272話 「ルフィ目前!裁判所前広場へ集結せよ」

〜エニエスロビー場所〜


知ってました。
彼らが飛べるってこと。
十分わかっていたことですが、改めて確認したことは彼らのフライングスタイルの違いとか大空が似合うとか私も鳥になりたいとか、そんな感じです。

彼らの勇姿に似合うBGMに迷いました。

BGM候補
・ホール・ニュー・ワールド
・空を自由に飛びたいな ハイ タケコプター
・銀行だって早くお返事してくれるのにー
 (木村よしののCM)


飛び方の姿も二人の個性が光ってましたが
着地のスタイルもこの通り!
サンジはふわりと軽やかな着地です。
一方ゾロはどすこいスタイルです。
このスタイルがどこからインスパイアされたものかと言いますとズバリヨコヅナです。
彼のツッパリの姿から影響を受けたゾロは
大相撲の様式を取り入れて新しい体勢を
編み出したのだろうと、私は思います。

常に、新しい技や動物への知識探求に貪欲なゾロなのです。


暗闇の中でシュンシュンと俊敏に
動くサンジがかっこよくてゾクゾクしました。
見えない所であんなアクションしてたなんて!
ゾロとサンジの二人だけの会話、というのが原作より際立っていたように思います。

私が思うにサンジはナミさんに危険が及ばないために余計なバトルをしかけたんだけど、少しの時間の猶予も無い状況で、その事をゾロは怒るんですよね。でも、サンジの動きが余りにも速いので、ゾロが何に怒ってるのか、周囲はピンと来てないんですよね。
これこそ「二人の世界、周囲おいてけぼり」現象です。
恒例の。
ちなみに最後の二人のポーズがグロッキーリングが終わった時と似てるように思ったのでサンジの頭にタマを載せました。よろしくお願いします。

絵が左右反転になったままですいません。



←前へエニエスロビー編次へ→


|若竹|