第183話「マクシム浮上!動き始めたデスピア!!」

〜ゾロと一緒にお休み中〜



ひょっとして先週と全く同じ絵ではないのかと思った人は素人です。
そして私は玄人です。自称ゾロプロです。
違います。先週のゾロと今週のゾロは違います。
ランニングが違ってる!ランニングがギザギザになってる!ジーザズ!
私たちの知らない間に何があったというの。
一体何がゾロのランニングを蝕んでいるというの。
一体どんな出来事がランニングの端を裂いたの。
一体何の目的でゾロの衣服が切り刻まれているの。
とにかく、先週から今週の1週でここまでランニングが切られているということは
来週は更に深く切り込まれていると予想されます。
時間と共に、ゾロのランニングがどんどんビリビリになっていくと予想されます。
全く目が離せません。それはまるでダンデライオンのように。
ダンデライオンとはタンポポという意味ですがライオンの黄色いたてがみが
タンポポに似ているからではなく、ライオンのギザギザの歯が
タンポポの葉のギザギザに似ているところからこの名前がついたと
『明日のナージャ』の作者が日記で書いてました。
どなたかこの事をバンプオブチキンの人に教えてあげて下さい。

次に私はゾロの寝姿について更に語るとここに宣言します。
ゾロにとって
「大の字に寝る」というのはただ寝るのとは少し意味が違います。
ゾロは昼寝の帝王ですが、横になって寝ることは珍しいです。
例えば他のクルーが寝ていたり倒れたりしている時は
必ず座って刀を抱えた状態で眠ります。
参照:23巻211話「それよりビビ早く行けよ。広場へ戻れ。」
27巻254話「何が一緒にだ。いくつだてめぇは。勝手に行ってこい。」

では、比較的珍しいゾロの大の字寝姿というと
17巻155話 メリー号で、みんながバロックワークスのエージェントの話を
ビビから聞いているシーンです。

またウィスキーピークでの海賊狩り100人斬りの時もそうでしたが
他のクルーが寝ている時にゾロが完全に眠ってしまわないのに対し
他のクルーがきちっと起きて緊張している時は安心して寝ています。
そして安心しきっている時に大の字になるのですが
少しこじつけかもしれませんが、仲間の話題から「バロックワークス」という
言葉を耳にしてからは、大の字から座った姿勢に移しています。
微かな不穏の空気からゾロは寝るスタイルを変えたようにも見えます。

では、現在のゾロの大の字を見てみましょう。
エネルに一方的にやられて、全てを投げ出したような格好のようです。
精根尽き果てて、そこにはカケラの意志も残っていないようです。

敢えて褒めるとするならば「潔い」とでも言えるのかもしれませんが
剣士として戦闘の準備を放棄している態勢はやはり哀しい物です。
安心しきった時の大の字とは全く逆の状況だと言えるでしょう。

そんな事を考えながら、今年の夏は
大文字の送り火を眺めとうございます。
そんな夏を過ごしとうございます。
ゾロが好きでございます。

ところで話は変わりますが、2月26日にアップした
最新のジャンゾロで私が書いたフュージョンの元ネタがCMで流れました。
ドラゴンボールZ2のゲームのCM中にフュージョンがありました。
これも何かの運命の巡り合わせだと思うのです。
そんな春を過ごしとうございます。
若竹の夜弥でございます。



←前へ黄金の鐘編TOP次へ→

若竹