「第334話 “密室の大事件”」

『パウリーの枕はチェックの枕』
(トンボのメガネは水色メガネっぽく)



ア、アイスバーグさんが大変!!
ア、アイスバーグさんが、後ろから前からっ?!

シャツ姿のアイスバーグさんが色っぽいんだ。
ティラノサウルスのカゴをカリファが手配してたけど
ティラノサウルスはずっとアイスバーグさんから離れないんだ。
カリファの目と鼻がシバシバになってるのを見て胸がジュンってなったんだ。
電伝虫は自分の個性にあった装飾をカスタマイズできるんだ。

もしかして、アイスバーグさんのベッドって天蓋付き?!
枕が横長なのが気になった!
2人で寝られなくもない、という広いベッドなのが気になった!
カリファのアイスバーグさんへの気持ちは純愛だとわかった!
多分、一生片思いなんだ!なんとなくだ!
アイスバーグさんが撃たれたという部屋の机や花瓶が倒れているのも気になった!
ピンポイントで銃撃したんじゃないんだ!
現場で見つかったどこにでもありそうな仮面は
「CP9です」の仮面だった!!
「CP9です」の仮面だった!!
「CP9です」の仮面だった!!

帰って来たんだ!CP9が帰って来たんだ!(多分ロビンも)
サン・ファルドの闇取引が終わって、CP9とフランキーが帰って来たんだ!

CP9もフランキーも仮面を被って自分の身を隠してたんだ!

さて、流し目の麗しいゾロが「成り行きを見てる」と言ってます。
私はゾロの流し目の美しさだけに心奪われるだけでなく
流し目の方向をちゃんと調べました。
ゾロの座っている位置から左の方向を見るとそこは
今までルフィが座っていた屋根があります。
「成り行き」だなんて曖昧な言葉が少し消極的に聞こえますが
それと同時に色んな意味を含んでいると思います。
まずルフィの行動や思考や感情の変化を見守るという事もありますが
「成り行き」の中にはウソップのことも含まれると思います。

あの時のウソップは本気だったし、
ウソップが前言撤回するなんてことをゾロは考えていないと思いますが
旅の方向が変わったところで、仲間でなくなった訳ではありませんし
仲間のその後を見守ることは、ウソップの決意をないがしろにする物ではありません。

あの時のウソップは本気だったけど
後先の事は考えてなかったろうし、ウソップが自分たちに助けを求めれば応じるのは当然ですし
逆に自分たちがウソップの助けを必要とすることもあるでしょう。

何やら大きな犯罪の匂いがしてきたウォーターセブンです。
とにかく“情報”が重要な鍵を握ります。

身を隠しながら闇取引を行っていたフランキーが被っていた仮面を知っているのは
ウソップだけですから!

フランキーハウスの前で投げ捨てられた仮面を、確かにフランキーが被っていたと
証言できるのはウソップだけですから!


2004.9.1


back next

ジャンゾロに戻る