第412話 “好機(チャンス)は終わった”

『バスターコールまで30分』


カリファが負けました。
カリファの方が戦闘能力が劣っているという訳ではなくて
自分の技をどれだけ熟知し使いこなせるかという点で
差が出たのだと思います。
今回のバトルで次のような関係を表すことが出来ます。

ナミ>カリファ>サンジ

水を操るナミ>泡を操るカリファ>美女に弱いサンジ

それぞれの個性や属性から生まれてしまった図式であり
単純に力関係を表したものではないと言えます。

ここで思い出すのが「道力」です。
もう忘れた人も多いでしょう。
武器を持った海兵の戦闘力を「10」とするという単位でした。(過去形)
ちなみにCP9はこうでした。

ルッチ 4000道力
カ ク 2200道力
ジャブラ 2180道力
ブルーノ 820道力
クマドリ 810道力
フクロウ 800道力
カリファ 630道力
スパンダム 9道力

麦わら海賊団がそれぞれどのくらいの道力を持っているのかが
エニエス・ロビー編の一つの楽しみ方かという見方もありましたが
このまま道力は忘れ去られる方向が濃厚です。
それにこれはカクとカリファが悪魔の実を食べる前の基準だったので
今となってはルッチの4000くらいしか有効じゃないんでしょうか。

というわけで、「何だったんだ、道力」のコーナーでした。



さて。
私は「バスターコールまであと30分」という台詞を
「バスターコールまであと15週」と読み替えて
ワンピースに臨んでいます。
(ジャンゾロ409話参照)



チョッパーのランブルボールの効力が3分だという事は
モンスター化の時間も3分である可能性が高いのですが
あの時からまだ3分経ってないという事が5月の終わりに
明らかになりました。

乱暴なやり方ではありましたが、チョッパーにとって
戦線離脱は、とりあえず命が助かった事になります。
それからうまい具合にチョッパーがバスタブを下に
投げてくれたおかげで、サンジが水浸しになって
泡から解放されそうです。

ひとまず、次の局面を匂わせておいて
しばらくはまた違う場面に集中しようという展開だと思います。
つまり、しばらくチョッパーとサンジの様子は
中継されないだろうという冷静な予測です。

早く話が進んで欲しいとやきもきする読者は多いだろうと思います。
確かにこの先どうなるのかは大いに気になります。
でも私はこの中途半端な状態が長く続くことを楽しんでいます。
どんな風にロビンは救われるんだろうか。
どんな風にそげキングがウソップになるんだろうか、と
想像する時間が長ければ長いほど
「そうきたかー!」という感動も大きく感じられるからです。

ウソップがウソップとして麦わら海賊団に戻ってきた時に
「3人目」というサブタイトルが付くのかどうかと
今からドキドキワクワクしています。

【参考資料】
第6話 一人目(ゾロが仲間になった時)
第68話 4人目(サンジが仲間になった時)
第94話 2人目(アーロンパークが陥落しナミが仲間になった時)

なんで「3人目」がないんだ、とウソップファンの間では
熱く議論されていたのですが、幻の3人目が見られるのかどうか
とても楽しみです。
そうなったら扉絵の「3人目」という文字だけで
うっすら涙の若竹管理人です。

まぁ、そんな訳で、エニエス・ロビーの大団円は
「仲間」とか「ワンピース」という非常に大きなテーマを
丸ごと飲み込むような展開になるであろうから
それまでの時間が長いのも、十分楽しめるという事です。

それで私はこのエニエス・ロビーの戦いが
お盆ごろまで続くと考えています。
バスターコール発動寸前にロビンの鍵が解放されて
次のジャンプが合併号、という焦らし具合だと思ってますよ。

具体的に予想してみましょう。
(夏のレジャーも一緒に考えましょう)

6/5 ゾロ大活躍とナミの秘策
6/12 ルフィ、とうとうギア4へ?!
6/19 ロビンとスパンダムと司法島全体の危機
6/26 カクとジャブラの鍵ゲット!
7/3 え?ハットリが?!
7/10 Mr.プリンス登場「吠え面かきやがれ」
7/17(海の日)チョッパーの涙、ギアの真実が明らかに!
7/24 ルフィの勝利
7/31 さぁ、正義の門へ!
8/6 狙撃の島は君たちの心の中に!
8/14 (合併号につきお休み)

2006.5.13



back next

ジャンゾロに戻る