せずに垂れ流しの状態でアニメをご覧になってる方が少なくない、という事です。そういう方達は、じゃあアレですか?ゾロの瞬きとか見逃して悔しくないんですか?それとも私が貧乏性なんですか?
まぁ、いいでしょう。ここは私が大人になって垂れ流し派の方のために保存派だけが楽しめる場面をご紹介しようじゃありませんこと。(貧乏性にもかかわらず口調はお蝶夫人/お蝶夫人を知らない人は検索で調べてみてネ)
先ほどまでゾロとサンジが隣同士でまろやかな時間を過ごしていたのですが、突然の船の激しい揺れによって仲間達が転がってきた所を、止めている場面です。
チョッパーをロビンが。ナミをサンジが。そしてウソップをゾロの足がとめています。
こんな愉快痛快コミカルシーンを見過ごされた方が結構多いと思います。
全く信じがたき事です。

ほら!体で感じちゃったんだもーん!疑いようが無いわ!

定位置か!
そこが定位置なんか!
そこが落ち着く場所なんか!
ちょっと目を離したらすぐコレか!
しかも肩寄せ合ってるようにも見えるほどの接近か!
(それほど見えません)
そんなに2人並んでテレビに映りたいんか!
船長のアップの隙間を狙ってまで
2人でフレームインか!
ズームインか!(お願いします)

ゾロとサンジにズームイン!

は〜い!
こちら白々海はよく晴れてま〜す!
日中の最高気温は26度の予想で〜す!
ジャケットを脱いで腕まくりしたくなる陽気ですね!
・・・という訳で実は秘かにリゾートモードになっているサンジ君なのでした。

「案外おれ達ぁ、もう全員死んでんじゃねーのか」
「そうか。その方がこんなおかしな世界にも納得がいくな」とか
「まるで夢だ」
「全くだ」とか…
夢の世界とか死後の世界とかに共通のイメージを持っていらっしゃるお二方なのですが、そんな昇天パラダイスを2人で共に過ごされたのかしら、とか考えてしまったアダルトなお姉さんは反省文を書いて速やかに提出のこと。(締切:5月12日)
・・・・間に合いませんでした。

ほら!体で感じちゃったんだもーん!疑いようが無いわ!

私、知ってる!!
このもたれ方!!
もれなくリゾート気分になれるもたれ方!!
ここはたちまちバルコニー!!
誰が何と言おうと渚のバルコニー!!
だってパノラマオーシャンビュー!!
もたれ方ひとつで、常夏を満喫!!
何度でも行きたい夢の楽園!!
ハイアット・リージェンシー・スカイピア!!

いや違う!
私は今すっかりハワイ気分で盛り上がっていたのですが
ここはニューカレドニアだと思いました。
天国に一番近い島なのだと思いました。
そしてイメージ通りのビーチがないかと
ニューカレドニアの写真を探したのですが
隊長!白い海の写真は1枚もありませんでした!

ほら!体で感じちゃったんだもーん!疑いようが無いわ!

ガタンゴトンドスンバタン ガラガラドッシャーン
(七転八倒及び器物破損)
心臓、潰れるかと思いました。
胸が締め付けられました。
焦げ臭いほどに胸が熱く焦がれました。
酸素が足りませんでした。致命的に。

「ああ、行くよ?」

眩し過ぎる!キタ!目にキタ!
声の眩しさが目にキタ!
真夏に見る金閣寺くらい輝いていた!
直射日光反射しすぎ!!
(※金閣寺は年中、見頃です)

もう、その声にドスンバタン。
空の青さとか、海の白さとか
そうか!中井か!中井の野郎か!
コラ、中井!出てこい!


あ、握手して下さ〜い☆

キャ!言っちゃった!

だって!体で感じちゃったんだもーん!

甘酸っぱい思い出

コミックス派の皆さん、こんにちは。
コミックスを何度も読んでいるはずなのに
アニメで見て初めてわかる事があります。
アニメは「時間」という物を感じさせてくれます。
ゾロとロビンのゆったりとした会話から
ある事に気が付きました。

アニメではカットされてましたが、原作ではこのような場面がありました。
この飛び込みゾロが一体何を意味するのか、はっきりとはわかりませんでした。
しかしアニメを見て、新たに感じた事があります。

ロビンは見たことも無い景色に船を降りたくてウズウズしていました。
それに比べてゾロはさほど空の島に興味を持ってないように
もたもたしていました。(本当は降りたいのに)

