第371話 「壊滅、麦わら一味 カゲカゲの能力(ちから)全開」


今週の見所はいよいよロビンまでもが影を取られてしまって、その様子が色んな角度からエロかった、といったところでしょうか。

オーズ戦も長くなってきまして、戦況は不利になっていってるはずなのが緊迫感がなく、かといってギャグテイストという訳でもなく、オーズに華もなく、ゾロはいつのまに本気手ぬぐいを装着したのだろうなぁとぼんやり考える日々です。

オーズ戦での山場はドッキングだと思っているので、それ以降は消化試合を見ているような気分です。

オーズがもっと面白いキャラだったら楽しいんだろうなーと夢想します。バギーとかボン・クレーみたいな。

オーズには魂が無くて、泥の塊と戦ってるみたいでつまらないなー。早くやっつけて欲しいよー。


←前へスリラーバーク決着編次へ→


|若竹|