第434話 “白ヒゲと赤髪”

『うまくまとめられないよ!だって地球は回ってるんだもん!』

◆まとめの方針(自分のための目標)

ロジャー、センゴク、ガープ、白ヒゲと、彼らの意志を受け継ぐ者。
シャンクスの軌跡、エースの軌跡、モンキーファミリーの軌跡とロジャーに関する情報をまとめます。

あの頃の海を知る者と受け継がれる意志

ロジャーが処刑される前にも一つの時代があった。

ロジャー、白ヒゲ、センゴク、ガープ。
内、二人は海賊の頂点へ。
残りの二人は海軍の頂点へ。

ゴールド・D・ロジャー
 海賊王となり処刑される
 見習いとしてシャンクスとバギーが船に同乗していた

白ヒゲ(エドワード・ニューゲート)
 現在、最も海賊王に近い存在
 2番隊隊長にポートガス・D・エース
 2番隊隊員にマーシャル・D・ティーチ

ガープ(モンキー・D・ガープ)
 現在、海軍中将(息子は革命家モンキー・D・ドラゴン、孫は海賊モンキー・D・ルフィ)
 青キジが世話になった

センゴク
 現在、海軍元帥
 20年前、(おそらく大将の立場で)バスタコールを発動。
 当時の中将にハグワール・D・サウロ


シャンクスの軌跡

見習い時代。
ロジャーの船で、バギーも一緒に乗っていた。
この時は目の3本傷はない。
出身はウエストブルー。

22年前。海賊王処刑の日。
シャンクスはバギーと共にロジャーの船のクルーだった。
髪で顔が隠れているが、多分、まだ目の3本傷はないだろう。
何となく。

11年前。イーストブルーのフーシャ村停泊中、ルフィを守って腕を失くす。

22年前、自立、赤髪海賊団結成

(鷹の目との決闘の日々・黒ひげとの戦い)

11年前フーシャ村停泊

10年前。フーシャ村出航。
海賊王を目指すと言ったルフィに麦わらを預ける。

とある島でキャンプ中。
ルフィが賞金首になった事を鷹の目から知る。
鷹の目とは決闘の間、思い出話なども交わしていたらしい。

その後、鷹の目と一緒に宴会。

★夜弥の注目ポイント
ここにはヤシの木があってパラソルを差していた。

シャンクスが白ヒゲへ使いを送る。
世界政府はこれを脅威と感じる。

ロックスターの後ろには
1番隊隊長マルコと3番隊隊長ジョズがいる。


白ヒゲが手紙を無視したことを受けてシャンクスは
直接乗り込もうとする。
赤髪と白ヒゲの直接対決に、世界政府は艦隊を向け、最上級厳戒態勢を取る。

★夜弥の注目ポイント
冬島なのにビールを飲んでる。
434話でシャンクスが持ってきたウェストブルーの酒が
はっきりと「日本酒」のように描かれていた。
ウェストブルーの酒が日本酒のような酒らしい。
杯で酒を飲むシャンクスの格好いいこと!!!!!

現在のシャンクスの船。
フーシャ村を出た時よりも豪華になっている。
キャンプしていた村のヤシの木とパラソルあり。

★夜弥の注目ポイント
1巻で山賊に対して「どの道、賞金首だろう」と言ってるシャンクス自身は賞金首なんでしょうか?
自分が賞金首だったらこんな言い方しないように思います。
四皇は七武海と同様に世界政府から認められた海賊なのでしょうか。

★夜弥の注目ポイント
25巻でロックスターと話しているのがマルコだとわかりました。
当時、マルコは首の付け根の所に「まんじ」のタトゥーを入れてました。
マルコのキャラデザも変わったということですね。

新しいマルコのタトゥーです。
エースと同様に、白ヒゲへの忠誠心をタトゥーで表しているのだと思います。

エースの軌跡

黒ひげ海賊団がドラム王国を襲った事を知ったエースはドラム王国に到着。
同時にルフィを探すも、時間が無く先にアラバスタへ。
ドラム→アラバスタの道順はログポースの指針に沿っていると思います。

アラバスタでルフィと会うエース。

エースは「この海を逆走」と言ってます。
白ヒゲがグランドラインの後半「新世界」に進んでいるのに
エースはグランドラインの前半まで戻っている事を言ってるのだと思います。

エースの航海術と情報収集力が凄まじいと思います。

それからエースの乗ってる船が格好良いので名前を付けて欲しいです。

エースが単独で航海しているのは、そういう技術に長けているからだと思うのですが
ミホーク様は魔法使いのように見えます。
船にロウソク立ててるんですよ。おかしいですよね。

アラバスタを出たエースはバギーと出会います。
お互いに意図も目的もなく、偶然出会ったようです。
バギーは「キャプテン・ジョンの財宝」を探して間違った島に到着したようです。
ログポース通りに進むとアラバスタの次は、この島に着いていたのかもしれません。
ルフィ達のログポースは空を指してしまったもんね。

★夜弥の注目ポイント
リッチーが鼻くそをほじっている。

白ヒゲの恐ろしさを語るバギー。
ロジャーにとっても恐ろしい存在だったのでしょう。

バギーが言ってるのはロジャーの時代の事だと思います。
そして今も白ヒゲは仲間を殺した黒ひげを許しません。
今はただ「仲間殺し」として言われていますが、いずれは
「誰を」殺したのか、が重要視されるのかもしれません。

★夜弥の注目ポイント
やっぱりリッチーが鼻くそをほじってる。

その後のエースは扉絵連載で追うことができます。
色々あって、ミルク売りのモーダと出会って
海軍支部に手紙を届けに行きます。

そしてまた色々あって、海軍から極秘情報を盗むことに成功します。
本当にエースの情報収集力は凄いと思います。
戦闘力が高いだけでなくて、仕事が出来るというか
ルフィの強さにナミの実用性の高い能力を足したような!!

