第215話「うなる熱球剛球!海賊ドッジボール!」

題216話「断崖の決戦!だるまさんがころんだ!」

〜3連休スペシャル!氣志團登場!



真面目な話ですが、前回くらいからワンピースとは別物の
「ワンピースGT」というのが始まってます。
本編でウォーターセブン編がある程度落ち着くまでは
アニメで始められないというぼんやりとした制約があるそうです。
そうなると、本編が落ち着くまではワンピースGTが続くということなんでしょう。

私はアニメは同人誌を読む感覚で楽しんでますが、
ワンピースの骨格部分を歪められたアニメを見るのが苦痛だという方は
今後しばらくは、アニメを見ない方がいいと思います。

アニメを楽しむためには「サンジの袖がふくらんでたねー。」
「ゾロのピアスの揺れ方がリズミカルだったよねー。」のような事で
満足していくのがいいと思います。

まぁ、私は江戸時代パラレルとか「どんと来い。」派ですが。


215話

ゾロとチョッパーの親子のような関係が
とても微笑ましいシーンでした。
ジャンプボールをやりたがるチョッパーに対する
この爽やかな笑顔です。
チョッパーがジャンプボールを
「俺がやってもいいか?」とゾロに確認することも、
ゾロがそれを許可することも、
全く疑問が無いこともないのですが、
2人の中ではこの親子ごっこがとても自然に
繰り広げられたんだと思います。
普段から突然親子ごっこを始めたりしてるんだと思います。そんなハートウォーミングな場面を
間近で見たいんです。
温まりたいんです。

倒した敵の数を張り合ってます。
この2人に似合うのは「小競り合い」
だと思いました。
辞書で調べたら「小さな問題のために起こる、
ちょっとした争い。意地の張り合い。
お互い意識し過ぎだと自覚無し。」と
載ってました。内情に詳しすぎる辞書でした。
第三者から見て「どうでもいいじゃん。」
と思える事に対して熱くなるのが2人の
摩擦熱なんです。
擦れちゃって熱くなっちゃうんです。

争いの原因が小さければ小さいほど
いいと思う今日この頃です。

的中君のロックオン画面です。
おやびんが何をイタダこうとしているのか
心配で冷や汗が流れました。
誰が見てもどこから見ても
ゾロのハートを盗もうとする現行犯です。
そして観念したように静かに受け入れるゾロが
余計に私の心を乱しました。
この後、ゾロの胸が射抜かれて、
イタダかれちゃったら私は
どうしたらいいのだろうと、おろおろしました。

しかしそんな私の心配をよそにゾロは「目を閉じていようが何だろうが、剣士には関係ねー」という
名言と共に的中君の攻撃をかわすのでした。
でも、ボールを斬ってしまうのはアウトなんですって!ウッカリ!

216話

えーと。これは確か今日、私がインテックスで買った同人誌の1コマが混ざってしまったんだと思います。「うるさいお口はふさいじゃえ!」って言ってたと思います。この辺はお馴染み「同人誌でどうぞお使い下さいこのシチュエーション〜東映からのご提案〜」コーナーなんだと思いました。だるまさんがころんだというゲームの中に秘められた「体を動かしてはいけない」というプレイは、アダルト官能小説に採用されました。すいません。言い過ぎました。
冷静に考えて、こんなにくっついていたら走りにくいだろうし、親指を握りあってて、動きにくいだろうと思いました。だから、このシーンでは萌えられませんでした。
それよりもその後、平田さんと中井さんがアドリブっぽく「…ラブリン…!!」「…カタブツ…!!」と言ってるシーンが萌えました。

ポルチェちゃんを助けるサンジが
本気で格好良かったです!
敵なのに!
自分の勝利がほぼ決まっていたのに!
仲間をかけた大事な戦いなのに!

ポルチェちゃんを助けながらも、勝利を目指して
上半身を動かさないでいるサンジには
本当に感動しました!
あとがぐだぐだになってましたが。…残念!

このゲームはほぼ全てが「偶然」で流れていて、
誰の実力も発揮できていなかったのも
残念だったりします。

そうそう。これこれ。
私好みのパターンでございます。
面と向かって悪態をつくのも好きですが
誰も聞いてない所で「クソコックの十八番だが」
と言ってから、敵を蹴り飛ばすんです。

わー。ゾロ君。
独り言言っちゃったねー。
蹴る前に一瞬クソコックのことが
頭をよぎっちゃったのねー。

スペシャルコーナー


氣志團登場!!

3月5日公開の劇場版アニメの主題歌を
氣志團が歌うということで
スペシャルコーナーがありました。

ルフィ(着ぐるみ)と氣志團が
楽しそうに絡むシーンや
一緒に踊るシーンがありました。

背後にはコミックスが積んであったように
見えたのですがどうでしょう。
綾小路翔さんはこのようにワンピースについて
語っておられました。

男なら大海に飛び出すしかねーじゃねーか!という
思いを、ソッと背中を押してくれる
素晴らしい作品だと思います。
毎週ドキドキしてますよ。

映画の1シーンが流れました。

ゾロはジャンプに載ってたハーフパンツ姿以外にも
長渕剛ばりのワイルドベストを着ている時も
あるようです。

露出熱烈歓迎でございます。



←前へデービーバックファイト編TOP次へ→

若竹