第367話 「奪えダウン!!必殺麦わらドッキング?」


今週の見所はドッキングです。今週というかスリラーバーク編の中での見所とも言えるほどに東映の力が存分に発揮された無駄に迫力満載のドッキングシーンでした。
山口勝平さんも「気合い入り過ぎてビックリしました」と言ってらっしゃいました。そげキング登場シーンに匹敵するような“無駄に”格好良いシーンに仕上がっています。原作で一瞬だったこのシーンがこれほどまでにダイナミックに構成されるとは!
これは是非見て頂きたいです。卑怯な手を使ってでも動画で見て頂きたい。
その後の戦闘シーンもとても格好良いです。よろしくお願いします。

ドッキング後、レフトアーム(ロビン)が合体してない事に気付いたチョッパーの表情もたまらんのです。必死なところがまた間抜けで可愛いのです。まず、ドッキング完成時の歯をくいしばって踏ん張る顔から、レフトアームドッキング失敗に気付く顔、そしてそれをフランキーに報告する顔、と多彩に変化して、可愛くってもう大変!
あと、自分が合体のヘッドなので、きりりとロビンに叱るところとか、この辺はもう夢心地です。本当にありがとうございます。
尾田先生が嫉妬するような出来だと思います!

ロビンのようにきっぱりと拒絶できなかったゾロは自分が勢いに流された事に恥じています。
悔しがって恥ずかしがって頬を赤らめておいて、その後格好良くバトルモードに入るところが、いつも通り憎らしいです。


←前へスリラーバーク決着編次へ→


|若竹|