第442話 “魔の海の冒険”

『どう見てもジャンク・スケリントンです』

紳士なガイコツ“ブルック”がジャックスケリントンにしか見えませんでした。ホーホー。
何故、こんなにもジャックスケリントンなのかと仕事中に考えました。(仕事が嫌いだから)

ナイトメア・ビフォア・クリスマス コレクションドール/ファントムジャック N-370  ナイトメア・ビフォア・クリスマス 9.6インチコレクションドール ジャックwithトイズ N-382  ジャイアントピーチ/海賊ジャック J-503

ここから先は私の無益な妄想なので、忙しい人は必ず読み飛ばしてください。

まず、これから魚人島に向うのだけれど、魚人島には色んなタイプの魚人が
出てくるはずで、その構想が尾田っちの頭の中に出来ていると思います。
それで顔からタコの触手みたいなのがニョロニョロ生えてる魚人を考えていたのですが
幽霊船やら魚人やらの構想がそのままパイレーツオブカリビアンで出来上がっていました。

参考資料
http://double-eyelid488.de-blog.jp/sinderera/2006/07/post_f3c9.html

尾田っちは自分が思い描いていた世界がそのまま映画になってワクワクして見た後
ジャックスパロウ船長かっこういいな、ジャック、ジャックと余韻に浸りながら
「ワンピースどうしよう」と我に返ったりもしました。
白ヒゲの刺青問題から、キャラデザには細心の注意を払うようになりました。
ディズニーのキャラのイメージとかぶることは何としても避けたいと思いました。
ジャック、ジャックと言いながら、腕は勝手にガイコツ紳士を描いていました。
そして魚人島に着くまでの時間稼ぎとしてそのキャラを登場させることにしました。
(だから無益な無駄話って言ったじゃん!)

無駄話ついでにブルックについての無駄話ですが
彼にはブルックという名前が与えられていますが、おそらく仲間入りしても
ガイコツ関係のあだ名で読者から呼ばれることになると思います。
コミックスを熱心に読んでないような人なら、なおさら
「ガイコツ」「ガイコツの人」などと呼ばれることになると思います。
もし彼が音楽家として仲間入りするなら
「ホネホネロック」と呼ぶ人が出てくるかもしれません。

ホネホネロック動画
http://blog.so-net.ne.jp/yoneyama/2006-06-06-1

彼の名前はブルックです。
紅茶のブルックボンドが由来かもしれません。

リプトン・ブルックボンドハウス
http://www.uknow.or.jp/vb/happybritain/enjoy/taste/brookbond.html

ナイトメア・ビフォア・クリスマス コレクションドール オセロジャック N-364

それで結局、私が何を言いたいのかと言いますと
キャラクターの呼び方でマンガのはまり度がわかるということです。
例えばゴーイングメリー号の呼び方のマニア度を言うとこんな感じです。
ワンピースの船 < ゴーイングメリー号 < メリー

これを踏まえて!
3月公開の劇場版ワンピース「エピソードオブアラバスタ」の
主題歌を歌う川嶋あいさんのコメントを見て下さい。
(いつかのジャンプに載ってました)
「好きなキャラクターはトナカイの男の子チョッパーです。」

ああ、この人、ワンピース読んでないな。

…と思いましたね。

別にワンピースの主題歌を歌う人がワンピースファンでなくてもいいのですが
これまで、映画の主題歌を歌った人が、どえらい勢いでワンピファンだったものですから
ちょっと比べてしまいました。すいません。

さぁ、ここまでの無駄話を読んだ君へ贈るメッセージ。

悔やむ事も当然、やりきれぬ思いも当然
失った時間は大きく、得たものはない!(コブラの名言より)

過去を無きものになど誰にもできはしない!
この無駄話の上に立ち!生きてみせよ!!

適わぬ……(涙のチャカ)

では、そろそろ今週のワンピースの感想を始めようと思うのですが
最初の無駄話に結構エネルギーを使いました。

ロビンちゃんの服がエロ過ぎる。
まるで、しょ、しょ、娼婦のようだ!
サンジが普通にしてるけど、最初は大変なハリケーンだったろうな。
サンジは立ったままお茶を飲むんだね!すごいね!
すぐに給仕できるように座らないんだろうね。
サービス業の人は見習わないといけないね。サンジポリシー。

ロビンちゃんが美しすぎて、紅茶を飲む姿も優雅なんだけど
サメが周辺の魚を食いまくってる捕食シーンを特等席で凝視してたんですよ。この、暗黒丸。
「お魚はみんないなくなっちゃったわよ?」この、暗黒丸。

チョッパーが寝てる医療室のベッドは
チョッパーサイズですよね。
診察台というよりもおむつを替えるベッドのように見えます。
ここは治療も行えるけど、主にチョッパーによって
癒される空間なんだと思います。

寝てたっぽいゾロ。
寝起きっぽいゾロ。
すごく気持ちよさそうに寝てたっぽいゾロ!
見ててすごく気持ちいいというか、こっちも眠くなるというか
眩しいときに目を細めるような、眠いときに目が自然に閉じてしまうような
赤ちゃんが眠い時、体がポカポカするような
そんなぬくもりを感じました。このままハワイに行きたい。

こんなポカポカ状態ですが、ちゃんと見張りはできてるようで
ゾロはサムライなので、熟睡はしないんです。
いつも半分寝て、半分起きてるので、人よりも睡眠時間が長いんです。
和道一文字を抱いて寝るのは相変わらずですね。

さて、今週はみんなでワキアイアイと楽しそうに
ボケたり突っ込んだり、とたくさんの笑いをふりまいてくれましたが
その中で、ゾロの「神に祈らない」という発言が、とても真面目な物のはずなのに
そういうキャラ設定というか、そういう設定でのコントというか
早くも「方向音痴」的なゾロの笑いのツボみたいになってきていて
気になりました。あと「神には祈らね」というのが脱字のように思います。

今後、ゾロの「神には祈らね」キャラは
クリスマスパーティーの時にも「俺は神には祈らね」と1人で呟き
除夜の鐘をつきながら「俺は仏には祈らね」と1人で煩悩鳳
神社に初詣をしながら「俺は神には祈らね」と言いながら御神酒のふるまいだけは受ける。

そして常にゾロの「神」に関する発言は全員無視。

今週も
「おれは神に祈らね」
「空島で神をぶっ飛ばしてきたのはどこのどいつだよ…」
「海の神の呪いじゃねぇのか?」
と、全てのセリフがやや滑り気味にスルーされています。

うわー、何だろう、この「スルーされる剣豪」って、凄く面白いんですけど。

ウソップが十字架を持ち出した時もゾロは「神には祈らね」発言を
したはずなんだけど、見事にスルーされてるっぽい。
ウソップの隣にいて、ウソップにスルーされてるゾロ。…可愛い…。

ただ、せっかく「敵なら斬るまでだ」というゾロが渋くてカッコイイのに
全体的に間抜けな印象になっていてもどかしいです。

あと、ゾロは「自分では突っ込んでるつもりのボケ」という新しいスタイルだと思いました。

そして麦わらチームのボケ・ツッコミ属性を考えて、表にまとめようと思ったのですが
これを書くのに既に3時間くらいかかっているので、諦めました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



・・・何かいるよ?!

2007.2.3


back next

ジャンゾロに戻る