ゾロは1人になりたかったのだと思うのです。

誰も見てない所で、サンジの真似をしたかったのだと思うのです。

ですから、ここは読者全員で
「おめぇもだよ」
と、ツッコミを入れるところだと思いました。

まぁ、それで、冒険にキラキラしているロビンを、少し不思議そうに眺めるゾロなんですが、ロビンの言葉からゾロがどれだけの思いを巡らしたかは謎のままです。
ただ、もうそろそろ決定して欲しい事があります。
アニメでよく見られるこのゾロの表情なんですが、そろそろ名前を付けて欲しいのです。
そうです。この口角の下がり方です。
戸惑いを感じたような、拗ねたような、ゾロの少年ぽさ、あどけなさ、青さ、愛しさ、恋しさ、切なさ…そんな青い果実の芳香の口角の下がりに呼び名が無いと不便です。
いちいち全部言うの面倒臭いんです。
例えば「血ペロ」と言うとそれだけでゾロの色っぽい挑発シーンが目に浮かぶように、この口角の下がり具合にも名前が必要です。切実に。

リップターミナル。
への字スポット。

・・・・すいません。忘れて下さい。
全てを無かった事にして下さい!!

なめらかなふくらはぎと
几帳面に折り上げられたズボンの裾と
愛らしいかかとと
ワンポイントの足の傷と
愛らしいかかとと
なめらかなふくらはぎと
スベスベのお肌に伝う雲の水と
なめらかなふくらはぎと
なめらかなふくらはぎと
なめらかなふくらはぎと・・・・

見所、多すぎ!!

ほぅら!
だから言ったじゃないの!ビデオに録画しなさいって!
ぼんやり見てたら見逃しますよ!この笑顔。このチャーミー!
これは「あ、ちょうどいい。」と言った時の一瞬の笑顔です。ゾロはタオルだと思って手を伸ばしたのですが、実は雲キツネでした。
その時の、この笑顔。このチャーミー。
これはまるで映画「デッドエンドの冒険」の時のサンジが
(以下ネタバレなので反転)
無意識にアナグマに優しくしていたように
ゾロも動物に近付いて無意識に笑顔がこぼれたのでした。

最初、聞き取れなかったのですが
どうやら「すまん」と言っておられるようです…。
何て事!!!
「すまん」ってどゆこと!!
ゾロが詫びる時は「悪ぃ」だと思うのですが、「すまん」って武士?武士の国の人?そのうち「おぬし」とか言って下さるんですか!!いいえ!!そんな事はどうだっていいんです!!動物のしっぽをつかんで「すまん」って謝る賞金首がいますか!愛らしいのもほどほどにしやがれっってんだ。この人、大浴場で女湯、覗かないんですよ!!そんなゾロが汗かいて「すまん」ってどゆこと!!この人!!懸賞金額6000万ベリーなんですよ!!!そんな人が!!動物にむかって「すまん」って!!!!!

もう、これ以上、謝らないで!!
私のために頭を下げないで!!

もう、私、この人、キライ!!

正 解 !

さぁ、2人並んで織りなすハーモニーは絶妙です。ポーズも同じなら語るトーンも似ていて、とても重なっていました!和音!そう、音の和ってことですね!
ビバルディ作曲!


エンジェルビーチにたたずむ2人のBGMはこちら

ところで、パガヤさんが「空の幸」と言ってますがオカシイですよね。
青海人から見れば、ここは空ですが、空の人達から見たら
そこは生活の場であって「空」ではないので
「空の海」も単なる「海」でよいと思うのです。
青海人が「空の幸」というのなら解るのですが。
ですからパガヤさんはせめて「空の海の幸」と言うべきだと思います。
それについて、きちんと尾田先生に説明したいので
どなたか、尾田先生の電話番号を教えて下さい。
あ、それからそろそろBGMは切って下さいね。いつまで「春」気分ですか!

それから、コミックスではハッキリしなかったのですが
雲切り場で雲を切ってる事に興味を持っていたのはゾロだったんですね。
「切れるもんなのか?雲って。」というセリフをゾロが言ってました。
いろいろな特性や形状を持った雲を“斬る”ことを
この時、少しでも考えていたのでしょうか…。

全世界のありとあらゆる母性本能をくすぐった
健やかで爽快な寝顔。爽健美茶。
十六種類の自然の恵み。十六茶。
日本人のゾロの好みがフレッシュになってきた。
生茶。
もっと健康なロロノア出来ました。
カテキン20%増量。まろ茶。
そんな心の故郷、ゾロの寝顔。

白々海は海底が無いのに
どうやって貝が生きていくのかが
気になっていたゾロです。
そしてダイヤルは貝の死骸を使うと聞いて
「そうか。ダイヤルを利用するために
 貝を殺すことは無いんだな…。」
そう思うと、何だか急に眠くなったのでした。

※顔の形がわからないので
 最初に普通の輪郭を描きました。

空いっぱいに広がって。
胸いっぱいに広がって。
ゾロのほっぺも膨らんで。
ふっくらゾロほっぺ可愛いな。

そんなに頬張って
「空島特産フルーツ添え
 スカイシーフード満腹コース」が
おいしいんですね。
これがゾロの「おいしい顔」なんですね。

私も頬張りたいでーす!!(無邪気に)



前へスカイピア編TOP次へ

若竹