WJ感想「第264話戦士カマキリVS神・エネル」

『雄叫びの連発』




今週のゾロは1コマでした。


なので、感想も第一印象というか、一言というか、そんな感じです。







一番最初はコレでした。





こんな感じで今週のジャンゾロです。



お箸も二刀流だったのか。

二膳流だったのか。


お箸は一膳、二膳…と数えます。

ためになるワンピースです。今週も。

いや、この場合、ためになるのは若竹です。もれなく。



そして。華麗なるお箸のグリップに心奪われ夕陽が目に染みる頃にようやく

付近の鳥に気付きました。遅ればせながら。



あ。この鳥、私、知ってます。

前にも出てきました。ジャヤとか…。



よもやこれほどまでとは…。



愛を感じました。

死守。










行く先々で、動物の心をゲッチュー、ロロノア。

動物の人気者。

時にエロティックに…。(願望)

生々しい舌の描写に、おろおろするばかりの純情若竹管理人。

イエス。アイ アム。

絶対的に イエス。


かなりの時間が経ってからの事です。

サウスバードが真っ直ぐ南に進む特性があると気付いたのは。

しかし、ゾロの目標は「右」なのでサウスバードは無用です。




back next

ジャンゾロに戻る