第187話「鐘の音の導き!大戦士と探検家の物語」
第188話「呪縛からの解放!大戦士が流した涙!!」

〜大戦士と探検家〜



本編に入る前に、CMです。
カードバトルのCMにパンダマンがいる、とジャンプに載っていたので探しました。いました。
それからゾロがバレーボールのアタックみたいな格好になっていました。

カルガラはこうでなくっちゃいけません!!乱暴で荒々しくて野蛮でなくちゃ!これがノーランドを知る前のカルガラなのです!
舌の色艶や動きが私の想像を遙かに超えていましたが、このくらいの勢いでゾロが血ペロをやったらどうなるか、少し想像して、ちょっと舌が長すぎると思いました。
舌の動きもさることながら、獲物を狙う容赦ない目つきや鬼気迫る表情はとても迫力があります。こんな野蛮人、見たこと無いようで、実は親しみを感じたりしました。これはネットをやっている時の私の顔に似ていると思いました。ネットをやっている時の自分を鏡で見たことは無いですが、黒目が小さくて目の下真っ黒で口元はだらしないと思います。舌は出してませんが。舌は出してないつもりですが。自分では舌は出してないと思うんだけど・・・。

嗚呼!提督!
原作で読んでいる時はノーランドという名前が私の柔らかいハートにクッキリと刻まれたのですが、アニメで見ているとみんなが「提督!提督!」と愛おしげに呼ぶもんだから私も提督!と呼んでみなくなります。だって春なんだもん!

少し間の抜けた感じの表情が大好きです!
特に上唇がアヒルみたいにクワってなってる所が少年ぽくてたまりません。この部分にノーランドのあどけなくて純粋な部分が現れているのだと思います。

それから、鐘の音は「カラァーン」というよりは「ゴーン」という感じの音でした。

ノーランドとはどういう人なのかなーとぼんやりしているとエライ目にあいます。心の準備が何もない状態でドラマティックにヒーローとして登場しちゃって、動きとかセリフとかがカッコイイのも本当に心憎いのですが、ノーランドには格好良さと共に、温かさもありますね?!
強いのに優しいのか!雨なのに温かいのか!行動がイキナリなのに包容力があるのか!メロンメロンか!ああ、メロンメロンだ!そうだ!メロンメロンさ!モンブランだ!でも、もう栗の季節じゃないから、モンブランは食べない!!

忘れられるはずのない劇的な出会い。
一度水に入ったノーランドのコートはきっとすごく重くなってるよね。ちょっとそういう現実的な事を1つとってみても心にグッときます。この時の2人の感情があまりにも多くの事を含んでいるので。この出会いというのはそれぞれ友人との出会いでもあり、さらに人生とか現実とか世界観とかそういう物に大きな影響を与える存在との出会いなんですよね。
この2人の出会いを正面から受け止めるには大きすぎて私のちっぽけな柔らかいハートはチュクチュクしちゃうので(by キューティーハニー)この過去編は軽く「萌えー」とか言っていたいお年頃。

このスケッチはカルガラの体のある部分を描きたくて描いた物だと思います。描きたかった部分を濃くしてみました。
全然関係ないんですけど、エッチスケッチワンタッチという言葉を思い出しました。いや、全然関係ないんですけど。

キャンプファイヤーに向かって笑っているカルガラです。
クソー、無邪気に笑いやがって!優しい目になりやがって!
ほんの1時間前には(TV放送的に)舌をベロベロする野蛮な魔物だったのに!ノーランドか!そんなにノーランドが優しいか!

カルガラのこんな表情はまた見られるのか!それとももう見られないのか!

黒いロングコートといえば色気キャラ御用達だと思うのですが果たして提督は色気キャラなのでしょうか。頭の栗はユーモラスでコミカルで木の実っぽいと思います。眉毛と鼻の形は「吾作どん」という感じです。また、明かな露出もチラリズムもありません。
つまり黒いロングコートを着てはいますが素朴キャラだと思います。
見た目は素朴な彼の、憎らしいほどの格好良さを見届けるつもりで今後の過去編を堪能しようと思います。



←前へ黄金の鐘編TOP次へ→

若竹