第218話「全開ノロノロ攻撃VS不死身のルフィ」

〜観戦ぞろり〜



今週のさくらんぼ達です。

先週もさくらんぼでした。
先週のさくらんぼで、言い忘れてましたが、
最初、ナミ、ゾロ、サンジの順に並んで
ゾロとサンジはケンカしてましたが、
しばらくするとナミ、サンジ、ゾロという順に変わって、ケンカは収まってました。
よくわかりませんが、サンジはナミの隣になって
機嫌が直ったのかもしれませんね。
とりあえず、さくらんぼである事に間違いはありません。

こうやって「ヘタ」の部分がくっついていると
持ち運びに便利だと思いました。
太股がぴったりくっついているのと見ると
私の心もさくらんぼでした。イェイ!

傷ついて倒れるルフィを見守るゾロです。
ルフィが負けるなんて微塵も思っていません。
ルフィの戦いを間近で見ることのほとんどない
ゾロにとって、たとえゲームであっても
自分が絶対的に信頼する船長の戦いっぷりを
目に焼き付けようとしているように見えます。

ゾロの苦み走った目元にしびれます。
少しうつむいた角度のアゴが艶っぽいです。
少しうつむいた状態で、目を見開いて
前方をしっかり見る事を一般的に「上目遣い」
というのですが、もしかして、ゾロも
上目遣いで目の前の森羅万象を誘惑しているのでしょうか。それはそれでハッピーエンドだと思う。私なりに。

ウソップを制するゾロの声が優しかった。
ウソップを制するゾロの腕が優しかった。
ウソップを制するゾロの指が艶めかしかった。
ゾロの腕が自分を止めていてくれるから、
ウソップは思いっきり感情をむき出しにできたんだと思います。

仲間をかけたデービーバックファイト。
原作では仲間とか根幹を揺るがす展開が続いているので、アニメでは仲間を大切に思うクルー達の姿をひたすら楽しんでいようと思います。
「俺の仲間は誰1人、死んでもやらん!」と叫ぶルフィや、ルフィの麦わらを被っているウソップを。



←前へデービーバックファイト編TOP次へ→

若竹