第308話 「ルフィを待て!ためらいの橋の死闘!」(2007.5.12)



焦らしてるとか全然、そんなつもりじゃなかったのにゾロにとっては焦らされてるという心地だったんですか。
いきなりの衝撃発言で、原作を確認しました。
そうすると「雪走」をボロっとされるシーンが省かれていて、代わりに「焦らし」発言でした。それが今週の等価交換でした。
「雪走ボロ」は原作では1コマだけでした。アニメではもう少しじっくり密着で見せてくれるんだと予想しますが、それは来週におあずけになりました。つまり私達も焦らされていると言うことですね!
それにしても中井和哉が「焦らしてねぇで、早く来やがれ!」とイライラしてるなんて、素敵☆
どんなシチュエーションであっても素敵☆

少しずつアニメオリジナルが挿入されていまして、ゾロと鉞(まさかり)大将との対決がありました。
こういう小競り合いのような戦闘だと、ゾロの口の刀はとても邪魔そうに見えます。
3本の刀が有効に使われているのか、疑問を持ちながら見ていると、ちゃんと3本の刀でそれぞれ鉞を止めていました。
口に咥えた刀で、こんなに大きな鉞の動きを止めているのです。止めると言うよりは払うというような動きではありましたがゾロのアゴが心配でなりません。アゴと首と歯と歯茎が心配でなりません。

だからゾロは魚の骨を全部食べるのですね!



←前へ麦わら VS CP9編次へ→


|若竹|