WJ感想「第234話 ご記憶下さいますように」

試験に出るワンピース


※真面目に語ってます。長いです。絵はありません。


おさらい。

◆エースについて。
エースは白ひげ2番隊隊長。最近黒ひげと名乗る男は白ひげ2番隊隊員。つまりエースの部下。
仲間殺しという重罪を犯して、エースは始末をつけるために追っている。
◆ドラム王国について。
ドルトンさんによると、数ヶ月前、たった5人の海賊団に国を滅ぼされた。
船長は黒ひげと名乗った。
・・・・うぅ〜〜〜む。黒ひげってやたらと謎めいてますね。


売名行為

222話「大型ルーキー」から読み直しました。
黒ヒゲ海賊団の全員を確認しました。
黒ひげが自分を「黒ひげ」と名乗っていたことはドルトンさんの話でわかったのですが
格闘チャンピオンは自分で「俺は格闘チャンピオンなんだ」と名乗ってました。
黒ひげ海賊団のクルーを見て、興味深かった事は全員に呼び名がついていることでした。
「黒ひげ」「チャンピオン」「音越」「死神」…。
そして、大物であればあるほど名前ではなく「呼び名」で呼ばれていることにも気づきました。
白ひげ。赤髪。鷹の目・・・・麦わら・・・。白猟。黒檻。火拳・・・。

名前で呼ばれている内はまだまだ小物って事なんです。
七武海でもクロコダイルは一番格が下だったように思います。
賞金首となったゾロにも呼び名が付くのでしょうか!
「腹巻」・・・かな・・・。ドキドキ。「海賊狩り」は昔の名前だし・・・。まさか、マリモっ?!
話は戻って黒ひげです。

「人の夢は終わらねぇ!笑われて行こうじゃねぇか!」と語ったオッチャンには
好感が持てました。私も笑われて行こう!と勇気が出ました。
今、黒ひげが必死になってやってることは自分の名前を有名にすることです。
呼び名とは、周囲が勝手に付けるもの。
それを自ら「黒ひげ」などと、さも白ひげを意識したような呼び名を名乗ってまで…。
黒ひげの夢は一体何なのか、さっぱりわかりません。
同じ目的で「名を上げる」ためにルフィを潰そうとしているバギーは
なんでこんなに愛しいのでしょうか…?


最強の男「白ひげ」

ゴールドロジャーと対峙した唯一の男といえば、クロッカスさんとタメくらいでしょうか。
私は医者じゃないのでよくわかりませんが、今の白ひげは
「管」を抜いたら、即、ゲームオーバーなたたずまいです。
共に目指した偉大な宝をライバルに奪われて。
意地に固執するあまり、夢を次代に委ねようとしない白ひげは色々な意味で「子供」だと感じました。
偉大な海賊だったんだろうなぁ…と、過去形の感想です。
私はエースが好きなので、そのエースが敬愛する海賊、という理由だけで
スケールの大きい人物像を抱いていました。
今にして思えば「海賊王にならせてやりてぇ。」と部下に言われる船長とは情けないです。
ゾロがルフィに対して、ベンがシャンクスに対して、そんなセリフを吐くとは到底思えません。

これは私の勝手な予想で、ほぼ確実に間違ってるはずですが
今、肉体の限界に臨んでいる白ひげは自分で夢を手に入れる事よりは、下から上がってる来る
ライバルを潰す事の方を優先しているように思います。
高みを目指す若い海賊達を上からフタをするような存在になってしまったのではないか、と思いました。
なんで、こんなに悪者っぽく言うのかと言うと、私の中で一番の素敵ング海賊はシャンクスです。
素敵王であり、素敵ing(現在進行形)のWの意味で素敵ングです。そこんとこ、ヨロシク。
素敵ング海賊シャンクスが白ひげに「物申す」とはただごとでは無いのでしょう。
白ひげが手紙を読まないことなど、最初からわかった上で、
大義名分というか、形式的な行いにすぎない手紙を送りました。
シャンクスのことだから、何も書いてなかったんじゃないか、とさえ思えます。
それを理解できないロックスターはまだまだ青いです。私より青いです。
そうなると私の懸賞金額は1億近いことになります。
嘘です。言い過ぎました。本当は400万ベリーくらいです。

実際、シャンクスが白ひげに使者を送ったというだけで、五老星の関心が及んでいます。
それすらも、シャンクスの思惑通りなのではないか、と思えてきます。
もちろん、ベンという参謀があっての事ですが。(と、何気にベンシャンモード)
手紙で思い出しましたが、エースもルフィに手紙を渡していました。何も書いてなかったのですが…。
更に大きく成長していくエースとルフィです。
エースが黒ひげを追ってる途中にルフィと接触し、手紙を渡したという事実だけで
動く海賊がいることでしょう。
・・・手紙には何も書いてないとも知らずに・・・。
エースからの手紙に興味を持つ輩がルフィの前に立ちはだかるでしょう。
ルフィは正直に「何も書いて無かった。」と答えるでしょう。
もちろん、エースからの手紙を人に渡すことはありません。自分が受け取ったのですから。
何より、麦わら帽子を手放しません。ああ、かっこいい。
話が進めば進むほど、新たな謎が浮上するワンピース。
来週も目が離せません!!

結局、内容が濃すぎて、肝心のミホ様については何も語れなかった1週間でした。情け無し。



back next

ジャンゾロに戻る