第185話「目覚めた二人!燃える恋の救出前線!!」

〜青い稲妻がやっぱり攻めた〜



今週のアニサンのスケッチは全て転載OKです。
皆さんのサイトでも是非今週のアニサンを!!
(転載された時はお知らせ頂けると嬉しいです。)


今週はサンジのビッグウェーブです。先週みたいに予想外の所からの大波ではなく、正統派です。真正面ど真ん中に来ました。そんな今週のサンジはカッコイイだけでなく、セクシーなの?キュートなの?どっちがタイプよ〜?と聞かれたら「両方!」と答えてしまうような両面パラダイスです。(りゃんめんと読みます)
このシーンでは力強い決心が溢れているにもかかわらず可憐なの?睡蓮なの?水仙なの?
人生迷い道。特にゲゲゲの鬼太郎の4倍くらいは察知している妖気にも注目です。このシャツの出番は控えめなので、今週しっかり目に焼き付けなくてはいけません。

ただメルヘンエロエロと言ってるだけでは済まされないサンジの脚線美です。こんなにも。喉元過ぎても忘れない熱さです。このド迫力の蹴りにダイナミックさを感じているだけではサンジプロ略してサンプロにはなれませんことよ。私はかなりゾロプロですがサンプロではありませんので、自信なさげにお送りしますが、サンジのこの蹴りスタイルは「ピンチに登場お助けヒーロー」的付随意味があったような気がするのは私だけ?
ええと、色々原作を読み返して確認しようと思ったのですが、何巻を読めばいいのかさえわかりませんでした。すいません。ゾロプロですいません。
ただ、自分が書いた物は覚えています。私の記憶の中では、このポーズを書いた記憶があります。アニゾロ39話で描いてました。

これには触れないつもりでいたのですが、やっぱりオカシイです。間違いがありすぎです。ゾロの腕が垂れてないのがおかしいです。頭ももっと下がるはずです。ですからロビンは腕も咲かせて赤ちゃんをお風呂にいれるようなマイルドタッチでゾロの各部を抱きかかえないといけないと思います。それがハナハナの義務だと思います。それから足はやっぱりオカシイです。足は間接の無い部分が咲いているので、曲がりっこないんです。この足が歩くためには、足だけでは屈折できないので、ゾロの肉体とか服が関節部分を担わなくてはいけないんですか。そこんとこ、尾田先生と3泊5日くらいで語り合いたいです。場所はハワイ希望。

原作で見た時に、アニメになるのが非常に楽しみだったシーンです。わかっていても思わず笑ってしまう楽しい仕上がりになっていました。ウソップの空中回転はとても華麗でした。空中のみで。

このスケッチも転載OKなので、誰かが持ち出してくれたらいいな。もうすぐ4月1日だし。



お誕生日、おめでとーーーーっ!!!
(絶叫しながら船から落ちるナミ)



さぁ、お待ちかね。チュンチュンタイムです。春のチュンチュンスペシャルです。上唇と下唇の喝采です。右唇と左唇の奇跡です。サンジのタバコでね。ちゅるんってしたの。
サンジの唇はゾロよりも薄くて柔らかいイメージです。だからゾロの唇はしっかりしていてあまり形状が変わらないんですが、サンジの唇は銜える物に沿ってちゅるんってなります。
過去にも私はサンジの唇にこだわった記憶がありますが、もしそれをご覧になりたい方は「愛される紅茶の飲み方」で検索して下さい。私が試したところ、ヤフーではダメだったのでグーグルで検索して下さい。それでもダメだった方はアニゾロ76話です。



←前へ黄金の鐘編TOP|次へ→

若竹