第392話 “デレシ”

『ともだち』




「みんなの研究の仲間に入れて貰えると思って
 私 頑張ったのに!!!」

一人前の考古学者になれば、仲間として受け入れて貰えることを糧に
ロビンは頑張ったのに、考古学者になってしまうと
「子供だから」と言って、突き放されてしまいました。

ロビンを大切に思うからこそ考古学者達は突き放したのですが
ロビンにとっては絶望と言うほかありません。

そして出会った初めての“ともだち”がサウロです。

自分の食べるパンはちゃんと言いつけも守るし
ジャムも遠慮して使わないんだけど
サウロにあげるために、おばちゃん達のパン全部と
ジャムも持ってきました。

そこが泣けるでよ。

「君が笑った 僕もつられて笑った」

という出だしで始まる平井堅の「キミはともだち」という歌を
聴きたくなりました。
平井堅の10周年ベスト「歌バカ」の初回限定版にはDVDが
付いてるから、「キミはともだち」のPVが見られるんですよね。
欲しいな。

ごめん。悪いけど、子ロビンのアニメは宮崎駿に作って欲しい。
「となりのサウロ」みたいに。
「アルプスの少女ロビン」みたいに。

よろしくお願いします。


2005.12.18


back next

ジャンゾロに戻る