WJ感想「26巻読み返してみました」

『擬音も音読する勢いで』



アニメも無いことですし、26巻を読み返してみました。
読み返して思ったことは、26巻ってすげぇぜ!…という事でした。
ちょうど空島の導入部分であり、最初に読んだ時はさっぱりわからないで読んでいたので
今になって読むと、本当に理解が深まります。
既に何回も読み返しているはずなのですが、今回更に新たに感じた事がありましたので
感想を書きます。

すごく長くなる自信があります。
読む人の事を皆目考えていません。(清々しく)
しいて言えば、自分が読みやすい様には気をつけていますが
自分なりに考えを整理したくて書いてるだけですので
終始ダラダラ感をご提供します。自信を持って!(笑顔で)

【スカイピアの観光地エンジェルビーチ】
ヘブンズゲートから白々海への道が1本だとすれば
白々海の入口がすなわちエンジェルビーチになります。
青海人が初めて訪れる場所であるエンジェルビーチで
その沿岸に居を構えるパガヤ親子は、青海人と最初に接触する可能性が非常に高く
つまり不法入国者の第一発見者となる可能性も高くなります。
そう考えるとパガヤ親子はエンジェルビーチの見張り番なのかと思ったりもしたのですが。

コニス達は非常に自然に友好的にルフィ達に接していましたし
国民の義務である「神官の試練」への誘導も慣れているようではありませんでした。
当然のようにルフィ達を観光客としてもてなしていた様子を見ると
これまでに何度も青海人との平和的な交流が行われていたと考えられます。

コニスはエネルがスカイピアを統治してからの6年間で初めての反逆者となりました。
国民の義務を果たさずに、命を落とすという運命を辿ろうとしました。
それほどまでにルフィ達を欺くことがつらかった事を考えれば
過去に遭遇した青海人とは本当に平和的に接していたのでしょう。
「なぜ、この人達が犯罪者なのだろう。」という疑問を持てあますコニスを思うと
胸が痛みます。

【青海から空島へ来た人】
では、不法入国は珍しい事なのでしょうか?
ナミがウェイバーの試乗中に偶然アッパーヤードに近づきましたが
その時、1人の青海人が神官達に追われていました。
第何級の犯罪を犯したのかわかりませんが、結局エネルの一撃でやられました。
そして新たなる犯罪者(ルフィ達)の情報を得た神官達は「またか」と言っています。
犯罪者を迎え撃つ神官達の仕事はそれほど暇な物では無さそうです。

アッパーヤードで裁かれるのはどうやら青海人のみのようです。
(なぜなら、コニスがスカイピア国民の初めての犯罪者だからです。)
そうなると、そこそこ青海人の犯罪者も存在していることになります。

そんなに青海人は空島に行ってるのかっ?!
聞いてないよ!…というのが素直な感想です。

悲観的な考え方をすると、コニス達が仲良く接していた観光客も
何らかの罠に陥れられて、結局は犯罪者に仕立てられたと考える事も出来ます。
つまり、どうやっても空島から無事に青海に帰れる事は無い…のではないでしょうか。

【犯罪と罰則の格付け】
ホワイトベレーによりますと
公務執行妨害が第5級犯罪で雲流しの刑に処せられるそうです。
コニスによると、それは死刑に等しいそうです。
第5級で死刑かよ!
じゃあ第2級って一体…。

【神官の存在意義】
エネルはスカイピア全体にマントラが及び、一撃で人を殺す事が出来ます。
コニスも殺されかけました。
また、ナミが目撃した青海人の処刑もエネルによってなされた訳ですが
では、神官の試練とは一体何なのかと疑問が浮かびます。
先ほど述べましたが、第5級の犯罪で死刑。スカイピア国民の反逆も死刑。
では、第2級でも当然死刑なのだろうと思われます。
エネルによって容易に行われるはずです。
おそらく、試練の通過者も最終的にはエネルの手によって処刑されるのでしょう。

では、生存率がある程度残っている試練というのは単なるゲームに過ぎないのでしょうか。
一生懸命考えましたが、やはり単なる「お遊び」なんでしょう。
エネルにとって何の意味も成さないお遊びだと思うのですが
エネルを深く信仰している神官にとってはエネルからの評価を上げるために
試練の行使に躍起になっているように思いました。

【青海から空島へ来た人】
ノーランドの航海日誌によると400年前には普通に青海人が空島を行き来していたそうです。
208年前に出航したセントブリス号が空から降って来ました。
20年以上前、豪快な海賊が空島に来てガン・フォールと仲良くなったそうです。
アッパーヤードでナミに助けを請うた人も青海人のようです。
そして白海でワイパーが船を爆破するのをチョッパーは目撃しました。
爆破した船はこれです。絵は雑です。

これは帆船なので、青海の船です。
空島の船はウェイバーで動くゴンドラだからです。
そして海賊船ではありません。
この船には誰が乗っていたのでしょうか。

私の勝手な想像ですが、セントブリスの時代には既に空島に行った青海人は
無事に青海に戻って来れなくなってしまったように思うのです。
何となく、です。
で、何だかんだで青海人はエネルの手で抹殺されてしまって
青海人の船が空いたままで存在して、それにガン・フォールの部下である
神隊達が乗って逃げ出そうとしているように思いました。
結局シャンディアにやられてしまうのですが。


これだけ考えをまとめても、新しい謎が浮き彫りになるだけでした。
これから再びワンピースを読み進んで行った時に、その疑問も
解決すると思うのですが、空島編はあとどのくらい続くのでしょうか・・・。




back next

ジャンゾロに戻る