第395話 “オハラ VS 世界政府”

『古代文字』




3度目のジャンゾロです。

前ページのジャンゾロでは
世界政府にとって危険とされる思想を持った王国の核心が
シャンドラにあるという事に気持ちが高ぶって
肝心の王国については何も思い至りませんでした。

その後、よそ様のジャンプ感想を読んで
「Dの意志」と関係があるのかな、と書いてあるのを見て
「Dの意志」についても考えをまとめたいと思いました。

それにしても「D」に関するヒントは少なすぎて
あれこれと想像も出来ません。
ただ、次のジャンプが出るまで時間があるという理由で
「D」関連で過去に出てきたコメントなどをまとめていこうと思いました。
(自分のために)

そしてお絵描き掲示板で色々と絵を描いてる内に疲れてしまって
目的を見失いました。(これが今回の結論です!)

壁紙のせいで文字が見にくいという人は
反転させて見るといいと思います。(親切)


今回、私が頑張ったのは古代文字の作成です。

まず、これがシャンドラの文字です。
都市の慰霊碑にこんな感じの文字が彫ってあってロビンが読み解いてました。

次にそれを壁紙っぽく加工した画像です。
素材として提供しますので、お気に召したらご自由にお使い下さい。(直リンクできないサーバーです)
ただし、文字が見にくくなります。
見にくいかも知れませんが↓ここに置いてあります。

それからポーネグリフを記している古代文字です。
シャンドラの文字とは明らかに違いますので
全く違う文化を持った都市だったとわかります。

このポーネグリフも頑張って描きましたが
もっと素材として使えるような遺跡風とか
芸術的に作って欲しいです。
イラストレーターとか持ってる人がいたらお願いします。
そして配布して下さい。


※ポーネグリフの研究は犯罪です。


さて、お絵描き掲示板に特徴のある男達を描きました。

ワイパー、カルガラ、ドラゴンの共通点は顔にタトゥーがあるという事です。

ちなみに、この人も顔に模様があります。

でも、バギーのは化粧なので、時々変わります。

結局何が言いたいのかと言うと
ワイパー、カルガラ、ドラゴンの顔にはタトゥーがあるという事だけです。
ただそれだけのために、すごく絵板を頑張りました。
いわゆる修行という奴ですね。


ではそろそろD関係の記述をまとめようと思います。

【1巻】
富・名声・力 かつてこの世の全てを手に入れた男
“海賊王”ゴールド・ロジャー
彼の死に際に放った一言は全世界の人々を海へ駆り立てた
「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ 探してみろ この世の全てをそこに置いてきた」
世は大海賊時代を迎える

【11巻】
ルフィが賞金首になった時のフーシャ村の村長
「“夢”か“運命”か…」

ルフィがバギーに派手死刑にされそうになった時に嵐が来た時のスモーカー
「これが全て偶然か…?! まるで“天”があの男を活かそうとしてる様だ!」

【12巻】
海賊王G・ロジャー「これは止めることのできないものだ
 “受け継がれる意志”“人の夢”“時代のうねり”
 人が『自由』の答えを求める限りそれらは決して止まらない」

ドラゴン「海賊か……それもいい……フフ…行って来い!!! それがお前のやり方ならな!!!」
スモーカー「なぜあの男に手を貸す!!!ドラゴン!!!」
ドラゴン「男の船出を邪魔する理由がどこにある」

クロッカス「数年だが船医の経験もある。バカいえ。私にはもうお前らのように無茶をやる気力はない」

クロッカス「『ラフテル』グランドラインの最終地点であり歴史上にもその島を確認したのは
海賊王の一団だけだ。伝説の島なのだ。」
ウソップ「じゃ、そこにあんのか?ワンピースは」
クロッカス「さぁな。その説が最も有力だが誰もそこにたどり着けずにいる」

クロッカス「あいつらは…我々の待ち望んだ海賊達だろうか…なぁ…ロジャーよ。」

【17巻】
くれは「生きていたのか“Dの意志”は…」

【24巻】
ベラミー海賊団「これから始まる“新時代”にもついて来れやしないだろう」
ベラミー「海賊が夢を見る時代はもう終わったんだ!
黄金郷?エメラルドの都?大秘宝『ワンピース』?
ありもしねぇ幻想に振り回されて死んでいく!」

