第280話 「男の生き様!ゾロの業・ウソップの夢」

〜いったい何回滝に飛び込むのか?〜



悪い顔のゾロです。
ただ私のスケッチでは「この1週間で5時間しか寝てない」と睡眠不足を自慢してるような顔つきになってます。
睡眠不足が「悪い顔」の原因になるという教訓も交えたスケッチです。


ゾロがこの衣装になってから、前が開いている事に慣れてしまっていましたが、この角度から意外と奥の方まで胸が見られて、うほっとなりました。

最初から全部見えているより、隠れていた部分が見える方が興奮するという自然の摂理により、横の方からゾロの胸を覗き込むという新しい楽しみ方を覚えたスケッチです。

なんと!子ゾロです!
なんと!中井声の子ゾロです!なぜ!
子ゾロの声が中井和哉でした。
中井和哉が子ゾロの声でした。いい意味で。

セリフらしいセリフはありませんでしたが
くいなに倒されて「ウギャ」「ゥグゥァ」というような
弱弱しくも悩ましい吐息とも思える囁きというか
とにかく事件でした。

回想シーンは、このシーンを回想する意味もありますが 当時の自分を回想するという意味もあって 色々思い出して大変です。このアニメが放送された時は 病的にアニメを繰り返し再生エンドレス毎日。
1日に7回再生ペースで1週間を過ごしていました。 ゾロのセリフを覚える勢いでした。
声の魅力も十分な起爆剤でしたが、原作の時は 軽く見過ごしていた「磔(はりつけ)」という事実。

そうだ、ゾロは縄で縛られていたんだ。

当時は、ゾロの魅力が霧のように私を包み、 私は自分の足元も見えない状態でありましたが 今、冷静になって改めて感じることは

ゾロが縄で縛られているという事実。

こうやって人は変態という扉を開けてしまうのだろうか。 罪深きはゾロの魅力。

今回、久しぶりに「お安い御用だキャプテン」というセリフを聞いて語尾の優しさがまるで低反発枕だと思いました。包み込む優しさの低反発語尾。「お安い御用だキャプテン」という音声が流れる低反発枕、最強。

今週はもっさりした空気が楽しい麦わら劇場でした。
ウソップの釣る魚が小さいと文句を言うゾロは
そんな事で文句を言うゾロなのか、と
可愛らしさ倍増でした。

今週のちびゾロはお腹がとても膨らんでいました。
腹巻がまん丸になっていました。
緑でまん丸で縦じまが入っているので
スイカだと思いました。


←前へ改装&回想編次へ→


|若竹|