ルフィの父親はドラゴンだけどエースの父親は誰なのだろうと気になりますね。

エースの道のり
ドラム→アラバスタ→バギーのいた島→モーダのいた街→海軍G2支部→黒ひげ情報ゲット

黒ひげ海賊団の道のり
ドラム→モックタウン(ジャヤ)→ノックアップストリームでルフィを見失う→ウォーターセブンから遠くない街

但し、ラフィットはマリージョアで七武海の後継者に黒ひげを推薦。
彼らが新世界から移動してきたのなら、マリージョアは新世界からの通過点?

(私は、リバースマウンテンがグランドラインの出発点で
 マリージョアが中間点だと思ってます。だから新世界に進むには
 マリージョアを通過しなくてはならないと思っています。)

モンキーファミリーの軌跡

ガープはルフィを千尋の谷に突き落としたり、夜の密林へ放り込んだりして育てました。
その頃のことをルフィは覚えているので5歳頃まではルフィはガープと一緒に暮らしていたようです。
ガープのセリフでは
 ガープが“エースとルフィを”友人に託したのか
 ガープが“ルフィを”エースを育てている友人に託したのかはっきりしません。
また、シャンクスとルフィが出会った頃、ガープも一緒にいたかどうかも不明です。
ただ、ドラゴンがルフィと一緒に暮らさなかったのに対し、
数年間はガープがルフィの世話をしたことだけはハッキリしています。
そして、ルフィはエースと修行を始め、ガープは海軍の英雄となり、ドラゴンは革命家として活動を始めます。

6年位前。
マリージョアでのレヴェリー(世界会議)で
世界政府の敵とみなすという話が進められる。

ルフィの手配書が世界中に出回りフーシャ村でも話題になる。
その時の村長のセリフ。「夢か、運命か。」

まるでルフィが海賊になるのが運命であるかのようですが
ルフィの祖父は海軍将校で、父親は革命家です。
村長の言葉からは、祖父や父親も昔は海賊だったのだろうかと
思わせますが、どうなのでしょうか。

バギーによる派手死刑です。
バギーはロジャーの死刑を見ていたのですが
それを思わせる言動は何もないですね。


モンキー親子のすれ違い急接近です。
イーストブルーからグランドラインに入るには
ローグタウンを必ず通るということで、ドラゴンが
ルフィを見送りに来たのでしょうか?
ルフィが首を切られる瞬間に、都合よく落雷しましたが
ドラゴンが「嵐」を操る能力があって・・・・とか書いたことがあります。
もっとも妄想に近い仮定ですが。
ただ今回面白い事実が発覚したので、後述します。

ロジャーに関する情報

シャンクスとバギーの見習い時代の船がロジャーの船だとわかりましたので
ここにいるクルーもロジャーの船のクルーということになります。
このメガネ男子がロジャーと一緒にポーネグリフを解読したのかしら、と
考えると胸が萌えで溢れ出しそうです。
3巻だからこんな絵柄ですが、29巻くらいの絵柄だったら
かなり渋い色男ですよ!!

この回想シーンの船もロジャーの船ということになります。
海賊旗がえらくいい加減に描かれているのですが
大丈夫なんでしょうか。

そしてこれもロジャーの船です。
もしかして乗り換えたかもしれないので
これがオーロジャクソン号かどうかはわかりません。
でも船首がそのまま大砲になってるように見えて
トムズワーカーズ的なデザインのようにも見えます。
(フランキーが好きそうな)

22年前、海賊王処刑の日。
スモーカーは現場でその時の状況を見ています。
(アニメではこの回想シーンを作ってました。)
この現場には、ロジャーはもちろん
シャンクスやバギーも居たことになりますね。
他にもいろんな海賊や海軍がいたのだろうと想像できます。

ロジャーの処刑の後。

雨 が 降 っ て ま し た 。

ルフィがバギーに派手死刑されそうになった時の
場面とすごくかぶっていて、ゾクゾクしました。
1巻の1ページ目を見ると、処刑の瞬間は晴れていますが
その後に、雨が降ったみたいです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ここまで見てきて、つじつまが合わなさそうな
グレーな部分というのは、特に感じなかったです。
ただ、エースと黒ひげの航海がかなり自由なので
「ログが溜まったら次の島に行く」という不便な方法で
航海していないように思います。

七武海がマリージョアに召集されましたが
力のある海賊は、グランドラインを自由に往来できる
道具を持っているのではないかと考えました。


2006.11.19


back next

ジャンゾロに戻る