第405話 “パワー”

『トリプルボケ』



ログを買ってないので、カラー扉絵の世界の詳細がわからなくて寂しいです。
おもちゃ箱ひっくりかえしたみたいなカラフルで可愛い世界です。部屋に飾りたい!
チョッパーマン以外にも全員名前があるらしいんだけどわからなくて寂しいです。

      

フクロウもフランキーも見た目が人間離れしてる割には
悪魔の実の能力者ではないので、水中でも動くことは出来るようでホッとしました。
でもやっぱり読んでるだけでも息苦しいです。

ここまで来ると弱い敵なんていないので
奇策で出し抜くしかないと思うのですが
フクロウとフランキーのどちらが上に行くのでしょうか。
ノートに細工をすることまで予測していた神ですが
「ノートに細工をした」と告白するニアにも一計があるように思うんです。

デスノートの感想はこのくらいにしておいて
今週のワンピースの面白さは“バカしかいない”という事です。
ロボットバカとうすらバカとピュアバカでお送りしますトリオ・THE・バカです。
あのチョッパーがツッコミ役に回らざるを得ないほどのバカ飽和状態です。

きっと馬鹿馬鹿しい決着になると思うんです。
おそらく85%以上の確率で擬音に「バビブベボ」が入ると思います。

バビブベボで思い出しましたが、「フランキーデストロイ砲」には
「BF36」という記号が入ってました。
私はこれを見て鉛筆の「HB」とか「2B」とかだと思って
何となく凄く黒いんだと思ってましたが
よそ様の感想で「バトルフランキー36号」だと書いてあるのを読んで
「鉛筆な訳ないじゃん!」と自分を戒めました。

馬鹿馬鹿しいばっかりの今週の展開にあって
立ち止まらずにはいられない符号です。

バトルフランキー号はまだ進化し続けていたんだ。
フランキーはまだ武器を造り続けていたんだ。
やっぱりフランキーは武器が好きなんだ。

ただ、過去のフランキーと違うのは自分自身が武器になること、なのかな。
プルトンの設計図も自分の体内に収納して、文字通り自分自身が
破壊マシーンになるのだけれど、「自分の武器を他人に利用される」というのは
避けられますね。
「武器なら俺がなる」といったところでしょうか。

頼もしいような、哀しいような…。


ところで今日はルフィの「ギア」について語ります。

初めてギアが登場した時に私は「ルフィがランブルボールを食べてるんですよ」と
ボケたつもりだったんですが、このボケ、なかなかいいポイントをついていて
クイズ番組なら司会者がかなりビビッたろうと思います。

ギアには何段階かあって、ギア3の時にルフィは口に指を入れていて
しばらくすると体は元に戻る、という特徴がランブルっぽいと思いました。

先週チョッパーが「くそォ!ランブルボールを早く使いすぎた!
もう3分経っちゃったよ!」と言ってました。
それを見て私は「また食べればいいんじゃないの?」と思ったんですが
ランブルボールを使うと物凄く体に負担がかかるんだと思います。
だからチョッパーは1バトルで1回しか使わないんだろうと思います。
(想像です)

ルフィがブルーノとの戦いでギアを使った後
「やっぱ体がまだついていかねぇなぁ」と言ってました。
チョッパーからは1度のバトルで1回だけだぞって言われてたのかもしれません。
(想像です)

そう考えると、ズボンのポケットに肉を入れてたのも
伏線のように思えてきます。

それからランブルボールを使える者の条件は
「体が変形する」ことだと思います。
だからゴム人間のルフィにも使えたんだと思います。
(想像です)

となると、他にどんなギアがあるのか予想してみたくなりますよね。

チョッパーの七段変形は(こんな時にREDが便利!)
腕力強化(アームポイント)必殺パンチを繰り出す!
毛皮強化(ガードポイント)大きな打撃ダメージを無効に!
飛力強化(ジャンピングポイント)脅威のジャンプ力!
脚力強化(ウォークポイント)猛ダッシュ!
重量強化(ヘビーポイント)重量が増えて敵へのダメージアップ!
角強化(ホーンポイント)角自体が凶器に!
頭脳強化(ブレーンポイント)相手の弱点を探る『診断(スコープ)』を使う!

これを見てとにかく「ブレーンポイント」は無いな、と最初に思うのですが
これがチョッパーのパターンだとして
ルフィにはルフィの強化パターンがあると思います。
(想像です)

ブルーノと戦った時にはスピードアップで、
壁を破壊した時はパワーアップ、とか。
(想像です)

いや、まぁ、あくまでも想像なんですけどね。

最近、ルフィがバーバパパに見えるんですよ。

 icon by 032°


2006.3.30


back next

ジャンゾロに戻る