「第294話 “雷迎(らいごう)”」

『総力戦は続く』



ルフィは本当にすごいですね。
普段はバカばっかり言ってますけど
大切なことを決して見失わないですね。
どんな状況においても、大切な事を貫きますよね。
いや、だからそれをバカというのかもしれません。
常識のあるナミならしない判断だと思います。
『鐘を鳴らすためにここを動かない』だなんて。

クリケットはルフィを見送りながらこう言いました。
「黄金郷も空島も、過去誰1人“無い”と証明出来た奴ぁいねぇ!」
黄金郷と空島の存在を証明することが出来れば
クリケットと過去400年間の栗の人達の無念を晴らすことが出来ます。

栗だけじゃありません。
大戦士の意志を継ぐ戦鬼の想いも昇華させる黄金の鐘です。

鐘が!鐘の音が!鐘を!鐘を鳴らしたくて!

近所の寺に鐘を突きに行こうかしら!!ゴォーーーン

こんなに鐘を鳴らしたくなったのは生まれて初めてです。
何が何だかわかりませんが、これでも一応ジャンプの感想です。

ルフィの強い意志にうるっと来ながらも
今週、私が一番驚いたのはロビンの技でした。

あれ、ロビンの腕ですよね?違います?
でも、あんな所から腕を生やすことができるのなんてロビンしかいないし…。
でも、それってあの場所がロビンから見えてるって事ですよね?
だってロビンはサウスバードを捕まえる時に「姿さえ見えれば」と言ってたので
見えない所で技を使えないと思うんですよね。(※オッホスフルールを使わない場合)

いや、見えてないけど巨大豆蔓の先端が落ちて来た時に
ウソップが「ルフィ達の死体も一緒に落ちてきてやしねぇか?」と
言ったのを聞いて、何かひっかかりになれないかと
適当に腕を生やしたのでしょうか…。

いずれにしても、想像を絶する判断力だと思いました。
自分たちが危険な状況でありながら
遠い位置にいる船長の安全、いや意志を守ろうとしたのです。

離れているのに!

でも、それもきっとウソップのセリフがヒントになったように思います。
ウソップだって、巨大豆蔓が落ちて来た時にやっぱり離れている仲間の身を案じてますから。
(死体とか言ってますけど)

こんな短い場面の中でこんなにあっさりと、仲間達の仲間達を想う気持ちが描かれていて
ボヤボヤ読んでいたら、大切な事を見逃しそうで恐いです。ワンピースが恐いです!

黄金の鐘って、結局どこにあったんですか?
私、見落としてます?まだ、出てきてません?私、大丈夫ですか?

ところで30巻が発売されましたね。
30巻を読んだ感想は・・・・

「31巻286話からかいっ!!」

という物でした。30巻の内容よりも、そっちが気になりました。
つまり31巻はノーランドとカルガラの巻です。

空島の全てが・・・

全てはここから始まった・・・

2003.10.7


+ + 訂 正 + +

ここで訂正とお詫びがあります。

間違ってました。ロビンの腕じゃありませんでした。
親切な人に教えてもらいました。こそっと。
「ルフィの腕がくるっと巻き付いて自分で自分の腕を掴んでるのだ」と。

確かに!そうとしか見えない!それ以外ありえない!!

全く私ったら、ただ読み間違えるだけじゃなくて
間違いをスタートに更なる間違いというゴールへ猛ダッシュ。
気が付けば、1人、ポツーン。
ジャンゾロの全てが間違い&勘違い。思い違いにすれ違い。
親切な人が教えてくれれば修正もできますが
ただ嘲笑されるだけだったらどうしよう。どうしようもない。
そんな毎週、イヤだ!
いっそ間違い探しの今週のジャンゾロ。但し、私だけ本気。
そんなジャンゾロイヤだ!
もう、無理!
ワンピース、無理!
私、追いつけないし、追いかけない。
ゴムゴムのぼーっ!!

更に聞くところによりますと
確かに巨大豆蔓にルフィは腕を巻き付けていますが
右手は金玉がついていて
左手で巨大豆蔓に捕まっているはずなのに
ルフィの腕を掴んでいるのは・・・・右手・・・・

キャーーーーー!!

(ここ、心霊写真の紹介で叫ぶところです)

無理!
私、無理!
これ以上は無理!

もう、ワンピース無理!ダメ!

教えて!鳥馬ちゃん!!

2003.10.8


back next

ジャンゾロに戻る