第243話「仮面を取ったCP9!その驚きの素顔」

〜アイス×ロビンっていいよね!〜



今週のアニメを見ていて一番強く感じた事はCP9が格好いいという事でした。今まで敵に対して怖ろしいとか不気味と感じた事はありましたが格好いい!と感じたのはCP9が初めてです。原作でも感じましたが、アニメでは動きのメリハリがすごく格好良かったです。戦闘の時は素早いけれど、それ以外の所作はゆったりと高貴な感じ!(ブルーノ以外)

それ以外の今週の見所はつらそうにハァハァ行ってるアイスバーグさんの色気ですよね!(満場一致で)

このスケッチは目をキュッとした時の
アイスバーグさんです。色っぽいよね!(満場一致で)

アイスバーグさんがハァハァ言って、胸が上下に動くのがたまんかったです。そのたまらん気持ちを胸に刻むためにスケッチを取ろうと思い立ちましたが、ご覧の通りの敗北者です。無理に決まってんだ、あんな構図。ジャンゾロの時もここで挫折したんだ。
スケッチはあくまでも「このシーンについて語りますよ」という目印的な物なので、絵として見ないで下さい。
アイスバーグさんのハァハァに私もハァハァしましたが、ロビンの格好良さも峰フジコ級でした。ミス・オールサンデー時代とは違う、スリリングな色気があるように思います。ミス・オールサンデーの時はミニスカートだったのに対し、今はマントから太股が見えるチラリズムがその違いでしょうか。いや、ちょっと違う。
ミス・オールサンデー時代はバロックワークス社に腰掛け的に入社してましたが、今回のロビンは本気なんです。命をかけてるんです。その迫力が彼女の美しさを際立たせてるように思います。よし、まともな感想だ!

ジャンプで感想を書いた時も、ロビンがアイスバーグさんの上に
乗っかかる絵が描けなくて部分的に模写しました。
アイスバーグさんの上品でいながらがっしりとした腕に
絡みつくロビンの腕がたまらんです。
だってロビンの腕は何も着用してないのですもの!
キャー!

アイスバーグという白い薔薇がありますが
アイスバーグさんとロビンが絡めば
紫の薔薇ですよね!大人の色気ですよね!
みんな、同意してるよね!


そして、薔薇の素材にはまった時期がありまして
ゾロの絵もこんな風に仕上げました。
その後、マシントラブルというか、私のウッカリミスで
この回のジャンゾロを消してしまったので、これらの絵は
アニゾロで日の目を見る事になったのでしたー。

峰打ちの時の彼は、刃を自分に向けて銜える事になる衝撃です。



←前へW7 CP9編次へ→

若竹