「第317話 “K.O.(ノックアウト)”」

『洗濯指数100%』



ジャージの秘密教えてア・ゲ・ル☆

ジャージというと、
複雑なストレス社会を生き抜く現代人が
部屋の中でホッとくつろぐ時に着る服です。
スーツが「オンタイム」の象徴なら
ジャージは「オフタイム」の象徴と言えるでしょう。

戦いを忘れ、素顔のままで自由にふるまえる…

それがジャージ姿のゾロであると言えませんか。お客さん。
ちょっと、そこのお客さん。

世間では「ジャージ姿を見せる」=「心も体もリラックス」=「気を許す」という関係が成り立ってます。
※スポーツ選手のジャージとは異なります。
(スポーツ選手はジャージが戦闘服です。)

さて。
そんな、休日に戦国無双をプレイするような格好のゾロに対して
急に距離が近付いたようなドキドキを感じるのですが
ジャージについて、もう一つ重要な事があります。

それは、ジャージ姿がカッコイイ男は、真の意味でカッコイイ男であるという事です。
ゆるみきった姿でさえも、見ている者の心を惹きつけてしまうような
内から滲み出る魅力は引き締まった魅惑ボディーだけでは説明出来ません。
生き方のカッコイイ男はジャージ姿もカッコイイ。

ユニクロのCMに登場した時のゾロの何気ない表情の格好良さ。
初夏の爽やかな薫風を身に纏うように
ジャージを着こなすゾロ。

ぼちぼち話題を変える潮時ですか。

では、洗濯物語を語っていきましょうか。

まず、サンジが何と叫んでいるのか考えた人は多いでしょう。

本命:ルフィ!洗ったそばから汚すなよっ!!
対抗:ゾロ!真面目にやれ!!
大穴:コラ!ロビンちゃんに馴れ馴れしくすんなっ!!このエロワニ!!

こんなところでしょうか。

ゾロはウソップのオーバーオールを守っているようで、
そんな姿にも萌えますが、実は単にワニと力比べをしているだけで
「てめぇ、俺から簡単に奪えると思うなよ!」などと
ムキになっているのも萌えます。

とにかく、ジャージです。

ではそろそろ洗濯物を詳しく見ていきたいと思います。どん!

今週の扉絵の中で洗濯されている服は実際に本編の中で
クルー達が着ていた服ですよね。
扉絵だけに登場した服ではなくて、物語中で登場した衣装だと思うのです。

ですから、ウソップが持っている束も、全部、物語に出てきた服なんじゃ
ないかと思うのです。

上から順に見ていきますと。

(1)ポケット
(2)ゾロの空島ランニング
(3)米何トンサンジシャツ
(4)ご存知腹巻
(5)デービーバックファイトのサンジの白シャツ
(6)チェック
(7)オレンジパンツ

ちなみに米何トンサンジシャツとはこの時にサンジが着ていたシャツのことです。
この色は間違い有りません。

チェックの服はウィスキーピークの時のナミのタンクトップだと思います。

この時のナミはまだ「ハートマーク」の服を着るようなセンスだったのですね。
今では「GOLD」を胸に刻んでいますが。

さて、この7枚の中でわからない服があります。
一番上のポケットと一番下のオレンジパンツです。

一番上のポケットはこのポケットかと思ったんですが
色がどうも違うようです。

オレンジパンツもさっぱりわかりません。
念のためにショウジョウとマシラのパンツを調べたのですが
色と形が違いました。

もしかしたら、デービーバックファイトの時のナミのパンツかもしれません。

うーん。どなたか、ご存知の方は教えて下さい。

さぁ、ほとんどが扉絵語りで終わりそうな今週のジャンゾロでした。
(既に過去形)

今週は「…あと8秒」ですね。
しかも、目を閉じてますよ。この色男。
すごいなー。ゾロはすごいなー。

仲間をかける、とかそういう熱い物とは離れた所で
純粋に「戦闘」のみに注目していたのですね。憎い。

最後に発動されたノロノロビームは鏡によって反射されたことで
観衆はその状況を一瞬飲み込めずにいました。
しかし、そんな中でゾロは正確に時間を読んで
戦闘の流れを把握していました。
ルフィのゴムゴムの連接鎚矛(フレイル)が決まってからは
それこそ「見なくてもわかっている」とでも言いたそうに
目を閉じてどんと構えています。

何だかグロッキーリングの最後で目を閉じていたサンジのようでもありますね。

そうそう。鏡でグロッキーリングを反射させる戦法は私も考えていたのですが
アフロから破片が落ちるというのがドラマティックなようで、実はコミカルだったりで
便利な道具がどんどん出てくるウソップのバッグのようだと思いました。
アフロ万歳!!
ウソップのセコンド万歳!


2004.4.17


back next

ジャンゾロに戻る