黒ひげ「アイツらの言う“新時代”ってのはクソだ 人の夢は終わらねぇ!!!!」

【25巻】
マリージョアにて
「白ひげと赤髪との接触はあまりにも危険です!」
五老星「だが赤髪は暴れさせればこそ手に負えんが自分から世界をどうしようという男でもあるまい

ドフラミンゴ「島の興業が今あまりにもうまく行き過ぎてて退屈なんで来たんだ」

白ひげ「大方の予想はつく…エースと黒ひげの事だろうよ…赤髪のガキに伝えて来い
おれに物言いたきゃいい酒持っててめぇで来いと…」

【32巻】
「我ここに至りこの文を最果てへと導く」海賊王ゴール・D・ロジャー
ロビン「海賊王…?!まさかこの空島に?!なぜこの文字を扱えるの…?!」

ドフラミンゴ「空島があるかないか、黄金郷は幻想か否か
そんな事はどうでもいいんだ…なぁベラミー…
たがう意見は利用してねじ伏せろ!!!
新時代はすぐそこまでやってきてる
本物の海賊だけが生き残れる世界がやってくる!」

【34巻】
青キジ「じいさんそっくりだな…モンキー・D・ルフィ
お前のじいさんにゃあおれも昔世話になってね」


ここまでまとめた感想ですが
ゲンさんが風車を外したのとか
巨大豆蔓(ジャイアントジャック)が倒れたりとか
その都度、うるっと来て困りました。

ロジャーが残した言葉は少ないけど
それを噛みしめると、ロビンの人生に深みや重みを感じることが出来ます。

以下、個別に感じた事です。

クロッカスさんが「私にはもうお前らのように無茶をやる気力はない」と言ってます。
クロッカスさんはラフテルを見たことが無いようなので
無茶に着いていけなくてロジャーの船を降りたとも考えられますね。

それからドラゴンが嵐を操る能力を持っていて、
ルフィを助けたかもしれない可能性は1%未満だと思いますが
また書いておこう。
(前に書いたら「違いますよ」って冷静なメールが来た)

ベラミーがやたらと「夢」を否定してますが
それはドフラミンゴの言う新時代と関係してるようです。

ここからは私の想像ですが
海賊王が処刑されてから、大航海時代が始まりましたが
それと同時に世界政府の「夢を否定する」動きも強まっていったのかもしれません。
だからドフラミンゴの思想は「世界政府より」であって
世界政府は現実的な力を付けていこうとしてるのではないでしょうか。
古代兵器を保有しようとか…。

世界政府と海軍と七武海が独立した3つの勢力で
それぞれがどこかに属してるという訳ではないんですよね。
ですから世界政府が巨大な軍事力を持つ事を
海軍は肯定しないように思います。
海軍は海軍で「正義」という理想というか夢を追ってる
集団でもあり、秩序を守る体制側の立場でもあり
スモーカーやTボーンのような熱い男にとっては
窮屈な組織かもしれません。

ん。「王下七武海」の「王」って何だろう。
世界政府公認の海賊ってヨサクは言ってるけど。

クローバー博士はポーネグリフの解読に至ったのは
オハラだけだと言ってましたが、ロジャーも操れたのですよね。

そういえば、エースがルフィに渡した紙切れって何だったんでしょう。

結局、例の王国のヒントになるような事は見つけられませんでしたが
とりあえず「エメラルドの都」を見つけないといけないと思いました。


んー。それにしてもうるさい壁紙ですね。


2006.1.15


追記 メールで教えて頂きました。
世界政府直下“海軍本部”と96話に書いてあったそうです。
それからこれも追加メモ。
383話より司法島に関するブルーノのセリフ。
全世界の海より加盟国170以上の勢力を誇る「世界政府」という巨大な組織が
所有するこの島

2006.1.21


back next

ジャンゾロに戻る