「第282話 “望み”」

『チームプレイ』



尾田先生、好きだーっ!!


つべこべ言わずに好きだー!!


ジュテーム!!

ガッテーム!!

オオ!言葉、まちがてマース!


実はワタクシ、今週のジャンプを読む前にうっかりネタバレを読んでしまってドンドコショ。

あーぶくたった 煮えたった 煮えたかどうだか 食べてみYO!

ムシャムシャムシャ やばうま!!

このような流れで今週のジャンプでサンジが復活する事は予備知識を持っていて、なおドンドコSHOW。


クソッ!! クソッ!! クソッ!! クソッ!! クソッ!! 

何、コイツ?!

クソ格好いい!!

そうか!今まで前フリだったのか!

それにしても。前フリ・・・。


では、今から左寄せで語ります。
何から語っていいか解らない時は、スカイピアの住民が唐草模様の風呂敷を持っている事に
触れたくて仕方ありません。試験前には掃除をします。
スーはきっとこう言ってます。
「オラ、止めたんだ!オラ、止めたんだ!でもあの2人、言うこと聞かねんだ!」
一人称は孫悟空とお揃いです。

正直、空島編でのサンジ(とウソップ)の復活は無いと思っていました。
サンジを思い浮かべる時、頭に描かれる絵は睡蓮でした。そして微睡みでした。

しかし今、絶望の船に向かう“望み”となる2人の姿をはっきりとこの目で確かめました。

そして気付きました。

この空島編の戦いは「総力戦」なのだと・・・。

サバイバルが始まった時、「個人VS個人」の戦いがシリーズになっていて
各個人の勝敗にばかり意識がいってました。
確かに前半は個人戦を通して成長が描かれていました。
しかし終盤になって、勝敗はとてもあやふやな物になっていきました。

ルフィとエネルの戦いで、誰もがこの戦いの終焉を迎えると思っていました。
必ずルフィがエネルを乗り越えると誰もが信じていました。
しかしその決定的瞬間はおあずけになりました。

船という環境を利用したエネルが勝負から逃げたのです。

いよいよ絶望だけが船に残った今、予想外な“望み”が姿を現しました。
繋がる!
まだ、未来が繋がる!

今週わかった事は、空島編での“敵”は1人では倒せないという事です。
チームワークが勝利を導くのです。

お互いがお互いを助け合いました。

それぞれが、それぞれの力を出しました。

エネルを倒すのはきっと「仲間を想う気持ち」だと思います。


そんな今週のジャンゾロのBGMは「WAになって踊ろう!」です。
皆さんの脳内で奏でて下さい。

オ〜オオ〜 さぁ輪になって踊ろ〜
ラララララ〜 すぐにわかるから

オ〜オオ〜 さぁ輪になって踊ろ〜
ラララララ〜 夢を叶えるよ

オ〜オオ〜 さぁ輪になって踊ろ〜
ラララララ〜 すぐにわかるから

オ〜オ〜 さあ輪になって踊ろ
ラララララ〜 夢を叶えるよ

悲しいことがあればもうすぐ
楽しいことがあるから
信じてみよう

オ〜オオ〜 さぁ輪になって踊ろ〜
ラララララ〜 すぐにわかるから

オ〜オオ〜 さぁ輪になって踊ろ〜
ラララララ〜 夢を叶えるよ


back next

ジャンゾロに戻る