第343話 「その名はモリア!影を握る大海賊の罠」


数年前なら日本列島が震撼したとか叫びながら暴れ回るような、サイトのカウンターもぶっちぎりに回転するようなミラコーになるべき肉薄シーンなのですが、最近の私の成長ぶりと言うんでしょうか、とても落ち着いて鑑賞することができました。
今は兄弟げんかを見守る肝っ玉母さんのような視点です。

罵り合ってる時より、同時に振り返る瞬間がとても可愛かったです。私の胸の泉にトキメキという水流が注ぎ込むような心地よい癒し系空間でした。

おそらく二人の後頭部のバランスの良い丸みが、小動物の赤ちゃんを描く曲線に似ていることから生じる母性本能系の胸のむずがゆさだろうと推察します。

クマシーって動くとやっぱり可愛いですよね。

声はおっさんでしたが、それでもまだ可愛らしさを感じますね。低さと色気の昭和ムード歌謡の声だったら、そこそこ嫌悪感が生まれて面白かったかもしれません。

クマシーのペローナに向ける愛情が年頃の娘に手を焼く父親のように見えて共感を覚えます。(中年男性の視点)

来週は1時間スペシャルですか?


←前へスリラーバーク上陸編次へ→


|若竹|