神(ゴッド)・エネル 語録 〜第260話

エネルとは…

【ガン・フォール談】
我輩が神であった時、どこぞの空島から突如兵を率いて現れ
我輩の率いた「神隊」と「シャンディア」に大打撃を与え
“神の島”に君臨した…6年前のことだ

“心綱”か…
あれは我輩も使えるわけではないのでな、うまく説明できんのだが…
“心綱”は“聞く力”だといわれている
神官共は“神の島”全域…
エネルはこの国全域までその力が及ぶ

エネル語録

ヤハ!!

ヤハハハハハハ!!

お前達、あの青海人達をあまり気に止めてない様だが奴らの狙いは黄金だぞ

もともとこの島は青海にあった島だ
青海人がそれを知っていてもおかしくはない

実はな…もうほぼ完成している「マクシム」がな…
さっさとこの島に決着(ケリ)をつけて
旅立とうじゃないか
夢の世界へ

こちらの勢力が神兵50の神官3
私を含め54
…今島へ向かっているシャンディアが20人
青海人は森へ入ったのが4人に
脱出班が4人…いや3人だな
ジジイはもう戦えまい…

締めて81人!
…これで生き残り合戦というわけだ
ヤハハハ!!

よし私がズバリ答えてやろう
3時間後、この島に立っていられるのは
81人中…
5人だ

……6年前我らがこの島に攻め込んだ時
捕らえたお前の部下共は元気に働いてくれているぞ
腕力もある実にいい人材だ
だがその6年掛かりの大仕事も
どうやらもう終わりに近づいている
同時に私もこの島に用事がなくなるというわけで…

しかしこのスカイピアの住人共はつくづく
めでたい奴らだ
この島をただ“大地”の塊としか見ていないのだからな

誰もがこの島で求めるものは1つ!!

全ては遠い過去に青海で栄えていた伝説の「黄金都市」
“シャンドラ”の名残を欲するがゆえだ!!


<<ちょこっとまとめ>>

1100年以上前

シャンドラ繁栄

800年前

シャンドラ滅亡

文明滅亡後

子孫が都市の慰霊碑を建立

400年前

ジャヤの半分が空へ

208年前

セントブリス号出航

6年前

黄金を目的にどこぞの空島から来た
エネル一派がアッパーヤードを占領

◆子孫がいくらか生き残るものの、黄金都市としての文明が滅亡したのが800年前。
しかし、黄金が無くなった訳ではなく、400年前、ノーランドはジャヤにて黄金の山を発見。
その直後、黄金の山を含むジャヤの一部が空へ浮上するも、
スカイピアの者は黄金の存在を知らないまま、大地として神格化。
空島となったジャヤ、つまりアッパーヤードには黄金の山の姿は無かったことになる。

◆エネルがアッパーヤードを占拠した目的は黄金とマクシムの製造(建設?)。
神隊の労働を利用し、6年かかってマクシムが完成間近。
エネルは6年かかってもアッパーヤードの黄金を手にしていないことから
マクシムの完成と黄金が関わっている可能性が濃厚。
マクシムの最終調整に黄金が必要、或いはマクシムで黄金を採取???
しかし、「青海人も黄金を狙っている」との事から、黄金の採掘そのものは
それほど難しくないような印象を受ける。

◆また、黄金とは何かの象徴であり、黄金文明と付随した何かを
エネルが狙っているとも考えられる。

◆シャンディアは故郷としてアッパーヤードを奪還しようとしているが
黄金の存在を認知しているかどうかは、現時点では不明。
大戦士カルガラの言葉「シャンドラの灯をともせ」。
「それに準ずる」というのがカルガラの子孫、ワイパーの言葉。
カルガラがいつの時代の戦士かは不明であるが、「灯をともせ」という言葉に
既にシャンドラの文明を失っている感を受ける…ような…気もする…。
例えば、シャンドラの慰霊碑を建てたのがカルガラではないか…などの推測も
できないこともない…。
シャンドラの灯をともせ・・・・シャンドラの消された文化を守れ・・・・

なんとなく、ポーネグリフを守っているネフェルタリ家を連想してみたり…。

(追加)
◆カルガラが、400年以上前の人物であるなら地上にいながら
羽根が生えていた存在となる!これ、すごく、重要!



back next

ジャンゾロに戻る