第289話 「ゾロの新技炸裂!刀の名はそげキング?」(2007.1.6)


フクロウを見て、掛川花鳥園のフクロウ達を思い出したのでスケッチしました。
(いつも、こんな感想ですが、改めてすいません。)
ここの花鳥園にはたくさんのフクロウがいて、その中にルフィとサンジとゾロという子がいるんです。
http://www.kamoltd.co.jp/kkestaff/vol5.htm

今週の一時停止お薦めポイントです。
「いいかい、ゾロ君、聞きたまえ」と言ってるシーンですがゾロの頬にそっと手を添えてるように見えてビビンバ!
(音の響きだけで採用した単語)
ゾロの顔が崩れているのが、かえって愛しいです。

振り向きざまにドン!と来たゾロです。
振り返りながら薄目です。
目はうっすらと開かれたままです。
振り返りながら。
同じ言葉を繰り返し言い続けます。
じわじわと噛み締めればいい。
薄目がどれだけセクシーかしっかり把握した上で、噛み締めればいい。振り返りながら薄目。
視線の先にはそげキングです。手錠で繋がれています。
しかし、このゾロの手の先が自分に繋がれたように見えなくもありません。(ある症状の人には)
ぐいっと力強く腕を引いてきたけど、突然止まって振り返ります。手を繋いだままで。もしかしてここで別れの言葉を言い渡されるのではないかと、ハラハラします。(末期の人には)
脳内では勝手に天城越えが流れてくるんです。

しかし、ゾロが言ったセリフは「ジャンケンするぞ。」です。
本当にありがとうございました。


←前へ麦わら VS CP9編次へ→


|若竹|