油竹書店付近から、中央商店街方向を撮影

中央左の平屋は、何か分かりますね、●ロ屋です。今は普通の民家

名残の自販機の前に、偶然、子供がたむろしていました。昔に戻ったような眺め



 
前のページ   次のページ

油竹書店は、定かではありませんが、かなり老舗です

学校納入の教科書の他、黄色い安全帽、名札、赤白帽、低球、練りケシ、ロウ粘土、エロ本と

パル以前は町唯一の本屋ですから何でも揃いました

団地にも学校が出来た頃に「油竹堂書店」として支店を出しています

燃料店を挟んで、角の「国島文具店」や、閉店したパン屋

また、突き当たりの茶色いビル(●●工場)の辺りにあった「牛乳屋兼自転車修理屋」

などと並んで、八幡町役場や八幡小学校の門前をなしていました

撮影位置の左側には、和菓子の老舗「志ばん宗」があります。新築されてた

名物は、くず饅頭で、初夏のお茶うけには絶品です

この饅頭屋の横の路地を南へ入ると、女郎花塚があります