第326話 「大苦戦麦わら一味!旗にかける海賊魂」


今週のアニワンを見て思ったことは、どうやら私は
1週見逃しているらしい、ということでした。もともとアイスハンター編は理解していませんでしたが、冒頭の「先週までのあらすじ」の時点で意味不明だらけでした。ドンマイ☆
アニメの感想も、「語りたい何か」が特にある訳でもなく、後になってどんな話だったか思い出すために、かろうじて記録してる感じです。後で見返して思い出せるかどうか、すでに不安イッパイ!夢イッパイ!

今週はサンジがスケート靴で顔面を蹴られるというシーンが面白かったです。なんていうか、ツッコミポイントが2〜3はあるはずなのに、軽くスルーされてる点が面白かったです。このフィギュア夫妻の名前がアルベルとサルコーなんですがフィギュアスケートにちなんだ名前じゃないですか?サルコーはサルコウジャンプから来てると思います。アルベルはアルベールビル冬季オリンピックかなと思ったんですが、どうですか?
どうでもいいですか?そうですか。

このように、氷の上で四つんばいになって
顔を赤らめるサンジです。
このシーンで激しく高揚したりはしませんよ。
私にそんな趣味はありません。
めっきり健全サイトの若竹ですが、何か?

しかし、いずれ何かの役に立つかもしれないと思ってスケッチしておきました。

何だかよくわからないけど、アニワンが見たくなった、という人がいるかもしれません。それでいいんです。

母さんが夜なべして手袋あんでくれた。
木枯らし吹いちゃ冷たかろうて
せっせと編んだだよ。
ふるさとの便りが届く
いろりのにおいがした〜。

海賊王に俺はなる!

この二人ができてることだけはガチ。

何、このメランコリック回想シーン。

私は1週分、見逃してるはずなんですが
確か前回、ゾロはみんなとはぐれてしまってました。
それで、今回、ナチュラルに迷い込み作戦成功といった感じでゾロだけ見ると、話が繋がってます。

ちなみに、関西での次回の放送は12月8日らしいのですが、また忘れそうです。
関西人としては、アニワンの感想を書くよりも「土曜日はダメよ!」の感想を書くほうが活気が出そうな気がします。


←前へアイスハンター編次へ→


|若竹|