「第328話 “海賊誘拐事件”」

『私のハートがそよそよしちゃうの』



ウソップ!

ウソップ!

一番悔しいのはウソップなのに!
一番メリー号を大切に思っているのはウソップなのに!
一番メリー号を直したがってるのはウソップなのに!
その事が悔しくて悔しくてたまらないのに
みんなのお金を取られたって涙を流すウソップ!

「船を大切にしろ!」っていつもみんなを叱ってたウソップ。
一番船を乱暴に扱っていたのはゾロとサンジかな。
昼夜問わずガシャコンガシャコン!
ガシャコン戦士かコノヤロー!!(by 銀魂ネタ)

ウソップの涙に胸を熱くしながら、長い長いジャンゾロを書こうと思います。
なぜ、長い感想文を書くかといいますと
長い感想文を書くと、更新を頑張った気分になれるから!
誰のためでもなく!

メリハリや起承転結も無く、思いつくままにダラダラ書きますので
流石に読みにくいだろうという心配りから(さすが!夜弥!)
段落毎に見出しのようなタイトルをつけようと思案中。
はたして話のまとまりが作れるのかどうかもわかりませんが
一応、今のところはそういう方針ですので
読みたい部分だけ読めばいいじゃん!


【2人乗りブル】
ヤガラが可愛いのは毎週のことですが
今週はチョッパーがサンジの後ろに乗ってメリークリスマス!
買い出しの荷物を後ろに繋げて、サイドカー気分!レンジャー!
チョッパーはただ買い物中にロビンとはぐれただけだと思っていて
事態の深刻さに気づいてないんですよね。
だから、「ごめんよー」って軽い感じで謝っていて
サンジに甘えてるみたいで可愛いですね。
「ごめんよー」ってセリフで許されるのはチョッパーだけだと思います。
サンジがロビンを目撃していて本当に良かったです。
青キジの言葉もそうですが、それ以降のロビンちゃんの表情に
サンジは敏感に何かを感じ取っていたのかもしれませんね。
だから胸騒ぎがするんでしょうね。

絶対にトラブルに巻き込まれますから!わかってますから!
何事もなくロビンちゃんが「CP9の本(同人誌)買ってたの。」って言いながら
戻って来るとかありえませんから!
「CP9オンリーイベントだったの。どこのサークルも完売早過ぎ!」とか
言いながら全員に配布された紙袋を下げて戻って来るとかあり得ませんから!


【そよそよゾロ】
「そよそよ」という言葉はほぼ間違いなく平仮名で書かれます。
「そよそよ」という響きの優しさ、穏やかさ、爽やかさ、清潔さ。
「そ」という文字の直線と斜線と曲線。
「よ」という文字の直線と直線から曲線に変わるカーブと丸み。
そんな「そ」と「よ」の並びにこれほど感動できるのは何故?
私が魚座だから?
私のホロスコープも多少は関係しているかもしれませんがそこにゾロが居たーーーーーー!!
(メゾピアノ → ク レ ッ シ ェ ン ド → フォルテシモ)

この時のゾロの表情が何を物語っているのか…
そんな事を考えながら海を潜れば海女(あま)。
海女は海に潜るのが仕事なんです。話は完全に本編からずれています。
ゾロのアップの顔がありますが、この絵だけ見てゾロの表情を
説明するなら「無表情」だと思います。
喜怒哀楽の何も読みとれません。

「よし完成! これで“海賊船”ゴーイングメリー号の出来上がりだ!」

メリー号との想い出を反芻しているのでしょうか。
カクの言葉を思い出しているのでしょうか。
メリー号が直せないという事実を他のクルーがどう受け止めるか、と
考えているのでしょうか。

ゾロが無表情なだけに、ゾロの内心に読み手の想像力が掻き立てられます。
どんな顔をしていいかわからないほどに、ゾロの心の中は
激しく揺れているのかもしれませんが
それでもメリー号を包む空気はひたすら静かにそよそよ。


【聞き分けのない船長】
物わかりの悪い、聞き分けのない、子供の感情をさらけ出す船長が
私達の気持ちを代弁してくれました。
それがとても気持ちいいです。
本当に、今、私、それを言いたかったんだ!
それを言うつもりだったんだ!
メリー号は空だって飛ぶのに!信じたくない!・・・って。

ゾロとルフィを対比して思うことは
ゾロは夢のために、夢以外の全てを捨てる生き方をしてると思うんです。
それに対し、ルフィは自分の夢に全てを持っていこうとしてると思うんです。
そしてルフィにはそれが出来るような気がするんです。
「うるせぇ!行こう!」
そう言ってチョッパーを仲間にしました。
でも、今回だけはルフィの思い通りにはならないようです。


【ガレーラカンパニー総攻め アイスバーグさん】
グループのリーダーでもコーザは総受けだと思いました。
でも、アイスバーグさんは総攻めだと思います。

アイスバーグさんもそうですが、職人達とルフィ達の関係が
医者と患者のように思えました。
患者にとって体は意志や感情の伴うものですが
医者にとってはそれらは治療に無関係の物です。
命を救うためには、冷酷に見えるような処置を施さなければならない
局面もあるでしょう。そんな修羅場を多く経験しているのでしょう。
職人達の言葉はどれも冷静で的確で非情です。
本当に大切な物を見極めて、慣習や思い出と決別する…
苦い選択ですね。ノーランドとカルガラのことも少し思い出しました。

さて、真面目に語ってますが、この段落の見出しを見てください。
私は総攻めとかを語りたいのです。
ガレーラカンパニーの職人達はアイスバーグさんの強烈なカリスマ性にほだされています。
アイスバーグさんに認められたい!!という一心で頑張っちゃいます。
そしていつまでもガレーラカンパニーの社長で
ウォーターセブンの市長であって欲しいと願ってます。

だ・か・ら!

世界政府役人コーギーと一緒に人目の無い場所へアイスバーグさんが行ってしまうと
パウリーもルッチ(ハットリ)もハリガネロック(寝癖の人)もすごく寂しそう!!
弟(新生児)にママを取られたお兄ちゃん(3才)みたいにすねてます!!
アイスバーグさんのスーツ、アルマーニだし!


【フランキー一家】
お金の入ったケースをすり替える事が可能なら
なぜ、ウソップを攫ったのでしょうか。身代金目的で
3億全部がっつり持っていくつもりだったんでしょうか。
解体屋としてのまっとうな職業を持ちながら
海賊狩りで賞金を得て、更に海賊から泥棒をするほどの
金の亡者なんでしょうか。フランキー。

フランキー一家の格好を見るとかなり趣味が悪そうですが
そんなフランキーのアジトである「フランキーハウス」という名前から
「ムネオハウス」を連想してしまいます。
社会風刺ですよ。


【海賊誘拐事件】
海賊から泥棒しようなんて最っ低っ!!
全くその通りです!
ナミさんの仰る通りです!
海賊から泥棒していいのは時と場合によるんです!!
すごく理に適ってます!!

ウソップ、安心して!
ウソップも知ってるでしょ。ナミのお金への執着心を。
ナミが本気を出せば、2億ベリーが増えて戻ってくるよ!
うん。大丈夫!だからもう泣かないで!


2004.7.14


back next

ジャンゾロに戻る