第404話 “フランキーVSフクロウ”

『キッチンスタジアム』



今週のタイトルの「404話」を見て
「Not Found」と思い浮かんだ私はネットのやりすぎですか。

長い感想を書くコツは、無駄な話をダラダラすることです。
でも感想が長いとそれだけワンピースに思い入れがあるように見えるので
意外と喜ばれます。

さて、401話で“海賊 VS CP9”というタイトルが出てから
今週が初めて“○○VS□□”というタイトルになりましたね。
(サンジとカリファ、ナミとクマドリは戦ってないということですね)

こうやって個別のバトルが始まっていくようですが
どこかで誰かと繋がってるような展開になりそうです。

図に描いたけどやっぱりわかりにくいので
こういうフィギュアをチェスのコマみたいにして動かして考えたいです。
ワンピースフィギュアコレクション 激闘!CP9編


誰と誰が戦うかも興味がありますが大切なのは手錠の鍵です。

あれ?
…という事は鍵を失ったクマドリとは戦う必要は無い?

クマドリが冷蔵庫に入ったままだと、サンジが空きますね!
どこに移動するんだろ?それよりも治療?
何とか時間のロス無く、戦闘力を有効に使って欲しい!


悪い顔のルッチがかっこいいです。
今まで出てきたラスボスの中で一番好きです。
ルッチの隣でハットリが「クルッポー」と言ってますが
腹話術時代のハットリはルッチが鳴いてましたが
今のハットリの声はハットリ自身の声なんでしょうか。
アニメが楽しみ!(そこか!)

ネコのゴンベ(ウサギ)の声は猫ひろしだと思う、とアニゾロで書いたら
「多分、田中真弓さんですよ」と冷静なメールが来ましたが
ハットリの声は鳩ひろしでお願いします。(何が何やら)

ルッチはルフィと戦いたいんですよね。
ルフィと戦わずして任務を遂行するのは嫌なんですよね。
ルッチくらいに力も頭脳も持っていて自分のやりたい事が出来れば
目的もシンプルになるのだろうと思いました。
何も持ってない人ほど立場、権力、名誉に固執するのだろうという
例がスパンダムですね。


今週、とてもワクワクした事があります。
それは鍵付き冷蔵庫!!!!

嬉しくて楽しみで、長い時間ずーっと鍵付き冷蔵庫を眺めました。
嗚呼!きっとこの冷蔵庫が手に入るよ!!
そのワクワク感は引っ越し先の部屋のインテリアやカーテンを
考えるような楽しさです!
春なのね!春だから新しい家具と家電!

これは下が冷蔵庫で上が冷凍庫かしら!
大きすぎて、冷凍庫を利用するにはハシゴが必要です!

ああ、でもこんな大きい冷蔵庫あんな狭いキッチンに入らないよー。

…そうか、船はもう無いんだな。

違う。船は無いんじゃなくて、これから造るんだ!
こんなデッカイ冷蔵庫も余裕で使いこなせるような広いキッチンのついた
世界一の船を造るんだ!

これからの事を少し考えました。(春はそういう季節だよね)

フランキーはいずれ仲間になる人だろうという気持ちで見ています。

かなりの技術を持ったメカニックだけど
自分の造った武器で大切な人を傷つけてから
船は造らずに解体屋になってます。
プルトンの設計図は体内に仕込んでいます。
戦闘力が高い、人情にもろい、弟分を可愛がる、海パンがフォーマル、ギターの旋律は演歌…。

…などの特徴をいずれ麦わら海賊団の一員に
なる様子を思い浮かべながら見ています。

1つ心配な事が出来ました。
コーラなんてそんな簡単に手に入らないよ!

サンジが「力つけろ!」って握り飯を作ってくれても
フランキーはコーラじゃなきゃダメなんだ。

不便!

コーラに代わる飲み物をチョッパーが開発したらいいのに。

いずれ商品化を目指して。
(FF12のポーションみたいに)

私の発想は最終的に商人(あきんど)だ。


今週は鍵付き冷蔵庫がとても嬉しくて、他にも盗める物は無いかな?と
物色する楽しみを覚えました。
「もう、後で奪うんだから、壊さないで!」ってルフィに言いたくなりました。

いつの間に目覚めたのか私の泥棒魂。

そこで考えたのですが、今までは「敵対するお金持ちのお屋敷」に
侵入することがありませんでした。
盗んでも同情に値しないお金持ちのお屋敷に侵入することがありませんでした。

それと、今まで海軍から“逃げる”事はあっても
自分たちから政府に“突入”する事はありませんでした。
そりゃそうだ!

と言う訳で、今のバトルは今までのバトルとは種類が異なる事を
教えてくれた鍵付き冷蔵庫。


2006.3.25


back next

ジャンゾロに戻る