第339話 “うわさ”

『アイスバーグという男の野望』



アイスバーグさんの師匠の名前がトムというそうです。

パ、パッフィングトム?!「煙吹きトム」?!
いや、蒸気機関車がアイスバーグさんの師匠といってる訳じゃないんですよ。
トムがあの海列車を造ったんじゃないですか?
パッフィングトムって技術者の名前をとったんじゃないですか?

もしそうだとしたらアイスバーグさんの持ち物って
蒸気機関車の技術に関する物かもしれませんね!
きっとすごい技術なんだ。
「世界中探してもここにしかないよ!」ってチムニーが言ってたんだ。
それからアイスバーグさんは
ウォーターセブンの市長でガレーラカンパニーの社長でさらに
海列車の管理もしてるんだって。325話でカクが言ってます。

海列車だよ!海列車!

ジャンゾロの331話で、私はこう書いてました。

自分の持ち物のせいで世界政府につきまとわれたりして
その持ち物はひょっとしてアイスバーグさんにとって
重荷になるような物かもしれないんだけど、
「そんな物は知らんといつも突き返してる…」
というアイスバーグさんの表情がとても穏やかに見えて
きっと本当に大切な物なんだ。

大切な持ち物というのが偉大なる師匠から受け継いだ物だとしたら納得がいきますね!

アイスバーグさんは一流の造船技術者であって海列車を造ることは出来ません。
それはアイスバーグさんの持ち物が設計図の“一部分”だからではないでしょうか。
CP9や政府に渡すことを望まないトムがバラバラにして弟子に分けたとか?

アイスバーグさんが知りたがっている真相というのはトムと
自分以外の弟子の消息とかでしょうか。

謎が多すぎてどこから手を着けて良いかわかりませんが
今週のアイスバーグさんはマフィアみたいでした。
市長というよりもゴッドファーザーでした。
特にカーデガンを羽織ってティラノサウルスを撫でているところ。
マフィアやん。マフィアのボスの格好やん。

今までのとぼけたアイスバーグさんとは別人のような「凄み」がありました。
アイスバーグさんのたった1つの望みは「真相に近付きたい」という事。
自分でも「くだらねぇ」と言ってますが、本当に夢のような事なんでしょう。
そして、そんな微かな望みのためにピストルを出しています。
ほんの1瞬だけ、アイスバーグさんの本気が見えたような気がします。

しかしニコ・ロビンの行方は知れず、アイスバーグさんは1瞬の夢から覚めて
すぐに“市長”“社長”の顔に戻ります。
その後、「あの一味を全員捕らえろ」と
彼の立場上当然の命令を出していますが
自らがその命令に反する行動をとったのです。
あのピストルはアイスバーグさん自身を象徴しているように感じました。

ルフィに銃口を向けてはいますが
あれは己の運命への賭のように感じました。
そして賭に外れた時、アイスバーグさんは銃弾を
ルフィのいない床に放っています。

どういう事なのか私なりに考えたのですが
銃声を鳴らせば、社員達が自分の部屋に入ってくるので
それを促すために銃を撃ったのだと思います。
そうすることでルフィを追いやったのだと思います。

ルフィを自分の部屋に招き入れたのは自分の意志であって
さっきも言いましたがそれは市長・社長としては誤った行動なのですが
そんな1人の男としての賭が終わった事を銃声が意味していると感じました。

そしてアイスバーグさんは真相追求を諦めて
“公人”の仮面をかぶった人生を再び歩むつもりなのだと思います。


では、“CP9”について見ていきましょう。

“CP9”はお祭りの名前ではありませんでした。
カップリングとか関係ありませんでした。
闇を動く暗躍部隊の名前だそうです。
「正義の任務」だと言ってますが政府と関わりがあるのでしょうか。
「昨日やるべき事に関しては上出来だ」と言ってますが
 昨日はアイスバーグさんの家で何をやったのでしょうか。
アイスバーグさんの持ち物の在処を発見したとは考えられません。
「どこまでシラをきろうとも」と言ってるからです。

闇の組織ですから、謎だらけなのもしかたありません。
ですから私は少し違った角度から“CP9”を検証してみたいと思います。

最初に登場した仮面をつけた大男がいます。
彼はロビンに「“CP9”です」と言ってます。
私はこのセリフに着目しました。
この大男はロビンに対して敬語を使う立場なのだと感じました。
丁寧語を使ってはいても、ロビンを大きく揺さぶっている
薄気味悪い存在だと思いました。

ワンピースの世界では敬語は非常に珍しいので
そういう意味からも少し特殊な感じがしました。

ちなみに家族に対してでも敬語を使うキャラというと
パガヤさんとタラちゃんです。

共通点など無い。答えなんて、どこにも無い。


恒例になりました今週のゾロ

とうとうカラーになりました。


2004.10.05


back next

ジャンゾロに戻る